標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/08/27(日)
登米市役所中田総合支所の北700m付近、八幡揚水機場敷地内にある四等三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。
※この記事は“小倉”の続きです。

次は番号順通りに「宮 6」“堂山”へ行きたいところだが、地図を見ると位置的にどう考えても「宮 10」“舘”へ先に行った方が良さそうだ。次が終わったら昼飯の時間くらいになるはずなので、飲食店が多そうな佐沼方面へ行くのにも都合が良い。

点の記によると、“舘”は平成13年に近くから揚水機場(ポンプ場)の敷地内に移転されている。「旧位置より南東約232m」の位置へ移転されたようなので、元の位置はこの辺りだろうか?恐らく道路工事か何かで移転したのだと思われるが、標石を交換したようなことは書かれていないので「宮 10」の標石がそのまま残っているのではないかと思われる。いや、残っててくれ。
但しやっぱりというか、お約束というか、埋設法(設置区分)の欄に「地下 上部舗装」と書かれている。これは標石の上面しか見られない状態、つまり肝心の「宮 10」が確認できないということを示している。運が良ければ舗装面と標石との間に隙間があって何とか見られることもあるけど、そうだったとしても移転が今から16年前のことなので隙間が埋まってしまっている可能性が高い。…まぁ今回は取りあえず標石だけでも拝めればいいか。

ところで“舘”という点名は結構ありがちで、以前同名の点に行ったことがあると思っていたんですが、調べてみると今まで「館山」や「舘山」なら数ヶ所行ってるのに「舘」は何と初めてでした。ちょっと意外。

tate1.jpg
先ほど“小倉”へ行くときに車を駐めていた交差点に戻ってきた。【現在地
ここを右折して南へ向かう。

tate2.jpg
600mほど進み、画像の交差点を左折。【現在地
目の前の建物もポンプ場だけど、当然ここではない。

tate3.jpg
道なりに2.4kmほど進み、ここを左折。【現在地

tate4.jpg
あとはポンプ場まで一直線。【現在地

tate5.jpg
ポンプ場に到着。後はフェンス沿いに進めば、北西角から2mのところに標石があるはず。いやぁ楽勝だな。
このポンプ場、点の記には「桜場揚水機場」と書かれていますが、現在は「八幡揚水機場」に名前が変わったようです。何となく建物も新しめなので、改築した際に名称変更したんでしょうね。

tate6.jpg
おやっ!?
これ、どう見ても標示杭だよね?何でこんなところにあるわけ?なんかもの凄く嫌な予感がする…。

tate7.jpg
フェンスの北西角から2mのところに標石が…無ぇぜ!!!
いや待て、きっと砂利の中に埋まってるさ。フェンスの角からメジャーで測ってスコップでガシガシ…

無いじゃん。うそっ。何これ。
さっきの転がってた標示杭ってこういうことだったのか…。 orz

もしかして、改築した際に勝手に標石を引っこ抜いたか、かさ上げして地中深くに埋まっちゃったとかか?

tate8.jpg
点の記を見ると建物の角から13.6m、画像のコンクリート構造物の角から13.2mとも書いてある。建物は変わってるかもしれないけど、これは昔のままっぽいな?
念のため測ってみるか。

tate9.jpg
13.2mって、この辺だよな…。
おぉっ!さっきのフェンスの角よりずっと手前だぞ!これはもしかして…

tate10.jpg
周辺を掘ってみると…

コツン!
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

tate11.jpg
あぁ良かった。これって敷地が西へ少し拡張されて、フェンスの位置が変わったということかな?
せっかくなので、転がってた標示杭をそばに立ててみました。(撮影後、元のところに戻しました)

tate.jpg
上面です。
県名表示の標石なのか確認できないのが残念。でも見た目、新しい石では無かったので、恐らく昭和26年当時の物だと思います?

tate12.jpg
コンクリート構造物の角から13.2m (点の記の通り)

tate13.jpg
フェンスから1.25m

tate14.jpg
フェンス北西角からは5.15m でした。

それにしても標石を埋めてしまうなんて酷い業者ですね!!
まぁ、私も帰りにまた埋めてきたけどね…。
[舘(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト
2017/08/27(日)
登米市中田町の石ノ森章太郎ふるさと記念館の北3km付近にある四等三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。

次は、登米に来た本来の目的地へ向かうことにしよう。

以前、登米市石越町の四等三角点“山寺”へ行ったとき、標石の裏側に「宮 37」と彫られているのを確認したことがありました。他にも栗原市の図根点“山の神”で「宮 15」。同様に図根点“打越”でも「宮 11」(本来は「宮 23」詳細は記事参照)と彫られているのを確認しています。

“山寺”の記事でも少し触れましたが、舘沢省吾氏によると、この標石の裏の「宮」は宮城、つまり県別の表示で戦後のごく短期間に設置された四等三角点や図根点に刻印されているものだそうです。
戦後、戦災復興の目的で四等サイズの等級無し三角点標石が全国に設置された後、昭和26年から30年頃までの短い期間、標石の裏に県別表示と1から始まる通し番号が付いた四等三角点が設置されました。(ただし県別表示は東北地方だと青森・秋田では採用されなかったそうです)
昭和30年からは全国共通の6桁の番号(標識番号)が刻印されるようになり、現在に至っています。
※この辺の事柄は上西勝也氏のページにも書かれています。

宮城県の四等三角点標石第1号「宮 1」は“八幡山”(昭和26年10月3日設置)という点名で存在していましたが、廃点になったようです。「宮 2」の“粧坂”も廃点され、結局現存する最古の番号は「宮 5」のようです。…ん~、何か昔のナンバープレートみたい。

今回はその「宮 5」以降に残っている点の古い順から「宮 5」“小倉”、「宮 6」“堂山”、「宮 10」“舘”の3点へ行こうと思います。ちなみにこの3点とも、登米市に存在しています。

kokura1.jpg
…というわけで、まずは“小倉”へ向かう。先ほど佐沼城址の内務省標石つながりで小倉山の話が出ていましたが、ただの偶然です。
その佐沼城址(鹿ケ城公園)より、県道36→県道200を経由し、石ノ森章太郎ふるさと記念館より300mほど進んだところにある画像の交差点を右折する。【現在地

ちなみにここの地名は登米市中田町石森(いしのもり)で、石ノ森章太郎のペンネームもこの地名から来ているそうですね。これから行く三角点のある山の所在地も中田町石森字小倉です。

kokura2.jpg
交差点を右折後、県道130を3kmほど進み、ここを右折。【現在地
右へ行く道路は最近出来たばかりらしく、2017年8月の時点で地形図には載っていない。

kokura3.jpg
「新道」を500mほど進むと画像の十字路がある。【現在地
その少し手前に旧道跡があるので、右側の空き地に車を駐め、左の方へ行く。

kokura4.jpg
ここを左へ行き、山沿いの集落に入る。【現在地
遠くに、以前行った二等“高倉”のすぐ近くにあった中継所の鉄塔が見える。(実は2つ上の画像にも写ってます)

kokura5.jpg
これが点の記に書かれている天満宮の鳥居だな。【現在地
早速登ってみよう。

kokura6.jpg
えっ!?【現在地

kokura7.jpg
何じゃこりゃああああ!!!【現在地
※これでも神社の参道の階段です。

kokura8.jpg
参道の階段を無理矢理登り切ると、小さな祠があった。入口の鳥居を見て、それなりの社があるのかと思ったが期待外れである。【現在地
点の記の要図の通り右奥に道らしきものがあったので、そちらへ進んでみる。

kokura9.jpg
うーん、道なんて無いぞ。確かに点の記にもそう書いてあったけど。適当に登るしかないな。【現在地

kokura10.jpg
もうすぐで山頂のはずなんだが…。【現在地

kokura11.jpg
あった!【現在地

kokura.jpg
標石です。
見た目、最近の四等と変わりありません。

kokura12.jpg
東面「基本」

kokura13.jpg
北面「宮 5」
キター!これぞ最古四等の証し!!
とはいえ、それでも昭和26年ですから一等~三等の大半が明治なのに比べると最近の物なんですけどね。それにしてもこれ「5」のはずなんだけど、何となく「6」か「8」に見えなくもないな…。点の記に「第5号」って書いてあるから「5」ということで良いかな。

kokura14.jpg
西面「地理調」
四等標石としては、これが書いてあるだけでもレアですねー。

kokura15.jpg
上面です。
十字マークの左上に黄色い印が付いてますが、ICタグでは無さそうです。

やっぱり、こういう所は夏に来ちゃダメですね…。
[小倉(四等三角点)]の続きを読む
2017/08/06(日)
松島町のJR東北本線松島駅の南450m付近、花ごころの湯新富亭敷地内にある四等三角点。

ある日、閲覧サービスを見ていた時、何気なく松島町の新富亭付近にある四等“道珍浜”の詳細を確認したら点の記が更新されていた。

実は“道珍浜”は以前、…といっても結構前だった気がするが、一度探索しようとしたことがあった。昭和54年頃に調製された(昭和53年12月現況確認)点の記の要図には新富亭(当時は「ホテル新富」)の南東側の丘の上にあるような事が書かれていたのですぐ見つかると思っていたのに、現地へ行ってみるとそのような丘は見当たらず、近くにある新富山でもないようなので結局記事にもしなかった。

今回、新しくなった点の記を確認すると三角点は丘の上ではなく新富亭の建物のそばにある。移転はしていないようなので、三角点がある山頂部分のみ残したような感じか。さらに地形図で新富亭の建物の形を確認すると、まるで三角点を避けるかのように建てられている。不自然なL字型になっているのはそのためだろうか。この状況は以前の点の記と大分異なっている。そもそも以前の要図は方角がデタラメで上が北だと思うと混乱する。これでは当時見つけられなかったのも納得できる。

新しい点の記を見た感じでは今度こそ見つけられそうだし、インパクトがある点名(笑)なので早速行ってみることにした。

douchinhama1.jpg
松島海岸よりR45を北へ1kmほど進んだところにある消防署の所を左折する。【現在地

douchinhama2.jpg
250mほど進むと道路右側に新富亭の駐車場が続く。まだ建物が見えてこないので、車でもう少し進んでみよう。【現在地

douchinhama3.jpg
この建物みたいだな。【現在地
確かに以前この辺りをうろついた覚えがある。
点の記を見ると、ここから左へ入っていけば良いようだ。車は近くに駐めさせてもらうとするか。

douchinhama4.jpg
これ…だよな?【現在地
予想通り、山の山頂だけをコンクリートの擁壁で囲い、無理矢理残したような感じだ。もしこれが三角点の保護のためだったとすれば、新富亭の社長さんえらい!

douchinhama5.jpg
山の上へ登るための階段って…まさかこの非常階段!?
てっきり専用の階段があるのかと思った。

douchinhama6.jpg
3階から山頂に橋みたいなのが架けられて繋がっている。凝ったことしてるなぁ…。


おおっと、これじゃ山頂へ行けないじゃないか。
よく見ると扉の右側にあるロックは鍵がかかっていない、ただの打掛だったので簡単に開いてしまった。(画像の上にマウスカーソルを持って行くと開きます(笑))
何かの災害時に宿泊客が間違って三角点のほうへ行かないように扉を付けているんだろう。

douchinhama8.jpg
標示杭を発見。
何か妙な気分だな。

douchinhama9.jpg
標石も発見。
山頂はこんな感じなのか。要図の石碑と書かれている所に石碑は無かったがその土台のようなものが残っており、そのそばには御幣(※)が挿してあって神様を奉っているようだ。山頂だけ残した本当の理由はこれだろうか。

※ヒラヒラの紙(紙垂)を棒につけたもの

douchinhama.jpg
標石です。ICタグ付き。
点の記には保護石2個と書かれているのに標石と標示杭の間に写っている石(転がっているだけ)があるだけで、保護石の役目をしているものは無かった。

douchinhama10.jpg
せっかくなので等級面のアップ。
ただの四等標石です。手前の地面にフォーカスが合って肝心の標石がボケボケ(いつもだけど)。

douchinhama11.jpg
裏面(北面)も。
標識番号012073

douchinhama12.jpg
上面です。
[道珍浜(四等三角点)]の続きを読む