FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/04/13(土)
気仙沼市本吉総合支所の北西3.6km付近にある四等三角点。

先日、ゆう氏田束山の近くの四等のそばで仙鉱三角点を発見したらしい。早速点の記を確認してみると「西1.7mに仙鉱三角点あり」と書いてあるではないか。位置的に以前探索した“手長山”や“長畑山”と同じ大谷金山絡みなのだろうか?
ゆう氏も点の記を見て仙鉱があることを知ったうえで行ったみたいなので、私も気仙沼周辺の四等の点の記を調べてみたところ、本吉にある“江染上”にも仙鉱があることが分かった。先日行った三本木との、この差は一体何なんだろう。正直、気仙沼市民がうらやましい(意味不明)
精神的なリベンジの意味合いもあって早速行ってみようと思っていたら、やはりというかゆう氏は既に探索済みだという。さすがだ。

そんなわけで今回はその“江染上”と、田束山近くの“五萬堂”へ行ってみようと思う。


esomeue1.jpg
まずは“江染上”へ向かう。
先日開通したばかりの三陸道のおかげで本吉まで一直線だ。便利になったもんだ。
今日はK君の車で来たので、助手席からの撮影である。


esomeue2.jpg
小泉海岸ICを降りてR45を気仙沼方向へ150m進み、すぐ左折。


esomeue3.jpg
100m先で右折。


esomeue4.jpg
道なりに1.4kmほど進み、本吉町内の画像の交差点を左折して県道18へ入る。


esomeue5.jpg
県道18を3.5kmほど進み、画像の所で右折。
右折した先は林道だが、この先に民家があるせいか舗装されている。


esomeue6.jpg
途中の分岐は赤矢印の方へ進む。


esomeue7.jpg
林道入口より1.1kmくらい進み、画像の所を左折。
昭和52年頃に調製された古い点の記だったけど、要図に描かれている道はちゃんと残っていたようだ。


esomeue8.jpg
左折して100mほど進むと、前方が急に荒れた道となる。
と言っても、車高の高い四駆車ならまだ問題なく進める程度。今回K君の車で来たのも軽四駆車で行けるところまで行くつもりだったのだが、Kが渋ったためここで終了。この先は徒歩だ。


esomeue9.jpg
車より150mくらい歩くと、点の記に書いてあるとおりヘアピンカーブの所から左へ入っていく道があった。


esomeue10.jpg
特に荒れているわけでもない、普通の山道だな。


esomeue11.jpg
少し進むと車が通れるほどの道幅になったが、なぜか竹藪になってしまった。
もう少し遅い時期に来ればタケノコ狩りが出来たかも。


esomeue12.jpg
竹にピンクテープの目印が付けてある。三角点はこの上辺りかな?
ここら辺から登ってみるか。


esomeue13.jpg
うわぁ、山頂付近は激藪っぽいな…。


esomeue14.jpg
笹藪にもみくちゃにされながら必死に藪漕ぎし、GPSを頼りに何とか標石を発見。


esomeue.jpg
四等標石です。
前回と違い、近くに確実に仙鉱が存在しているという安心感がある。お楽しみは取っておいて、まずは四等を確認するとしよう。


esomeue15.jpg
等級面(南面)のアップ。


esomeue16.jpg
標識番号は032771。
標石が不自然にゆがんで見えるのは撮影時に保護石が邪魔をして斜め方向から撮った物を無理矢理修正しているからです。


esomeue17.jpg
上面です。
立派な保護石が4つ揃っています。


esomeue18.jpg
上面のアップです。
比較的新しめの標石で角の面取りが小さいため、よく見かける角の丸い標石と比べると角張って見えます。
[江染上(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト
2019/04/06(土)
大崎市三本木の道の駅「やまなみ」の南3.5km付近にある四等三角点。
※この記事は“芦ノ口”の続きです。

次は“鳥屋ヶ森”へ向かう。
次こそ…、いやどうかなぁ…。

toyagamori1.jpg
先ほど来た県道56に戻りさらに南下。400mほど進み、直角カーブのところで市道へ左折。

toyagamori2.jpg
さらに400mくらい進んで、大郷町境手前の画像の所を右折する。

toyagamori3.jpg
田んぼを突っ切った先の山を…。あれ?何か山の左半分が消滅してるような??

toyagamori4.jpg
ソーラーパネルかよ!猫も杓子も太陽光発電所ばかり造りやがってアホじゃないのか?
それよりも三角点!三角点は無事なんだろうな!?

toyagamori5.jpg
どうやら道はそのままのようだ。

toyagamori6.jpg
GPSで方角と距離を確認してみると、三角点はあのピークにあるらしい。良かった…。

toyagamori7.jpg
西側からの道は太陽光発電所への資材搬入道路として整備されていた。
反対側から入ってくれば、ここまで車で来られたみたい。

toyagamori8.jpg
さてと、どこから取り付けば良いんだろう。

toyagamori9.jpg
おっ!これはどう見ても登山口じゃないか!早速入ってみよう。

toyagamori10.jpg
荒れてないし歩きやすい道だ。

toyagamori11.jpg
登り切ったところは尾根で、山頂はもっと右(西)にあるらしい。

toyagamori12.jpg
狭い山頂の真ん中に標石を発見。

toyagamori.jpg
どう見ても四等。

toyagamori13.jpg
一応アップ画像。

toyagamori14.jpg
標識番号は023988。

toyagamori15.jpg
上面です。
東側と南側の保護石がありません。南側の地面に開いている小さな穴のようなものは撮影のために一時的に抜いた木杭の跡です(後で戻しました)。

toyagamori16.jpg
上面のアップです。

toyagamori17.jpg
山頂はとても狭く、ここに四等以外の標石が無いことはすぐに分かった。少し大きめの石が2つ転がっているが、これは亡失した保護石のような気がする。
この四等周辺でピークらしいピークはここしかないので、ここに仙鉱が無ければ今回のミッションは終了ということになる。四等を設置する際に撤去されたのか、それとも三本木には元々仙鉱が設置されなかったのか。もしあるとすれば誰かが偶然見つけるまで待つしかないかな。(←お前が探せよw)
[鳥屋ヶ森(四等三角点)]の続きを読む
2019/04/06(土)
大郷町の大郷町役場の北西9.5km付近、大崎市境近くにある四等三角点。
※この記事は“三森山”の続きです。

前回、もしかしたら大崎市三本木の亜炭鉱跡付近に仙鉱三角点があるのではないかと思い、周辺の四等三角点を探してみたものの結局見つけることが出来なかった。今日は前回予定していた4ヵ所のうち、時間の都合で行けなかった残りの2ヵ所へ行ってみようと思う。

ashinokuchi1.jpg
今日も三本木の道の駅前からのスタートである。R4下り線の画像の交差点を右折して、県道56に入る。

ashinokuchi2.jpg
県道56を2.5kmくらい南下し、画像の所で左折する。

ashinokuchi3.jpg
農道のような道は民家の生活道路として使われているようで、未舗装だが車でも問題なく進める。
三角点へは赤矢印のルートで行けば良いはず。荒れている様子も無く、見た感じではそのまま車で行けてしまいそうだ。

ashinokuchi4.jpg
…と思ったら、やっぱりこれですか。
車はここに置いて徒歩で進む。

ashinokuchi5.jpg
チェーンの先の道も特に荒れてはいない。地元の農耕用の車両が出入りするんだろう。

ashinokuchi6.jpg
三角点がある尾根へ行く道は…これかな?

ashinokuchi7.jpg
山道を登り、尾根に到達。ここを左へ行けば良いんだな。

ashinokuchi8.jpg
作業道跡と思われる道を北東へ進み、三角点への入口を探す。GPSを見ると三角点より少し行き過ぎた辺りに右へ入っていけそうな道があった。

ashinokuchi9.jpg
標石発見。
たぶん四等だろうな。

ashinokuchi.jpg
やっぱり四等でした。保護石が立派です。

ashinokuchi10.jpg
等級面(南面)のアップ。
北面の標識番号は埋まっているのと保護石が邪魔で読めないため省略。

ashinokuchi11.jpg
上面です。
東側の保護石の位置が良くないですね。バランス悪いです。

ashinokuchi12.jpg
上面のアップ。
この後、三角点周辺を探してみましたが他に標石らしき物は見つけられませんでした。


前回、三本木亜炭記念館で見た資料によれば、この付近に黒川炭鉱があったそうだ。なので四等のそばに仙鉱が無くても、近くのピークにはありそうな気がする。

ashinokuchi14.jpg
作業道跡に戻り、まずはピークのほうへ向かう。
途中に怪しそうな所があれば、その都度確認しながら進む。

ashinokuchi15.jpg
正面のピークがAピークのようだ。早速登ってみよう。
それにしても似たような画像ばかりで訳が分からなくなってきたな…。

ashinokuchi16.jpg
うーん、無いなぁ…。
次行くか。

ashinokuchi17.jpg
ピークはこの上みたいだな。

ashinokuchi18.jpg
ピーク。
見通しは良いんだけど標石らしき物は無し。

ashinokuchi19.jpg
先ほど下の車道から登ってきた所まで戻ってきた(右へ行くと車道)。
ここを直進するとすぐに道が無くなる。この先へ行くには斜め左の藪に飛び込むのが正解のようだ。

ashinokuchi20.jpg
車道へ降りる道との分岐より荒れた作業道跡を150mほど進み、ピークの付近まで来た。
路肩の境界杭に赤白ポールが立てられている。すぐ東で行われている工事の測量で使ったのだろう。
その赤白ポールの所から右へ入った辺りがピークみたいだ。

ashinokuchi21.jpg
ピークにもやっぱりありません。 orz
先述の通り、途中で気になる所も数ヶ所探しましたが見つけられませんでした(8枚上の地形図の上にマウスカーソルを持って行くと位置が表示されます)。
[芦ノ口(四等三角点)]の続きを読む