FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/11/02(土)
新潟県新潟市西蒲区のJR越後線岩室駅の西北西5.6km付近、弥彦山スカイライン入口(間瀬側)にある一等水準点。

先日の台風19号で被害に遭われた方々に心よりお見舞い、お悔やみ申し上げます。

前回は新潟の粟島へ友人のH君と行ってきたのだが、その粟島へ行くことが決まった直後にいつものK君から珍しく電話がかかってきた。仕事柄まとまった休みが取りにくいはずなのに9月の三連休はフルで休めるのだという。ところが時既に遅し、もう粟島の宿を取ってしまっていた。奴が三連休を取れるなんて滅多に無く、大変申し訳なかったけど事情を話してまた機会があればということにした。

10月に入るとまたKから電話がかかってきた。何とまた三連休を取れるのだという。転職先が休みを取りやすいところだったかららしい。秋は三角点探索に最適な時期だし、これはもうどこかへ遠出するしかないな。
行き先は以前より大体決まっていた。数年前から貯まっているネタの中でKが行きたがっていた新潟である。弥彦山にある天測点と子午線標を探すネタだったが、その弥彦山(神社のほう)へ行ってみたかったのだという。宿も何とか確保できたので数年越しにようやく行くことが出来そうだ。結果的にまさかの新潟二連発となった。

…と思っていたら、その行く予定の日に超大型の台風が日本列島を直撃するらしい。何とかそれてほしいと願いながら毎日天気予報を確認していたが進路が大きく変わることは無かった。テレビなどのマスコミの報道からはただならぬ台風であることが伝わってくる。無理して行ったとしてもまともな探索など出来そうに無いので、仕方なく宿をキャンセルすることにした。
その後は承知の通り。関東や東北の太平洋側を中心に予想を超える甚大な被害が発生した(自宅は無事でした)。無理して行かなくて本当に良かったと思う。

もう三度目は無いだろうとK君に聞いたところ11月の三連休も休めるらしい。太っ腹な会社だな。
すかさず同じ宿を予約。今度こそ行ってやるぞ。三度目の正直?なのか連休中に雨が降ることは無さそうな雰囲気だ。11/3は晴れの特異日なので、その前後も晴れる確率は高いはず。


10982_01.jpg
自宅を朝5時に出発し、東北道→東北中央道→R113→日東道を経由して、画像の北陸道 巻潟東ICで降りる。
どうでも良いことですが、このIC名って「巻潟 東」でなく「巻 潟東」だったんですね…。白根かったよ…。
※画像はドライブレコーダーの動画を加工したものです。


10982_02.jpg
料金所を通過後、IC出口をそのまま直進し、R460を道なりに進む。


10982_03.jpg
弥彦山の山容。
山名としての弥彦山は画像左奥のピークで、今回天測点を見に行く一等三角点“弥彦山”があるのは右手前のピーク。山名は多宝山だ。どちらも標高はほぼ同じ634mである。


10982_04.jpg
巻潟東IC出口よりR460(バイパス)を道なりに8kmほど進み、画像の交差点を左折。


10982_05.jpg
左折した先の新潟県道2を1kmほど進み、画像の交差点で県道55へ右折。


10982_06.jpg
さらに2.8km進み、画像の交差点を左折して弥彦山スカイラインに入る。
…って、あれ?水準点の標示板?


10982_07.jpg
確かに水準点だ。慌ててスマホで確認すると地形図にもちゃんと載っている。
ここへ来る途中には他にも道端に三角点や水準点があったはずだ。それらはもちろん無視してきているのだが、このように画像にハッキリ写り込んでいるのを無視するわけにはいかない。(←粟島で思いっきり無視してたじゃねーか)


10982_08.jpg
やっぱり荒れてるなぁ…。


10982_09.jpg
円柱タイプの標石かと思ったら金属標でした。


10982_10.jpg
保護石4個、上面舗装。


10982.jpg
金属標のアップです。
[[新潟]10982(一等水準点)]の続きを読む
スポンサーサイト



2019/09/15(日)
新潟県粟島浦村の旗崎付近にある二等水準点。
※この記事は“旗崎”の続きです。

次は二等水準点。


10477.jpg
すぐ隣の三角点と比べると保護石が丸くて小さめで上面舗装が壊れてないのでスッキリした印象。


10477_01.jpg
三角点から1m75cmくらい。


10477_02.jpg
上面です。
粟島内で見た他の二等水準点と見た目はほぼ同じ。


10477_03.jpg
標識番号は10477。


10477_04.jpg
大切にしましょうプレートもちゃんと付いてます。


10477_05.jpg
金属標のアップです。
元々は地殻変動観測点 No.102だったようですね。

“旗崎”の記事でも書きましたが、地形図上でのこの水準点の位置はデタラメです。地形図を元に座標を算出した閲覧サービスのデータも同様です。三角点と違って標高さえ合っていれば位置情報などどうでもいい水準点ですから問題無いんでしょう。
[[新潟]10477(二等水準点)]の続きを読む
2019/09/15(日)
新潟県粟島浦村役場の南100m付近、弁天岩の近くにある二等水準点。
※この記事は“粟島浦”(二等)の続きです。

新潟県の粟島探索2日目。
以前行った山形県の飛島の時と違い、一泊したので時間にはまだ余裕がある。今回は島一周も兼ねて他の基準点へも行ってみようと思う。


10476_01.jpg
島を一周するのに徒歩ではさすがにキツい。かといってバスを利用するにも本数が限られているので、今回も飛島の時のように自転車を借りるつもりだ。自転車は昨日フェリーから下船したところにある観光案内所で借りられるらしい。


10476_02.jpg
自転車の貸出時間は8時半からのため、出来るだけ長時間乗れるように時間前から窓口に並ぶ。同行のH君も同じく島一周するそうなので一緒に並んでいるが、今日は別行動だ。
昨日、灯台入口まで行った時の県道がそうだったように粟島の道は急坂が多いので、自転車はアシスト付きを選ぶこともできる。当然アシスト付きを選ぶべきだが、問題は料金だ。普通の自転車は4時間まで500円で4時間を超えると1000円。貸出時間の17時まで乗っても1000円で済む。ところがアシスト付きになると3時間までが1500円で、それ以降は1時間ごとに1000円追加という暴利っぷり。そりゃ楽なんだからそれなりの対価は払うべきなんだろうけど、今回の場合乗りっぱなしじゃないから何か損な気がする。結局貧乏なオッサン2名は迷わず普通のチャリを借りることにした。坂は押して歩けばいいだろう。


10476_03.jpg
窓口で自転車のカギを受け取り、すぐ近くにあるレンタサイクル置場へ向かう。
私より先にカギを受け取ったH君は既に出発したようでいなくなってました(笑)


10476_04.jpg
ジャーン!
今日の相棒はこいつだ!よろしく頼むぜ!


10476_05.jpg
てなわけで出発。レンタサイクル置場より左折して南へ向かう。


10476_06.jpg
いやーやっぱりチャリは楽d…、あれっ、もう着いちゃった。そりゃ数十mしか離れてないしね。
本日1ヵ所目の「10476」は弁天岩のそばにあるらしい。ここから弁天岩の敷地に入れるようなのでチャリごと入っちゃえ。


10476_07.jpg
もうちょっと先なのかな?


10476_08.jpg
おぉ標示板があった。すぐ目の前だったのか。よく見ると一つ上の画像にも保護石が写ってる。


10476.jpg
こんな感じです。
後ろの岩が弁天岩なのかと思ったら、弁天岩は隣の岩だったみたいでした(笑)。


10476_09.jpg
上面です。
プレートの取付位置が異なるものの、昨日見た「10487」とほぼ同じもののようです。


10476_10.jpg
標識番号は10476。


10476_11.jpg
大切にしましょうプレート。


10476_12.jpg
金属標のアップです。
昨日の「10487」と同様に、これも元は地殻変動観測点だったようです。「10487」の記事でも書いたように、ここの番号はNo.101で粟島にある地殻変動観測点の中で一番若い番号です。観測点は島を一周するように設置されていて、ここから反時計回りに102、103…と順番に番号が付けられています。どうやら115まで(※)あるみたいなんですが今日全ては無理だろうな。どうせ同じだろうし、もういいか。 (←おいおい)

※山形県の飛島に116以降がある。(見つけられなかった「10491」のことです)
[[新潟]10476(二等水準点)]の続きを読む