標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/08/27(日)
登米市迫町佐沼の鹿ケ城公園(佐沼城址)内にある内務省標石。
※この記事はcaz3氏からの情報を参考にしています。

先日、caz3氏より「佐沼城址に内務省標石と似たような標石がある」との情報を得た。caz3氏の友人が偶然発見したもので、小倉山にあった物とそっくりな石材・字体で「内務省」と書かれた標石らしい。おぉこれはかなり興味あるぞ!
ちょうど別件で登米へ行くつもりだったので、早速そのついでに見に行ってみることにした。

tomewakuya_n1.jpg
三陸道登米ICより県道36を経由して旧迫町の佐沼に来た。【現在地
画像の交差点右奥が歴史博物館と佐沼城址である。

余談ですが、佐沼はあのウジエスーパーの本拠地だけあって、店も道を走るトラックもウジエだらけで驚いた(笑)。

tomewakuya_n2.jpg
交差点を右折後すぐ左折し、駐車場に車を駐める。【現在地

tomewakuya_n3.jpg
この右奥が目的地の佐沼城址だ。【現在地

tomewakuya_n4.jpg
ここが入口みたいだな。【現在地
駐車場にも入口の階段がありますが、ブログの記事にする際見栄えが良いのでわざわざこっちに来ました(笑)。

tomewakuya_n5.jpg
本来であればこれからこの公園内を歩き回って標石探しをするんですけど、caz3氏より送って頂いた画像を見て既に位置を特定していたので標石の方へ一直線。うーん、何かズルした気分。【現在地

tomewakuya_n6.jpg
標石はあの神社の建物の脇にあるはずだ。【現在地

tomewakuya_n7.jpg
あった!

tomewakuya_n.jpg
標石です。
確かに小倉山のとそっくり。というか同じ物ですね。こんな所でまたお目にかかれるとは。
実はこの画像、この時(朝9時頃)撮ったものではありません。この時は太陽光線の角度が悪くて、標石の字がハッキリ読めませんでした。ところが後で標石の経緯度を測っていないことに気付き、昼食のため佐沼へ戻って来た際に再度行った時撮ったものです。おかげで良い画像が撮れました。どうやら私が昼食後に来た1時間後に、ゆう氏もここに来たみたいですよ。

tomewakuya_n8.jpg
「内務省」
こちら側が西を向いています。

tomewakuya_n9.jpg
南面。何も彫られていないようです。

tomewakuya_n10.jpg
東面(裏面)。「R41」と彫られています。
誰かがいたずらで下に一本線を追加したため何となくB41と読みたくなりますが、R41で間違いないでしょう。
小倉山のと同様にアルファベット+数字の組み合わせです。何なんでしょうね?
※この面以降は、この時(朝9時頃)撮った画像です。

tomewakuya_n11.jpg
北面。南面と同様に何も彫られていないようです。

tomewakuya_n12.jpg
上面です。手前側が「内務省」の面です。
十字マークなので測量標の可能性が高いと思うんですけどね…。

標石の大きさは15.4x15.0cmの5寸角で、この状態での高さが85.5cm、本来露出する部分の高さが34.0cm
十字マークの大きさは11cmでした。

この標石についてcaz3氏より「昭和初期(戦前)に新江合川・迫川が開削されたときに用いられた測量測点なのではないか」とのコメントを頂きました。
確かにどちらも河川の近くにある高台に設置されていますし、どちらも標石から河川を見た場合、手前側の面が「内務省」です。caz3氏の説の通り、これが河川工事の際の測量標、つまり河川測量標だった可能性は大いにあると思います。裏面の番号は河川に沿って連番になっているのでしょう。
この手の物は宮城縣標石(三角標)でよく見かけますが、この標石の設置者は県では無く、内務省つまり国です。これは河川工事の事業主体が国か地方自治体かの違いによるものではないでしょうか。

何か今回は色々と新しい発見があったような気がします。caz3さん、情報ありがとうございました。
[登米佐沼城址 内務省標石]の続きを読む
スポンサーサイト
2017/08/06(日)
七ヶ浜町の町民総合スポーツセンター内、町民プールそばにある電子基準点(地殻変動観測点)。

閲覧サービスを見ていたら、七ヶ浜町内にいつの間にか電子基準点が設置されていたので、松島へ行ったついでに寄ってみることにした。
点名の頭に「S」が付いているので普通の電子基準点ではなく、割と最近よく見かけるようになった地殻変動観測点のようだ。「S付き」は以前網地島で見た“S石巻”以来となるが、さてどんなのが設置されているんだろうか?

s_shichigahama1.jpg
塩釜港付近より県道23(産業道路)に入り、貞山堀沿いに南下。右手にホーマックがある交差点を左折して橋を渡る。【現在地

s_shichigahama2.jpg
県道58を道なりに(途中、2ヵ所ほど紛らわしいY字路あり)2.5kmほど進み、画像の交差点を右折。【現在地

s_shichigahama3.jpg
400mくらい進んで左折。【現在地

s_shichigahama4.jpg
すぐ右折。【現在地

s_shichigahama5.jpg
ここを左折。【現在地

s_shichigahama6.jpg
すぐ見つかりました。【現在地

s_shichigahama.jpg
形状は網地島で見た物と同じだけど、茶色い塗装はされておらず無地のステンレスのまま。こっちの方が電子基準点っぽくて良いかも。

s_shichigahama7.jpg
プレートは防護柵に付けられています。珍しいかも。
相変わらず点番号の表記は無し。
「地殻変動観測点」とは書いてありますが、点の記には「電子基準点」としか書かれていません。どちらもほぼ同じ物のはずなので、当初、地殻変動観測点として設置した物を最近は電子基準点とみなしているのではないかと思います。確か最近、電子基準点の数を増やすとか何とかいう話を聞いたことがあるので、こうした方が都合良いのでしょう。

s_shichigahama8.jpg
付属標です。
点番号は No.06S059 で、付属標なのに末尾にAが付いていません。本体側の番号ですね。
ん?06って事は2006年?点の記を見ると…ホントだ、選点が平成18年(2006年)になっている。ということは、以前からあったけど閲覧サービスに出てこなかったってだけのようですね(“S石巻”は平成17年の選点)。←実は気付いてなかった
つまり、地殻変動観測点が電子基準点に「昇格」したため、閲覧サービスにも出てくるようになったと。こんな感じなのかな?

ちなみに付属標は他の電子基準点と同様に三等水準点“06S059A”としても使われているようです。

s_shichigahama9.jpg
点の記の要図には基準点より16.3mの位置に「参照点」というのが記載されています。
その参照点って、もしかしてこの看板の右上なのかな?何でこんな所にしたんだろ?
[S七ヶ浜(電子基準点・地殻変動観測点)]の続きを読む
2017/07/02(日)
七ヶ宿町の傾城森山頂にある山林局補点。

先日、宮城県も梅雨入りしたそうだが今日は晴れるようだ。梅雨の合間の貴重(?)な晴れなので、どこかへ行きたいけど良いネタが思い浮かばない。いろいろと考えているうちに、七ヶ宿町の傾城森にある四等“東谷地山”のさらに上へ行ったところに山林局の補点があると、誰かがレポートしていたことを思い出した。以前すぐ近くまで行っておきながら、山頂まで行かなかったため見つけられなかった点だ。
ええっと、確か山形の「三角点の記録だにょ」さんだったっけな(→記事)。…検索してみると、あれ?最近ゆうさんも行ってるのか

以前行った時は山の裏側から車で行き、徒歩3分ほどで三角点の所に着いたのだが、今回はそんなズルはせずにちゃんと登山道を登ろうと思う。 本当は友人Kの軽四駆車の都合が付かなかっただけだったりする(笑)

keiseimori_h1.jpg
最近移転した道の駅からR113を山形方面へ1kmくらい進み、橋を渡ったところに傾城森の入口がある。【現在地
ちょっと分かりにくいな。

keiseimori_h2.jpg
建設会社の駐車場に車を駐めるのかと思ったら、斜め下へ下りる道路があった。【現在地

keiseimori_h3.jpg
恐る恐る進んでいくと、見覚えがある赤い吊り橋と広い駐車場があった。…けど、誰も来ていないみたい。【現在地

keiseimori_h4.jpg
早速吊り橋を渡る。【現在地

keiseimori_h5.jpg
登山道というか遊歩道はちゃんと整備されているようだ。雨上がりということでトレッキングシューズを履いてきたけど、普通の運動靴で良かったかな。【現在地
道標を見ると手前のピークは山伏森という名前らしい。目的地の傾城森までは620mか。うーん、微妙な距離だな。

keiseimori_h6.jpg
山伏森との分岐。道標に従い、ここを右へ進む。【現在地
※ コースが変わったのか、一つ上の画像の辺りから地形図上の点線道と現在位置(トラックデータ)が合わない。そういえばR113から吊り橋以外合ってなかったっけな。

keiseimori_h7.jpg
尾根上に見覚えがある看板が。【現在地

keiseimori_h9.jpg
“東谷地山”の標示杭とプラ製軽量標識+金属標を約7年ぶりに確認後、まだ未踏の山頂へ向かう。【現在地

keiseimori_h10.jpg
地形図の等高線通りに先ほどよりも斜面が急になるが、階段が整備されているので問題無い。【現在地

keiseimori_h11.jpg
さて、そろそろ山頂が近いはずだけど標石はどこかな?【現在地

keiseimori_h12.jpg
あった!【現在地
標石は最高点付近に設置されている。先ほどの四等“東谷地山”は、なぜここに設置されなかったんだろう?

keiseimori_h.jpg
標石です。

keiseimori_h13.jpg
「補點」

keiseimori_h14.jpg
反対側に旧山林局の山マーク。
左右側面には何も彫られていないようでした。

keiseimori_h15.jpg
上面。
十字マークが国地院の三角点標石よりも小さめ。(4cmくらい)

標石の大きさは 13.7x14.0x17.5cm(4.5寸角?)という、ちょっと中途半端な大きさ。国地院の二等・三等標石と四等標石の間くらいですね。

keiseimori_h16.jpg
補点がある場所の先には、いわゆる「山頂」がありました。
標高からいえば補点の所が山頂で、祠があるここは展望台といった感じです。


2017/09/17 (日)

福島の一等“屹兎屋山”と同様に傾城森の山林局補点標石にもマジック書きしましたので、本日消しに行きました。

keiseimori_h17.jpg
“屹兎屋山”と同じ水性顔料のマッキーを使ったため、こちらも台所用洗剤を歯ブラシに付けてこすり落としました。

keiseimori_h18.jpg
旧山林局マーク。
一見、落ちきってないように見えますが花崗岩の模様です。

keiseimori_h19.jpg
上面です。

(2017/9/17追記)
[傾城森山林局補点]の続きを読む