FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/04/29(日)
福島県相馬市の松川浦大橋の南東250m付近にある二等三角点。
※この記事は「附27」の続きです。

5580」の記事でも書いたように、先日(2018/4/21)、福島県相馬市にある松川浦の東日本大震災の津波被害復旧工事が完了し、太平洋側の海岸を縦貫する相馬市道大洲松川線が7年ぶりに開通した。松川浦には二等“松川崎”があるが、松川浦大橋を渡った先にあるため、震災で被害を受けた後は橋が閉鎖され長い間通行止めとなっていたため行くことが出来なかったのだ。実は松川浦大橋は、少なくとも昨年(2017年)の夏には渡れるようになっていたらしい。私はその件に関して全然知らなかったので、市道が復旧した話を聞いて今日慌ててやってきたような感じだ。
“松川崎”は2014年3月に一度行こうとしたが橋が渡れないため断念し、その後記事にはなっていないものの近くに来たときに何度か橋の入口まで行っているので、今回は事実上のリベンジ編ということになる。それにしても4年は長かったなぁ。震災からだと7年だもんな。地元の人はかかなり待ったんだろうなぁ。

matsukawazaki1.jpg
相馬港から松川浦のほうへ進む。遠くに松川浦大橋の主塔とケーブルが見える。

matsukawazaki2.jpg
おおー!ゲートが開いてる!!当たり前のことなのに、なぜかとても嬉しい。
過去に何度かここで引き返してるからなぁ。

matsukawazaki3.jpg
向こう岸へ渡った所にある交差点付近の道路右側に駐車場がある。
点の記の要図には、この駐車場付近から入っていき三角点の裏側から登るようなことが書いてある。地形図を見ると元々この交差点は十字路で、ここから右の方にも道路があったみたいだが、津波で破壊された後は復旧すること無く入口を駐車場にしてしまったようだ。都合良く駐車場があるので、当然ここに駐車する。
ゲート付近から気づいてたけど、三角点って崖の上だったのか…。航空写真を見て、ただの低い山だと思ってたよ。

matsukawazaki4.jpg
駐車場の所から道路右側へ入っていく。
土に少々がれきが混ざっているが、震災後そのままというわけではなさそう。

matsukawazaki5.jpg
奥は一段高くなっていて、そこから先は藪。
まだ大したことないだろうと思ってたけど、最近暖かい日が続いてるせいか既に激藪状態みたいだ。さて、どこから入っていけばいいのやら…。とりあえず、ここら辺から入ってみようか。

matsukawazaki6.jpg
なんだよこれ!!
本当に三角点まで行けるのか!?

matsukawazaki7.jpg
そういえば点の記には舗装された公園散策路があるようなことが書かれていたので、藪をかき分けて強引に南へ進んでみたら、本当にそれらしい道があった。
何なんだ、この道は…。

matsukawazaki8.jpg
倒木だらけで荒れ放題になっている道は所々でアスファルト舗装が見えていた。やはり点の記の記述通り、元々は舗装された公園散策路だったようだ。
点の記が調製されたのは平成23年で震災の年なので、震災前までは普通に散策路だったのだろう。7年でこれだけ荒れるんだから自然の力って凄い。

matsukawazaki9.jpg
荒れた散策路を100mくらい進み三角点の近くまで来たが、当然周りは今来た道よりも荒れているのでどこから登っていけば良いのか踏ん切りが付かない。その時、道端に比較的最近付けられたような目印が。
といっても同じようなのが複数あり、しかも道の左側なので本当は測量か何かの目印なのかもしれないが、ちょうどその辺りの藪が薄いような気がしたし、戻ってきたときの目印になるので、半分ヤケクソでここら辺から入ることにした。

matsukawazaki10.jpg
ここにも倒木かよ。歩きづらいなぁ。

matsukawazaki11.jpg
尾根っぽいのが見えてきたぞ。

matsukawazaki12.jpg
尾根っぽいところに到達。三角点はこっちだな。

matsukawazaki13.jpg
標示杭と標石発見。

matsukawazaki.jpg
標石です。
やっと来ることが出来ました。

matsukawazaki14.jpg
上面です。ICタグ付き。

matsukawazaki15.jpg
ここからの景色ってどんな感じなのか崖っぷちまで見に行ってみようかな。
何かもう木の生え方が見境ないというかフリーダムでメチャクチャだな(笑)

matsukawazaki16.jpg
良い景色じゃん!松川浦大橋の写真を撮るのに最適な場所だと思います。皆さんも是非!?

matsukawazaki17.jpg
下に降りてどこら辺にいたのか場所を確認してみました。
一つ上の画像は赤矢印の所から撮ったみたいです。下から見ると崖っぷちの下側がえぐれたような状態になっていました。下手すりゃ崩れるかもしれないので、登ったときは崖に近づかないほうが無難かと思います。それにしても危なかった…。
[[福島]松川崎(二等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト
2016/10/29(土)
大崎市鳴子の荒雄岳山頂にある二等三角点。

先日、福島の二等へ行ったので今日は宮城県内の二等へ行ってみようと思う。県内のまだ行っていない二等でお手軽な所が残ってないかとネットで調べたところ、鬼首の荒雄岳が比較的簡単そうに見えた。登山道がちゃんと整備されているようだし、いかにも急峻そうな山名にもかかわらず初心者向けであるという。…そうか山名に騙されて今まで行こうとしなかったんだな。

araodake1.jpg
点の記を見ると、荒雄岳の登山道は赤沢林道から入るらしい。林道ということで念のため友人K君に軽四駆車を出してもらう。いつもすまんな。古川よりR47を西へ進み、鳴子でR108に入る(本当は古川からR47と重複している)。最近出来たという花渕山バイパスを経由し約9km進み、画像の所で右折。【現在地
実はR108もここで右折なのだが、大半の車はそのまま直進し県道63に入ってしまう。事実上のR108鬼首バイパスなのに、敢えて県道に指定したのは何故なんだろう?

araodake2.jpg
県道63との分岐より約700m進み、ここを斜め右へ。【現在地

araodake3.jpg
一方通行規制に従い道なりに進み、ここを左折。【現在地
ちゃんと「荒雄岳入口」と書いてある。

araodake4.jpg
林道を道なりに5kmほど進むと登山道の入口があった(この手前にも別ルートの登山道入口がありますが、点の記に従いました)。【現在地
林道ということで道の状態を心配していたが、途中の一部が砂利道になっていたものの道幅が広く整備されていたため普通車でも問題なく通れるようだ。

ここへ来る途中、一つ上の画像の交差点より200mくらい進んだ付近に四等があるらしいのでちょっとだけ確認してみたんですけど、過去の道路工事などで亡失しているような感じだったため見なかったことにしました(笑)。

araodake5.jpg
逆側より登山道入口を見た状態。まだ車道が続いているようだ。点の記にも車で200m入っていったようなことが書かれているし、折角なのでここでK君の車の本領を発揮してもらいましょう。

araodake6.jpg
入口より150mくらい進むと広場に出た。車はここまでらしい。何だよ200mも進めないじゃないか。【現在地
早速準備をして出発。

araodake7.jpg
登山道は元々林道というか作業道の跡のような感じで道幅が広く歩きやすい。【現在地

araodake8.jpg
ここを斜め左へ進む。【現在地
藪に埋もれているが、よく見ると作業道のような広い道はこのまま斜め右の方へ進んでいるようだ。

araodake9.jpg
道沿いの倒木には謎のキノコがびっしり。しかも結構大きい。キノコについては全く詳しくないので持参のキノコ図鑑で確認したものの特定できず。食べられるのであれば持ち帰りたいけど自信がない。こういう時キノコに詳しい人がいれば良いんだけど。【現在地

家に戻ってから再度調べました。たぶんツキヨタケ(毒)だと思われます。採らないで良かった…。しかもなんかこれ、夜光るらしいですよ。

araodake10.jpg
広めの道から分岐した後も傾斜はあまりきつくなく楽に進める。なるほど確かにこれなら初心者向けと言われるわけだ。こういうことなら、もっと早く来れば良かったよ。その代わり山の斜面をつづら折れで登るため直登に比べてかなりムダな距離を歩かされるけど、その分楽なはずなので仕方ないかな。【現在地

araodake11.jpg
山頂が見えてきたぞ。

araodake12.jpg
山の神の向こうに標石発見。

araodake13.jpg
大きめの保護石3個(点の記にも3個と書かれている)。
いつも思うんだけど、こんなに離れてたら保護出来ないよね?ただの目印としてならだけど。

araodake.jpg
標石のアップです。特に欠けも無く良い状態です。

araodake14.jpg
上面です。
[荒雄岳(二等三角点)]の続きを読む
2016/10/23(日)
福島県南相馬市鹿島区のJR常磐線鹿島駅の北北西4km付近にある二等三角点。
※この記事は“物見山”の続きです。

せっかく南相馬まで来たので、もう一ヵ所二等へ行ってみようと思う。
先ほどの“物見山”の北西約8kmの辺りにある“利正寺山”は、点の記を見るとすぐ近くまで車で行けるうえに、そこからの道がちゃんと遊歩道になっているようだ。場所も地目が「公園」なので、たぶん楽勝だろう。さらにこの点の選点者、というか冠字は“物見山”と同じ「井」だ。もしかしたら、この標石もビッグサイズなのかもしれない。これは楽しみだ。

rishoujiyama1.jpg
R6を北上し、画像の交差点を左折する。【現在地

rishoujiyama2.jpg
約600m進み、左カーブ途中の画像の所で右折。【現在地
あれ?なんか看板が立ってる。

二等三角点
利 正 寺 ノ 舘
登山口まで0.8k(約10分)
頂上へ17分
てっぺん会

二等三角点って書いてある~!!
何て親切な看板なんだ!「てっぺん会」って団体が立てたのかな?

rishoujiyama3.jpg
看板の「約10分」は徒歩での時間だと思うが、車道が続いているのでそのまま車で進む。【現在地

rishoujiyama4.jpg
舗装路は民家の前で終わり、砂利道に。【現在地
山頂近くには配水池タンクがあるみたいだから、このまま進んでも大丈夫だろう。

rishoujiyama5.jpg
予想通り、砂利道はちゃんと整備されているようで普通車でも特に問題なく進める。【現在地

rishoujiyama6.jpg
配水池タンク前に到着。【現在地

rishoujiyama7.jpg
「登山口」と書かれた看板の前は車を駐車するのにちょうど良いスペースがある。車を駐めて早速登って行くことにしよう。
画像右側の看板には、ここが寿性寺館(利正寺館)という山城であったことと、なぜか三角点についての解説が書いてある。設置者は先ほどの「てっぺん会」では無いようだ。一等ならまだしも二等でこれだけ三角点についての案内や説明書きがある点は珍しい。【現在地

rishoujiyama8.jpg
道はここで一旦左に折れる。確かにいかにも城といった雰囲気だ。【現在地

rishoujiyama9.jpg
さてと三角点はどこだ?【現在地

rishoujiyama10.jpg
奥の方に標示杭発見!【現在地

rishoujiyama11.jpg
標石です。ICタグ付き。標示杭は木製。
ここにも親切な看板が。設置者はあの「てっぺん会」。いや良いんだけどね、良いんだけど、あまり設置者名を主張しすぎるのも、ちょっとうざったいかな…。何とか別府とかさ。

rishoujiyama.jpg
標石のアップ。
うわっちいせぇぇ!!…って、これが普通サイズか。さっきのが大きすぎたんだな。


上面です。
一辺15cmの普通の二等標石でした。
[[福島]利正寺山(二等三角点)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。