FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/07/14(日)
柴田町のJR東北本線槻木駅の北東300m付近、新町公園内にある一等水準点。
※この記事は「004-327」の続きです。

さっきまで霧雨程度だった雨が強くなってきた。
ここで切り上げても良いのだが、既に「2166」の近くまで来ており行かないと勿体ないので、ずぶ濡れになる覚悟で行ってみることにした。※こうなることを予想できたのに雨具は一切持ってきてません(笑)


2166_1.jpg
先ほどの「004-327」の所より、旧国道4号(県道117)を西へ200mほど進み、画像の交差点を右折する。


2166_2.jpg
150mくらい進んだ所にある、画像の歯科医院の裏の道へ右折。


2166_3.jpg
さらに70mほどで水準点がある公園に到着。
標示板発見。


2166_4.jpg
うーん、ちょっとだけ草を刈る必要があるな…。仕方ない、やるか。


2166_5.jpg
上面舗装された立派な保護石がありますが、水準点は標石でなく金属標です。
何だよこれ、保護石いらねーだろ。


2166_6.jpg
上面です。


2166.jpg
金属標のアップです。
少し前の点の記によると、この水準点は平成10年11月に「旧位置より北西約350mに再設」と書かれています。つまり元々はここから南東350m付近にあったということになるんですけど…、それって先ほどの「004-327」のそばじゃん!正確には乾医院の南側辺りになると思うのですが、すぐ近くに一等水準点があるのになぜ道路水準点(004-327)を設置したんでしょうね?
そういや秋田にもそんなのがあったっけな。そういうものなのかな。
[2166(一等水準点)]の続きを読む
スポンサーサイト



2019/07/14(日)
柴田町のJR東北本線槻木駅の東500m付近にある一等水準点(道路水準点)
※この記事は「2167」の続きです。

順番からいえば次は「2166」なのだが、その前に別の気になる水準点へ行ってみようと思う。


004-327_0.jpg
閲覧サービスを見ると「2166」の近くに横棒が入った一等水準点のマークがある。現在地形図にはこの位置に水準点の記号は無く、事実上廃止された点であることが分かる。基準点詳細には「004-327」という点名の道路水準点であること、現況は「亡失」で調査年月日は1998年5月14日と記載されている。

拡大した地形図(上の画像)を見ると、水準点は民家の間の道路から少し奥まった位置にあるように見える。確かにこの位置なら亡失してもおかしくない。ところが点の記の要図を確認してみると、水準点は渡辺生花店の手前にある塀の向こう側(ほぼ真下)、327.5kmポストのそばにあるような描かれかたをしており、上の画像の位置よりも少し北西の道路脇にあることが分かった。日付は平成17(2005)年9月と記載されていて、「亡失」とされた後にも存在していたことになっている。

ちなみに日本の測量史によると、道路水準点の点名には3桁の道路番号と起点からの3桁の距離(キロメートル未満は省く)で構成される番号がついているらしいので、この「004-327」という点は国道4号の327キロポスト(付近)にある水準点という意味になるようだ。現在の国道4号は柴田バイパスなので、水準点の前の道路は旧国道4号ということになる。


004-327_1.jpg
…ということで、もしかするとまだ水準点の金属標が残っているかもしれないと思い、「2166」へ行く前に寄ってみることにした。
先ほどの「2167」の所より、さらに西へ450mほど進み、R4の現道へ左折する。


004-327_2.jpg
R4を1kmほど進んだ所の画像の交差点(四日市場交差点)を右折し、再度旧4号へ入る。


004-327_3.jpg
画像の交差点を直進する。


004-327_4.jpg
交差点より100mくらい進んだところ道路右側に例の「渡辺生花店」を確認。ということは、その手前にある白い塀の辺りかな?


004-327_5.jpg
ん?
塀の下にいかにもな感じの穴があいてるぞ。これって…


004-327_6.jpg
この黄色いドーム状の物はキロポストじゃないか!
ということは、これが327.5kmポストってことだな。


004-327_7.jpg
穴のおかげで塀の向こうへ行かなくても金属標を確認出来そうなんだけど…。
要図には水準点はキロポストの0.2m奥にあると書かれているから、この石の下辺りなんだよなぁ。


004-327_8.jpg
石を取り除いてみると…おやっ!?


004-327_9.jpg
あったー!
どうやら亡失はしてなかったみたいです。でも地形図に記号がないということは、やはり廃点されたんでしょうね。


004-327.jpg
金属標のアップです。
この後、石をちゃんと元の位置へ戻しておきました。
[004-327(一等水準点・道路水準点) -廃点]の続きを読む
2019/07/14(日)
岩沼市の国道4号岩沼バイパス玉崎交差点の南西750m付近にある一等水準点。
※この記事は「2168」の続きです。

引き続き、隣の「2167」へ向かう。


2167_1.jpg
先ほど来た道を引き返し、R4をくぐった先は道なりに進む。


2167_2.jpg
先ほどの「2168」の点の記にも書かれていた通り、この道は旧国道4号らしい(現在は岩沼市道)。確かに地図上の線形や幅員などを見るとそんな感じはするが、この道がR4だった記憶が無い。Wikipediaによると国道4号岩沼バイパスのR6交点以南が供用されたのは昭和38年12月となっている。当時私はまだ生まれていないので分からないのも当然といえる。


2167_3.jpg
「2168」から1.5kmほど進んだところ、道路左脇に点の記の要図に描かれているゴミ置場のような物があるのを発見。


2167_4.jpg
点の記を見ると、ここの標石は選点・設置された昭和14年当時のままのようだ。後年、道路の拡幅や歩道の設置をした際に水準点を避けて迂回するように側溝を設置してあるなど、標石を意識した工事がされている。知らないふりをして埋めてしまったり撤去して亡失させてしまう(?)最近の道路工事との違いを見せつけられたような感じだ。



標石はこの辺りにあるはずだけど…


2167_6.jpg
ゴミ置き場の角付近の土を軽く除けてみると円柱タイプの水準点標石が出てきました。


2167.jpg
標石上面です。
本来なら水をかけるなどして表面の泥を落としたりするのですが、雨が降る中雨具無しでの作業のため省略。
[2167(一等水準点)]の続きを読む