FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2020/01/02(木)
気仙沼市本吉町の徳仙丈山の南1.8km付近のピーク上にある仙鉱三角点。
※この記事は、ゆう氏のブログ「宮城縣三角点境界」の記事を参考にしています。
※この記事は“曽坊堂”の続きです。

引き続き、すぐそばにある仙鉱三角点を確認。


soboudou_s01.jpg
四等と仙鉱の位置関係はこんな感じ。


soboudou_s02.jpg
四等から見た仙鉱。
ほぼ南です。今度は点の記の要図に間違いはありません。


soboudou_s03.jpg
四等の南、1.4mくらい。


soboudou_s.jpg
標石です。
標石の周りを掘った跡がありました。恐らくゆう氏が来たときのものでしょう。



「仙 鉱 三角点」
南面です。周りの木が邪魔で撮るのが結構大変です。

…実はこっちのも字が書いてある南面しか撮りませんでした。
大岳で撮らなかったからというのもありましたが、日の入りが迫っていて時間が無いのと先述のように木が邪魔で撮りづらかったからです。



上面です。
黄色だと見づらかったかな。

標石の大きさは 14.8x14.3cm(五寸角)。高さは測っても意味無さそうなので省略。なぜか南北方向が5mmほど短いようです。
十字マークの大きさは約4.2cmでした。


soboudou_s06.jpg
日の入りの時間はまだ少し先だけど、山の陰に太陽が隠れてしまうww
急ぎたいのにこの斜面じゃ危険だし。でも何とか暗くなる前に車まで戻れました。
[曽坊堂仙鉱三角点]の続きを読む
スポンサーサイト



2020/01/02(木)
気仙沼市本吉町の大岳山頂にある仙鉱三角点。
※この記事は、ゆう氏のブログ「宮城縣三角点境界」の記事を参考にしています。
※この記事は“大岳”の続きです。

次は本来の目的だったはずの仙鉱三角点。
寒いからさっさと終わらせて山を降りるよー!


oodake_s01.jpg
四等“大岳”から見た仙鉱三角点。
仙鉱のほうが本来の山頂にあり、四等はやや下のほうにあるようです。


oodake_s02.jpg
逆に仙鉱から四等を見るとこんな感じ。
四等は北東 約2.7mにあります。 ←しつこい(笑)


oodake_s.jpg
標石です。露出気味で傾いてますね。



「仙 鉱 三角点」
近くにある仙鉱と同様に左から「仙鉱」です。恐らく同時期に設置されたものと思われます。
ここであることに気がつきました。この面はなぜか西側を向いているんです。通常、三角点標石の等級面は南向きで仙鉱もそうなっています。そういった「常識」のもとで、ここから四等を見ると…北西にあるように見えるんです!

謎は解けた!さぁ帰ろう。 はえーよ

実はですね。いつもならここで他の三面の画像も出すのですが、今回本当に寒くてそこまで気が回らなかったというか、どうせ何も書かれてないからいいやってな感じで撮ってません(笑)。すみません。その代わりマウスカーソルを画像の上に持って行くと字が読めるようにしました。



上面です。
手前側(下側)が「仙鉱三角点」の文字がある面になります。

標石の大きさは 15.5x15.5x26cm(五寸角)。高さはこの状態(露出)での西面のものです。
十字マークの大きさは約4.5cmでした。
[大岳仙鉱三角点]の続きを読む
2019/04/30(火)
秋田県大館市の秋田道(E7)釈迦内PAの北北西900m付近、萩長森山頂にある仙鉱三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。
※この記事は“萩長森”の続きです。

引き続き、近くの仙鉱三角点を確認。


haginagamori_sk1.jpg
四等三角点と仙鉱三角点の位置関係は画像の通り。
仙鉱は祠のすぐ横に設置されています。


haginagamori_sk2.jpg
四等の東3m17cmくらい。
先ほど登山口の位置もですが、点の記の要図がデタラメすぎます。


haginagamori_sk.jpg
標石です。
これ、すぐそばにある植え込みの下に潜り込んで撮っています。何気ない画像ですが結構大変です。


haginagamori_sk3.jpg
南面「仙 鉱 三角点」
“高森”の近くにあったものと同時期、同タイプと思われますが、よく見ると字体が微妙に違います(「鉱」の字や「角」の字)。あくまでも想像ですけど、字を彫る際に型を当ててサンドブラストといった方法でなく、昔ながらの手彫りだったのかなと。安っぽい字に見えるのは、そのためなのかも。


haginagamori_sk4.jpg
東面。


haginagamori_sk5.jpg
北面はすぐそばの祠の土台とのすき間が狭く、まともに撮れません。恐らく何も彫られていないでしょう。


haginagamori_sk6.jpg
西面。
東と西も何も彫られていないようです。


haginagamori_sk7.jpg
ここのも角が丸いですね。


haginagamori_sk8.jpg
上面です。

標石の大きさは 15x15x19cm。高さはこの状態での南面のものです。
十字マークの大きさは約4.5cmくらいでした。


haginagamori_sk9.jpg
萩長森の上から見た、JX金属探開株式会社大館営業所。敷地内にはかつてあったであろう釈迦内鉱山関連の設備らしき物は見当たらず、ただ資材が並べられているだけのように見えます。資料館みたいなのがあれば寄っていったんだけどなぁ。
[[秋田]萩長森仙鉱三角点]の続きを読む