標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
information
市町村別インデックスページは→こちらです。宮城県外の三角点は→こちら
★ 点名などキーワードを右上の検索語入力欄に入力すると該当の記事が楽に見つかると思います。

■ お知らせ
 ・現在、未upの記事はありません。(2017/11/19) ←New!

■ 更新履歴
 ・「洛2」の記事をupしました。(2017/11/19) ←New!
 ・「大里林」の記事をupしました。(2017/11/16)
 ・「夏川」の記事をupしました。(2017/10/29)
 ・「茶畑」「今道」の記事をupしました。(2017/10/22)
 ・「449」の記事をupしました。(2017/10/14)

 (以前のお知らせ・更新履歴は→こちら

※ 当ブログはPC専用です。PaleMoon27とFirefox56とIE11で表示確認しています。スマートフォンの方はWebブラウザをPCモードにしてご覧下さい。

2017/11/12(日)
山形県大蔵村の肘折温泉の南東約7.5km、舟形町との境付近にある図根点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。
※この記事は“大里林”の続きです。

今日は山形県の大蔵村にあるという、ちょっと変わった図根点を探しに来た。
いつもお世話になっている舘沢省吾氏より、大蔵村にある“洛2”の点の記には標石番号の欄に「山形縣庁標石代用」と書かれているとの情報をいただいた。舘沢氏によれば標石の正体は山林局の主三角点かもしれないとのこと。結構山奥にあるみたいなので、藪が少なそうな今の時期に行ってみることにした。(詳しくは“大里林”の記事冒頭を参照)

ちなみに記事タイトルの「洛2」は冠字選点番号であって点名ではない。この図根点は無名の点である。(山形県鶴岡市の「仗10」も同様。)

途中の交差点付近にあったお手軽四等を確認後、引き続き図根点がある場所へ向かう。

raku2_1.jpg
山形県道306との交差点より左折した先の山形険道36は県道とは名ばかりで、まるで林道のようだ。一応舗装はされているが、本当にこのまま進んで良いのか不安になってくる。まぁ、楽しいけど(笑)。【現在地
地元住民とマニア向けの道かな。

raku2_2.jpg
どう見ても町道(?)のほうが本線のような書き方の道路標識。当然左折。【現在地

raku2_3.jpg
林道のような狭隘区間を抜けると松橋という集落に入る。画像の所より左折して「林道 松橋滝の沢線」に入る。【現在地

raku2_4.jpg
県道より1.7kmくらい進み、送電線の下を通過した辺りの画像の交差点を左へ。【現在地
ここから先は林野庁が管理している南山林道となり、他の林道と同様に一般車の通行が禁止されているが(※)自己責任で進む。さぁいよいよK君の車(ジムニー)の本領発揮ですぞ!

※今通ってきた「林道 松橋滝の沢線」は舟形町管理なので、特に規制無し。

raku2_5.jpg
林道はよく整備されているためか、交通量が極めて少ないにもかかわらず荒れて無く、特に問題なく進める。なんかこのまま図根点の近くまで行けてしまいそうだ。楽勝だな~。南山林道入口より約1kmくらい進むと画像の分岐があるので、左折して橋を渡る。【現在地

raku2_6.jpg
あれっ?現在地
「危険につき通行禁止 山形森林管理署最上支所」
えぇっ、マジかよ…。

raku2_7.jpg
あぁ、こりゃダメだ。車ではこれ以上無理。【現在地
GPSで図根点までの距離を確認すると、ここから直線距離でまだ1.5km以上ある。実際には2~3kmは歩くことになるだろう。残念だが諦めて引き返すしかない。さようなら図根点、さようなら山形。 


…というわけにもいかないので、とりあえず徒歩で行けるだけ行ってみることにした。あぁ、やだな。

raku2_8.jpg
元々車道で道幅が広いのと、踏み跡というか1本だけの轍のような跡(オフロードバイクの仕業かな?)が付いていて、一番荒れているところでも最低限の登山道にはなっていたため、歩くのにはほとんど支障がなかった。
途中、ちょっと良い感じな滝があった。この道が普通の車道なら名所になってたかも?【現在地

raku2_9.jpg
通行禁止のロープの所から約3km、1時間半くらいで予定していた地点に到着。【現在地
出発前に地形図の等高線を見てここら辺から登ると良いかなと思っていた場所だが、確かに登りやすそうだ。
本当ならここまで車で来るつもりだったんだけどなぁ…。

raku2_10.jpg
GPSで図根点がある方角を確認しながら登る。心配していた藪については背の低い笹がまばらに生えている程度で特に問題なし。等高線の間隔が広いので傾斜が緩く登りやすい。夏場だとそれでも大変なんだろうなぁ。【現在地

raku2_11.jpg
どうやら目の前のピークが図根点のある所みたいだな。もう少しだ。【現在地

raku2_12.jpg
おおっ!ついに標石っぽいのを発見!!【現在地
標石はピーク上でなく、少し南寄りの鞍部っぽい地形にある広場の真ん中あたりにあった。なんか山林局の主三角点にしては、どうみても小さいよな…。もしかして本当に「山形縣標石」なのかな?

raku2.jpg
ズコーッ!!
何だよ、どう見てもフツーの図根点標石じゃねーか!!点の記に嘘書いてんじゃねーよボケが!!

raku2_13.jpg
「図根点」

raku2_14.jpg
「基本」

raku2_15.jpg
「No. 4」
これが「山 4」だったら、また違った意味で良かったのに…。

raku2_16.jpg
「地理調」

raku2_17.jpg
上面です。
標石に特に変わったところは無し。大きさも一辺12cmで四等と同じ物。本当に普通の図根点標石でした。

raku2_18.jpg
ピークは標石の北東にあるので、そこに本来の標石があるのかと思い探してみましたが何も見つかりませんでした。

なぜこうなったのかは分かりませんが、元々は本当に別の標石があったのかもしれません。
後日、これじゃまずいだろということで正規の標石に交換したものの、その時の記録が残されていなく今回のようなことになったのかも。
[[山形]洛2(図根点)]の続きを読む
スポンサーサイト
2017/11/12(日)
山形県大石田町の山形県道36・306交差点付近にある四等三角点。

今回の目的地は山形県の大蔵村である。
正直、隣県の地理・地名に関しては疎いので村名を聞いただけではどこなのかさっぱり分からないのだが、早い話あの大雪で有名な肘折温泉がある所だ。位置的にはスイカで有名な尾花沢市の西の辺り。そこに珍しい図根点があるのだという。

以前、舘沢省吾氏より、「山形県大蔵村にある“洛2”という図根点の標石が山形縣庁の標石を代用している」という情報をいただいた。早速点の記を確認してみると昭和25年頃に調製された古い物で、よく見ると標石番号の欄に「山形縣庁標石代用」としっかり書かれているではないか!舘沢氏によると、他の点の記にも同様に「山形縣庁標石代用」と書かれていたものがあり、そこを訪ねたところ山林局の主三角点だった(※1)そうで、恐らくこの大蔵村のも主三角点(またはその他の山林局標石)ではないかとのこと。

図根点といえば四等と同じ大きさの標石に「図根点」と彫られているものが一般的だが、四等以下の基準点という性格上、一時凌ぎ的に標石の代わりに木杭(※2)や建造物(※3)などで代用しているものもあった。この図根点もちょうど良いところに別の標石があったので代用したのだろう。

閲覧サービスや地形図、Googleマップなどで確認したところ、図根点は大蔵村の東に隣接する舟形町との町村境付近の山の中腹にあるようだ位置。すぐ近くに林道のような道が通っているものの、結構山奥である。藪も酷そうだし本当に行けるのだろうか?ちょうど今頃なら草木が枯れ、雪が降る寸前で藪山を攻めるのには最適な時期だ。出来るだけ車で進みたいため、いつものように友人のK君に軽四駆車の運転をお願いし、とりあえず行ってみることにした。

※1 旧山林局(現在の林野庁)標石の裏面に「山」と彫られているので、選点者が山形縣の標石と勘違いした?
※2 大和町の“長原”が以前そうだったらしい。
※3 一例として、仙台市宮城野区東仙台にあるNHK原町ラジオ放送所のアンテナの先端が図根点だった。【位置】(未探索。点名は「放送局」だったと思う)


oozatobayashi1.jpg
R48を経由し、R13を尾花沢方面へ北上する。村山の道の駅より3kmほど進んだところにある、画像の交差点を左折して、山形県道36に入る。【現在地

oozatobayashi2.jpg
山形県道36を道なりに進み、R347を横断する。【現在地

oozatobayashi3.jpg
R347より、さらに10kmほど進むと画像の交差点に到達する。【現在地
なんと赤矢印が示す林道の入口のような狭い道が山形県道36の続きらしい。ここを左折して狭い道を進んだ方が目的地に近いので、「道なりに」進むことにした。ちなみに広い道を直進すると、ここから山形県道306となる。

oozatobayashi4.jpg
その交差点付近に四等があるらしいので、ついでに寄ることにした。(冒頭の文が記事とまったく関係なくなってしまった)
交差点には手前にもう一本別の道が繋がっていて、県道よりも舗装が少し広く綺麗なのだが、これは民家の入口で私道である。私道よりも劣る県道って一体…。

oozatobayashi5.jpg
どれどれ三角点はどこかな~。

oozatobayashi6.jpg
すぐ見つかると思ったのに見当たらないな。あれ?これは標示杭かな?

oozatobayashi7.jpg
標示杭の近くに上面舗装のようなものが。点の記を見ると、ここの点は軽量標識に金属標を付けたものらしい。ということは、このコンクリの中心に金属標があるんだな?

oozatobayashi8.jpg
金属標が出てきました。

oozatobayashi.jpg
金属標のアップです。
建設省時代の物ですね。
[[山形]大里林(四等三角点)]の続きを読む
2017/10/08(日)
登米市中田町の迫川・夏川合流点付近の堤防上にあるはずの四等三角点。
※この記事は“今道”の続きです。

次は「宮 13」の“夏川”だ。
地形図を見ると迫川・夏川合流点付近の堤防上にあるのだが、両河川の間にある堤防のため必ず橋を渡る必要がある。先ほどの“今道”の記事にも書いた通り三角点近くへ直接行けるような橋が無く、直線距離で2.5kmくらい離れた県道4の今道橋の所から堤防上を進むしか無さそう(点の記の要図に描かれている木橋は既に無くなっているようだ)。結構距離があるので、問題は車でどれだけ三角点へ近づけるかだ。
え?たかが2.5kmくらい歩けって?…やだよ。

natsukawa1.jpg
今道”の土管(ヒューム管)の近くから見た今道橋。【現在地
まずはこの橋を渡る。

natsukawa2.jpg
橋を渡った先から堤防上の道に入る。【現在地

natsukawa3.jpg
うわぁ何か遙か彼方って感じだな。こりゃ歩きたくないわ。【現在地

natsukawa4.jpg
橋から100mほどで未舗装に。【現在地

natsukawa5.jpg
結構進めるもんだなぁ。【現在地

natsukawa6.jpg
橋から2kmくらい進むと河川敷へ降りるスロープがある。【現在地
三角点はこの堤防を進んだ先にあるのだが、地形図などを見るとこの少し先で道が無くなっているようなので、ここから河川敷に降りて河川敷上の道を進んだ方が良さそうだ。でも何かこの下の道って怪しそうだなぁ…。K君の軽四駆車なら楽勝だろうけど、今日は自分の普通車だし…。ええい、面倒だ行っちゃえ!

地形図を見ると、ここから左の方の河川敷へも降りられるスロープがあって、その先に例の木橋があったようなのですが、今ではその痕跡すら分からない状態です。15年(※)でそんな変わるもんなのかな。
※点の記の調製が15年前(平成14年)のため。

natsukawa7.jpg
もうそろそろ車から降りて歩いた方が良さそうだ。【現在地
既に車の横側はキズだらけだし…(泣)。

natsukawa8.jpg
ここで車道(農道?)は終わる。【現在地
堤防の上は藪が酷そうなので、このまま畑の端を進む。

natsukawa9.jpg
この上辺りみたいだな…。【現在地
行きたくないなぁ…。でも行くしかないよなぁ…。

natsukawa10.jpg
もう少しかな?【現在地

natsukawa11.jpg
よし着いたぞ。すぐ近くに標石があるはずだ。


一時間後↓
natsukawa12.jpg
どこにも無ぇぜ!!
GPS上ではここら辺のはずなんですが、いくら探しても見つけられませんでした。トホホ。
恐らく、上面のみしか露出してない状態で15年の間に草木で埋もれてしまったのかと。一応スコップは持っていましたが目印になる物が無く、“”の時のようにはいきませんでした。

1つ疑問に思ったのが、標示杭が見つからなかったこと。点の記を見ると、この点は平成14年8月1日に改測しています。その際に必ず標示杭を設置しているはず。15年前といえば結構前のことなので、その間に紛失することもありえますが、滅多に人が来るような場所では無いため人為的になくなることはほぼありえません。通常であれば平気で10年以上もつ代物ですから、なくなっていること自体おかしい。
じゃ、なぜなくなったのか。点の記の要図をよく見ると「堤防工事中」と書かれています。ここからはあくまでも想像(希望)ですが、恐らく平成14年の改測の後、この堤防に何らかの手が加わったと思われます。その際に標示杭が抜かれ、標石が埋まり…最悪亡失して現在に至ると。先ほど木橋へ行くスロープが跡形も無く消えていたのは、この堤防工事のためではないかと思われます。

まぁ冬になって周りの草木が枯れると標石がひょっこり姿を現すかもしれませんけどね。地元民のゆうさんがきっと見つけてくれるでしょう?…というわけで後はよろしくお願いします?。

ところで傷だらけのローラになってしまったわが愛車ですが、後日コンパウンドで磨いて無事元通りになりました。めでたしめでたし。
[夏川(四等三角点)]の続きを読む