FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/08/05(日)
岩沼市のグリーンピア岩沼内、東京第一ホテル岩沼リゾートの北600m付近にある四等三角点。
※この記事は“土平”の続きです。

次は四等の“黒森”へ向かう。
「黒森」は山の名前として結構ありがちな名前だと思う。当ブログの記念すべき第1回目探索の2ヵ所目がそうだし、亘理と角田の境にある一等も黒森山である。どちらも初期の記事で私にとってかなり印象に残っている点であり、点名だ。なので「黒森」と名の付く点はちょっと気になるのである。

kuromori_i1.jpg
先ほどの所より画像の県道25と39の交点まで戻り、右折して、県道39をR4方面へ南下する。

kuromori_i2.jpg
一つ上の画像の交差点より南へ2.3kmくらい進み、画像の交差点を右折する。

kuromori_i3.jpg
右折すると「グリーンピア岩沼」のアーチがある。以前とデザインが変わったような気がするなぁ。
左の「i」を図案化したマークは岩沼市章かと思っていたら、どうやら違うらしく「岩沼市が目指す将来像」を表してるみたいですね。※具体的なことは、これ(pdf注意)を参照。

kuromori_i4.jpg
アーチの所より900mほど進むと、何やら料金所のようなものが。
以前は入場料を取っていたみたい(たぶん)ですが、今はスルーして良いみたいなのでそのまま通過。
ちなみに「黒森」という地名はこの付近のことらしく、三角点がある所は点の記に書かれている通り「三色吉」が正しいようです。

kuromori_i5.jpg
料金所跡より約600m、3つ目の溜め池のダム上の道が三角点への入口のようだ。
が、ここからだと少し遠いような気がするので、もう少し先の別の所から行こうと思う。

kuromori_i6.jpg
一つ上の画像のダムより、さらに350mほど進む。
地形図を見た感じでは、ここから入っていくのが一番近いような気がする。なお、ここから先は一般車両が入れないようになっているので、入口の角に車を駐めて徒歩で行くことになる。

kuromori_i7.jpg
入口より坂道を70m登ると、立派な公衆トイレがある。
ところがなんと、使用出来ないではないか!冬期ならまだ分かるが最も使用者がいると思われる夏期に閉鎖しているとはどういうことだ。小さいほうならまだしも、Bigなほうはそこら辺で野○をしろとでも言うのか。
…まぁトイレの件はひとまず置いといて、周りを見回すが舗装道路はここで終わりらしい。良く見ると近くに「ノルディックコース 上・中・初級者 もみの木の道へ」と左へ進むように書かれている道標があったので、素直にここを左へ行ってみる。

kuromori_i8.jpg
道標の通り、U字溝のフタの上を進み、突き当たりを右へ行って階段を登ると別の舗装道路に出た。これが例の「もみの木の道」のようだ。
三角点へは、ここを右へ行けば良いみたい。

kuromori_i9.jpg
それにしても今日は暑いなぁ…。

kuromori_i10.jpg
階段より230mくらい進むと地形図に描かれている通り、分岐があった。ここを右へ進めば良いはずだ。

kuromori_i11.jpg
分岐にあった「自然散策マップ」を良く見ると、これから行こうとしている三角点がちゃんと描いてあった。親切だなぁ。ところでこの「(大平)」って何ですかね…?もし点名のつもりだったら間違ってますよ~。

kuromori_i12.jpg
右へ曲がったとたん、今までいなかった蚊が急に出てくるようになった。茂みから出てきたのだろうか。腕を振ったりして蚊と格闘しながら進む。

kuromori_i13.jpg
おっ、どうやらこの上っぽいな。

kuromori_i14.jpg
標石と斜めになった標示杭を発見。

kuromori_i15.jpg
標示杭は根本付近で真っ二つになっていて、中に木の棒が入っていました。草刈り機でやっちゃったんでしょう。ありがちですね。

kuromori_i.jpg
標石です。

kuromori_i16.jpg
上面です。
[黒森(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト
2018/07/15(日)
仙台市太白区秋保町の秋保温泉入口覗橋の北1.7km付近にある四等三角点。
※この記事は“細工屋”の続きです。

次は元々予定していた「もう一カ所」の所、“田沢”へ行く。先ほどのと同様に行きやすい三角点だからという単純な理由だ。
このクソ暑さでは山に登ったり藪漕ぎ(さっき少しやったじゃん)なんてやってられない。というか今日はあくまでも用事のついでなので(既に「用事」と「ついで」が逆転しているような気もするが…)、簡単に済むところでないと本来の予定に影響してしまう。

tazawa1.jpg
先ほどの所より県道160号を秋保温泉方向へ7kmくらい進むと、磊々峡に架かる覗橋の所に出る。画像の丁字路を左折し、県道62に入る。

tazawa2.jpg
300mほど進んだ後、すぐ右折して県道132へ。

tazawa3.jpg
1.5kmほど進むと、三角点への入口がある。
どうやらバリケードが設置されているみたいだな。

tazawa4.jpg
車の置き場に困るのでバリケードをちょっと移動させて中へ入らせてもらいますよ。

tazawa5.jpg
この道は、たぶん県道132の旧道なんだろうな。昔通ったことがあったような気もするけど、こんな狭かったんだ。

tazawa6.jpg
画像からは分かりづらいかと思うが、右の方へ道が続いている。
点の記の要図に書かれている位置関係を素直に信じれば、三角点は画像左側の奥にあるはずだ。

tazawa7.jpg
雑草で少し分かりづらかったけど、標示杭発見。

tazawa.jpg
標石です。
保護石が良い感じに苔むしてますね。

tazawa8.jpg
等級面のアップ。

tazawa9.jpg
なんとなく標識番号の面も。
…と思ったら、よーく見ると点の記に「第043699号」と書かれているのに「043 669」と彫られているではあーりませんか!さて、点の記が正しいのか標石が正しいのか…?たぶん点の記を作成した人のミスでしょうけど。

tazawa10.jpg
上面です。ちゃんと保護石が4つありますね。

tazawa11.jpg
上面のアップ。ICタグ付きです。
[田沢(四等三角点)]の続きを読む
2018/07/15(日)
川崎町の釜房湖畔北側にある四等三角点。

今日は秋保付近に用事があるので、そのついでに三角点探しをしようかと思う。

saikuya1.jpg
まずは釜房ダム近くにあるという、四等“大平山”へ向かう。
R286を山形方面へ向かい、釜房ダムの手前1.3km付近の画像の分岐より右斜め方向へ進む。

saikuya2.jpg
800mほど進み、右カーブの所をそのまま真っ直ぐ20mくらい進んだ道路右脇にあるはずなんだが…
何か入口にバリケードが設置されている。すぐ左側には工事事務所っぽいものが。黙って進入したら何を言われるか分からない。今日は暑いし、いちいち許可を取るのも面倒だ。今回は無難にこの点はパスしよう。(適当だなおい)
“大平山”へ行くのは初めから無かったことにして、道なりに右へ進む。

saikuya3.jpg
右カーブの所より400m進むと十字路がある。
今日予定している目的地は先ほどパスした“大平山”ともう一カ所だけで、ここを右折すればいいのだが、昨日閲覧サービスで気になっていた点が近くにあるので、急遽そっちへ行ってみることにした。資料は準備してきてないが大体の位置は覚えている。
なので、ここを左折する。

saikuya4.jpg
左折した先は県道160号で片側1車線なのだが…

saikuya5.jpg
釜房湖の沿岸付近になるとセンターラインが消え、県道らしからぬ狭い道になる。所詮宮城県道だし、こんなもんか。

saikuya6.jpg
3つ上の画像の十字路より2.2kmくらい進むと三角点の近くに到達する。
ここの点名は“細工屋”といい、なかなか面白い名前なので気になっていたのだ。所在地が「細工小屋」という地名のため、この点名にしたみたいだけど、だったらそのままでも良かったのになぜ「小」を取ったんだ?

saikuya7.jpg
幸い、先ほどのようなバリケードや柵などは無いようなので、ためらうこと無く藪へ突入。

saikuya8.jpg
いかにもな赤白ポールがあるぞ。

saikuya9.jpg
赤白ポールの近くに標示杭を発見。
肝心の基準点が見当たらないので近くを足で探っていたところ、上面舗装のようなのを見つけた。

saikuya10.jpg
最近設置された四等らしく、標石ではなく軽量標識に金属標を付けたものでした。
ちなみにパスした“大平山”は、ここと設置時期と設置者が同じなので、ほぼ同じ物があると思います。

saikuya11.jpg
標石や軽量標識の向き(東西南北)に対して上面舗装をわざと斜めにしてあるのは何か意味があるのかな?上面舗装は道路の向き(土地の向き?)に合わせているとか?

saikuya.jpg
金属標のアップです。
[細工屋(四等三角点)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。