標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2018/04/08(日)
山元町の常磐道山元南SIC入口交差点の南西1.7km付近、音羽山山頂にある三等三角点。
※この記事は“地蔵森”リベンジ編の続きです。

今日は“地蔵森”のリベンジに来たのだが、もし到達できなかった時のために予め別のネタを用意していた。と言っても特殊な標石とかではなく、同じ阿武隈山地の稜線上にある普通の三角点である。地蔵森の北2km付近の無名のピーク上にある三等三角点で、点名は“大日向”というらしい。最近行っているような福島県境上にあるものではなく、丸森町と山元町の町境上にある県内の三角点だ。

昭和44年調製の点の記によると、坂元駅より西方へ進んだところにある小斎峠から南西に0.3km進んだ辺りから登るようなことが書いてある。坂元駅から小斎峠への道は現在の県道44だ。幅員は拡幅されているかもしれないが、峠付近の線形などは当時のままのようである。問題はその「小斎峠から南西に0.3km」のところにあるという登山口がどこなのか。峠から300mの位置は大体ここになるはずだが、地形図には「点線道」(徒歩道)が描かれていない。稜線は町境上にあるはずで、道もほぼそれに沿っていると思われるが町境からも外れているし、Googleストリートビューを見ても、それらしい入口は見当たらない。

そこでネットで検索してみたところ、SONE氏の記事がヒットした。

峠の角田市側に広い路側帯があり、そこが金華山への登山口になっている。

金華山とは牡鹿半島の先にある島のことではなく、小斎峠のすぐ南東にある山の名前らしい。ストリートビューで確認すると確かに広い路側帯(待避所?駐車帯?)がある。記事にはその路側帯からの登山口が写った画像が載っているので間違いは無い。どうやらストリートビューの画像では藪で埋もれているようなので、秋から春にかけて草木が枯れている時期でないと無理なのかもしれない。なら今の時期が最適だろう。

今日は結果的に“地蔵森”へ簡単に行けてしまい、体力にも余裕があるので、ついでに行ってみることにした。

oohinata1.jpg
R6へ戻り、JR坂元駅入口交差点の1つ北側(橋を渡った先)にある交差点を県道44へ左折し、西へ向かう。

oohinata2.jpg
R6交差点より、約4.5kmで小斎峠に到達。
ここを道なりに丸森方面へ進む。

oohinata3.jpg
峠から200mほど進むと…あった!
登山口らしきものもあるぞ。

oohinata4.jpg
やっぱり登山口だ。入口はきれいに刈り払われていて、ちゃんと目印まで付けてある。親切だなぁ。

oohinata5.jpg
県道から一気に尾根まで登る。この尾根が町境のようだ。
ここを右折する。

oohinata6.jpg
画像左上が金華山の山頂のようだが、道は山頂を避けるように右へ延びている。

oohinata7.jpg
金華山の尾根に到達。ここも右折。
左へ少し行けば山頂なので何か標石のような物は無いかと見に行ってみましたが、特に何もありませんでした。

oohinata8.jpg
うわぁ、せっかく登ったのに一気に下ってる~!
ちなみに点の記の要図には、県道からこの下の峠へ直接登ってくるようなルートが描かれています。無駄が無いですね。

oohinata9.jpg
三角点があるピークの一つ手前のピークに到達。ここにも標石は無し。
このピークは無名のようですが、三角点がある音羽山の一部として扱われているのかもしれないです。

oohinata10.jpg
イヤ~ン、また下り~!!

oohinata11.jpg
これを登りきれば山頂かな?

oohinata12.jpg
…と思ったら、まだ先か。

oohinata13.jpg
やっと三角点の所まで来たぞ。

oohinata14.jpg
ありゃ、山名標が根元から折れて倒れてる。

oohinata.jpg
標石です。
山名標は近くの木に立てかけました。

oohinata15.jpg
標石のアップ
角が欠けまくりです。これでは等級が分かりませんが三等です。悪質なイタズラだと思います。

oohinata16.jpg
上面です。
これは酷いですね。自然にはこうなりません。
[大日向(三等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト
2018/04/08(日)
福島県新地町役場の西北西5.5km付近、宮城・福島県境上の地蔵森山頂にある三等三角点。

先日(3/11)行こうとしたが道路が通行止めのため手前で引き返してきた、三等“地蔵森”がある地蔵森。あの時、通行止めのバリケードの横にあった看板には「期間 平成29年12月12日 平成30年3月30日」と書いてあった。つまり4月以降は通行可能だということを示している。やっと4月になったことだし、今回リベンジということで再度行ってみようかと思う。
先週の4/1に行っても良かったのだが、バリケード等が撤去されてなかったりするかもしれないので念のため一週間遅らせることにした。先週白石へ行ったのは地蔵森へ行く代わりだったのである。今度こそ標石を拝んでやるぞ。

jizoumori10.jpg
宮城県側通行止」「期間 平成30年7月31日
…って、何じゃこりゃああ!!
しれっと7月末まで延長してんじゃねぇー!大河原土木事務所ざけんなよぉぉ!!

仕方ない、どうせ本当の通行止めは県境(福田峠)の先なんだろうから、こっそり進んでしまおう。(自己責任)

jizoumori11.jpg
案の定バリケードは軽量だったため簡単に移動でき、難なく通り抜けられた。
850mほど進み、県境の手前にある地蔵森の登山口に到着。
点の記によると、ここから林道を2.1km進むと地蔵森神社参道の鳥居の所まで一気に行けるらしい。なので今日はK君の軽四駆車で来た。“明神岳”や“花房山”の時のように、倒木で通れない時の対策としてチェーンソーまで持参したという念の入れようだ。

右折して林道へ入る前に歩いて県境を見に行ってみた。やっぱり本当の通行止めは県境だった。

jizoumori12.jpg
登山道は林道入口付近より尾根を登るようだが、林道は車道なので等高線に沿ったかなり遠回りなコースになるようだ。もっと荒れてるかと思ったのに意外と整備されていて良い林道じゃないか。快適快適♪

jizoumori13.jpg
うわっ!路面が思いっきり荒れてるじゃん!!
K君の車は一応「林道の覇者」ジムニーではあるが、車高もタイヤもドノーマルなので、この程度の道でも楽々というわけにはいかない。深くえぐれた轍をまたぐように誘導しながら何とか進めるといった感じだ。それでも普通の車よりは、かなりマシだ。

jizoumori14.jpg
一つ上の画像の悪路を何とかクリアしたものの、入口から300m程度でこの有様では、最後まで無事進めるか分からない。これに倒木が加わったら鳥居まで行けたとしても結構な時間がかかるだろう。歩いた方が速そうだ。地形図を見るとこの先のカーブまでは登山道の尾根とほぼ並行の位置にいる。尾根へ上がって登山道を行くなら今のうちだ。Kと相談し、ここに車を置いて徒歩で登ることにした。
結局、持ってきたチェーンソーは意味なし。つうか大した山でもないのに何やってんだろ…。 ←アホ

jizoumori15.jpg
結構傾斜きついなぁ。尾根が近くに見えるのになかなか到達しない。

jizoumori17.jpg
何とか尾根の登山道に到達。荒れてなく傾斜も緩やかで歩きやすそうな道だ。

jizoumori18.jpg
難なく山頂近くまで来た。初めから登山道を登ってくれば良かったよ。
何か建物の屋根みたいなのが見えてきたな。

jizoumori19.jpg
ん?地蔵森神社かな?

jizoumori20.jpg
社殿?祠にしては大きいかな?屋根の瓦だけがやたら立派に見える建物だ。

jizoumori21.jpg
あれ?神社なのに地蔵!?
まぁ地蔵森っていうくらいだしね…。これが神仏習合ってやつなのかな?
せっかくなので賽銭入れて拝もうとしたけど、柏手を打って良いのかどうか悩みました。

jizoumori22.jpg
三角点は神社の裏にあるようだ。

jizoumori23.jpg
標示杭発見。

jizoumori.jpg
標石です。
最高所で無く、やや下に設置されたのはやはり神社があるからでしょうね。

jizoumori24.jpg
上面です。ICタグ付き。
[[福島]地蔵森(三等三角点) リベンジ編]の続きを読む
2018/04/01(日)
白石市の鎌先温泉の北1.6km付近にある三等三角点。
※この記事は“不忘”の続きです。

次は本来の目的地の2カ所目、三等“糠窪”へ向かう。

nukakubo1.jpg
先ほどの所より、県道51を北東方向へ3kmくらい進み、画像の交差点を県道254へ右折する。
この交差点の左脇には四等“萩平”があります。以前探したときは標石が埋もれていて少し苦労したので、今はどうなっているのかと見に行ったところ、やっぱり埋もれているようでどこにあるのか分かりませんでした。画像の水色矢印は大体の位置です。

nukakubo2.jpg
真っ直ぐな道路だなぁ。

nukakubo3.jpg
一番上の画像の交差点(“萩平”がある交差点)より、県道254を3.8kmくらい進むと三角点の近くに到達する。
予め調べておいたGoogleマップ(ストリートビュー)によると、ここは県道から牧草地のようなところへ入る入口があるはず。…なんだけど、ここだっけ?

nukakubo4.jpg
牧草地というか荒れ地じゃん。こんなんじゃ無かったな。GPSを見ると三角点はもっと画像右側のほうだから、一段上に入っちゃったかな?

nukakubo5.jpg
さらに150m進んでみたところ、それらしい入口を発見。
ちなみに予め見ていたストリートビューの画像は→これ

nukakubo6.jpg
牧草地(?)へは車ごと乗り入れ可能。入口付近に車を駐める。
遠くに三角点がありそうな「それっぽい」のを発見。

nukakubo7.jpg
あぁなるほど。点の記の要図に描かれている通り、「山頂」の辺りだけ一段高くなってる。

nukakubo8.jpg
中は結構荒れてます。
画像からは分かりにくいですが、標石発見。

nukakubo9.jpg
三角点のために、ここだけ牧草地にしなかったのかな?

nukakubo.jpg
標石です。

nukakubo10.jpg
上面です。
北東の角が少し欠けているようです。
[糠窪(三等三角点)]の続きを読む