FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/11/12(日)
山形県大蔵村の肘折温泉の南東約7.5km、舟形町との境付近にある図根点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。
※この記事は“大里林”の続きです。

今日は山形県の大蔵村にあるという、ちょっと変わった図根点を探しに来た。
いつもお世話になっている舘沢省吾氏より、大蔵村にある“洛2”の点の記には標石番号の欄に「山形縣庁標石代用」と書かれているとの情報をいただいた。舘沢氏によれば標石の正体は山林局の主三角点かもしれないとのこと。結構山奥にあるみたいなので、藪が少なそうな今の時期に行ってみることにした。(詳しくは“大里林”の記事冒頭を参照)

ちなみに記事タイトルの「洛2」は冠字選点番号であって点名ではない。この図根点は無名の点である。(山形県鶴岡市の「仗10」も同様。)

途中の交差点付近にあったお手軽四等を確認後、引き続き図根点がある場所へ向かう。

raku2_1.jpg
山形県道306との交差点より左折した先の山形険道36は県道とは名ばかりで、まるで林道のようだ。一応舗装はされているが、本当にこのまま進んで良いのか不安になってくる。まぁ、楽しいけど(笑)。【現在地
地元住民とマニア向けの道かな。

raku2_2.jpg
どう見ても町道(?)のほうが本線のような書き方の道路標識。当然左折。【現在地

raku2_3.jpg
林道のような狭隘区間を抜けると松橋という集落に入る。画像の所より左折して「林道 松橋滝の沢線」に入る。【現在地

raku2_4.jpg
県道より1.7kmくらい進み、送電線の下を通過した辺りの画像の交差点を左へ。【現在地
ここから先は林野庁が管理している南山林道となり、他の林道と同様に一般車の通行が禁止されているが(※)自己責任で進む。さぁいよいよK君の車(ジムニー)の本領発揮ですぞ!

※今通ってきた「林道 松橋滝の沢線」は舟形町管理なので、特に規制無し。

raku2_5.jpg
林道はよく整備されているためか、交通量が極めて少ないにもかかわらず荒れて無く、特に問題なく進める。なんかこのまま図根点の近くまで行けてしまいそうだ。楽勝だな~。南山林道入口より約1kmくらい進むと画像の分岐があるので、左折して橋を渡る。【現在地

raku2_6.jpg
あれっ?現在地
「危険につき通行禁止 山形森林管理署最上支所」
えぇっ、マジかよ…。

raku2_7.jpg
あぁ、こりゃダメだ。車ではこれ以上無理。【現在地
GPSで図根点までの距離を確認すると、ここから直線距離でまだ1.5km以上ある。実際には2~3kmは歩くことになるだろう。残念だが諦めて引き返すしかない。さようなら図根点、さようなら山形。 


…というわけにもいかないので、とりあえず徒歩で行けるだけ行ってみることにした。あぁ、やだな。

raku2_8.jpg
元々車道で道幅が広いのと、踏み跡というか1本だけの轍のような跡(オフロードバイクの仕業かな?)が付いていて、一番荒れているところでも最低限の登山道にはなっていたため、歩くのにはほとんど支障がなかった。
途中、ちょっと良い感じな滝があった。この道が普通の車道なら名所になってたかも?【現在地

raku2_9.jpg
通行禁止のロープの所から約3km、1時間半くらいで予定していた地点に到着。【現在地
出発前に地形図の等高線を見てここら辺から登ると良いかなと思っていた場所だが、確かに登りやすそうだ。
本当ならここまで車で来るつもりだったんだけどなぁ…。

raku2_10.jpg
GPSで図根点がある方角を確認しながら登る。心配していた藪については背の低い笹がまばらに生えている程度で特に問題なし。等高線の間隔が広いので傾斜が緩く登りやすい。夏場だとそれでも大変なんだろうなぁ。【現在地

raku2_11.jpg
どうやら目の前のピークが図根点のある所みたいだな。もう少しだ。【現在地

raku2_12.jpg
おおっ!ついに標石っぽいのを発見!!【現在地
標石はピーク上でなく、少し南寄りの鞍部っぽい地形にある広場の真ん中あたりにあった。なんか山林局の主三角点にしては、どうみても小さいよな…。もしかして本当に「山形縣標石」なのかな?

raku2.jpg
ズコーッ!!
何だよ、どう見てもフツーの図根点標石じゃねーか!!点の記に嘘書いてんじゃねーよボケが!!

raku2_13.jpg
「図根点」

raku2_14.jpg
「基本」

raku2_15.jpg
「No. 4」
これが「山 4」だったら、また違った意味で良かったのに…。

raku2_16.jpg
「地理調」

raku2_17.jpg
上面です。
標石に特に変わったところは無し。大きさも一辺12cmで四等と同じ物。本当に普通の図根点標石でした。

raku2_18.jpg
ピークは標石の北東にあるので、そこに本来の標石があるのかと思い探してみましたが何も見つかりませんでした。

なぜこうなったのかは分かりませんが、元々は本当に別の標石があったのかもしれません。
後日、これじゃまずいだろということで正規の標石に交換したものの、その時の記録が残されていなく今回のようなことになったのかも。
[[山形]洛2(図根点)]の続きを読む
スポンサーサイト
2015/11/22(日)
栗原市一迫の細倉鉱業川口第一発電所の西200m付近にある図根点。

大土ヶ森を下山し車に戻る。意外とそれほど疲れていない。今日は“烏兎ヶ森”だけのつもりでいたが、まだもう一ヵ所行けそうな感じだ。同行のKも問題ないようなので、帰りにここから近い図根点の“打越”にも行ってみようと思った。
“打越”は2年前の夏、近くにもうひとつある図根点の“大川口”の後に行こうとしたが、点の記が古すぎてどこから登ったら良いのか分からなかったのと、駐車する場所が見当たらなく、クソ暑くて面倒になったのでやめて帰った所だ。今回はその時に見当を付けておいた所から登ればいいだろう。Kの車であれば駐められそうな所もあるし、何より暑くないのでたぶん行けそうな気がする。

uchikoshi6.jpg
前回とは逆の北側から現地へ近づく。ここの左奥に神社があるみたいなので、勝手に神社の境内に車を駐めさせてもらうことにした。それほど広くない入口だが軽自動車なら問題ないだろう。【現在地

uchikoshi7.jpg
前回、駐車場の都合で入って行くのを断念した「鍛治屋B遺跡」と書かれた柱の所に来た。【現在地
早速行ってみることにする。

uchikoshi8.jpg
特に道のようなものは無いが、奥の方へ進んでいけるので何とか取り付くことが出来るかな?【現在地

uchikoshi9.jpg
奥まで進み、辺りを見回すと山へ入って行けそうな道のようなのを発見。ここから登ってみよう。【現在地

uchikoshi10.jpg
GPSを頼りに尾根を登る。【現在地
南側の斜面であるが、木のおかげでそれほど荒れていないようだ。

uchikoshi11.jpg
山頂が近くなってきた。【現在地

uchikoshi12.jpg
この山の山頂付近は広いため図根点がどこにあるのか分かりづらい。普通なら目の前にある塚のようなものの上にあったりするのだが、GPSを見るとまだ25mくらい先のようである。【現在地

uchikoshi13.jpg
GPSが示す方へ進んでいくと、大きな白い杭のようなものが?【現在地
表示杭というよりは、先日石越の山の上で見たような看板みたいなものだろうか?

uchikoshi14.jpg
「亀山B遺跡」
ん?下にあった「鍛治屋B遺跡」とは別物かな?というか、この山は亀山っていうんだろうか?
後ろにあるのは、さっきと同じくらいの塚に見えるんだが?

uchikoshi15.jpg
いるじゃん!!

uchikoshi.jpg
標石です。

uchikoshi16.jpg
裏面(北面)には「宮 11」と彫られているように見えます。
点の記を見ると「標石 第 宮 23 号」と書かれているので、本来ならば「宮 23」と彫られているべきですが…?
そこで、近くの“大川口”の点の記を確認してみたところ、何と「標石 第 宮 11 号」と書いてあるではあーりませんか!!
ちなみに、ここと“大川口”の選点・造標・観測は全て同じ方です。造標日(標石を設置した日)は、ここが昭和28年11月12日。“大川口”が2日前の11月10日となっています。この時、何かの手違いで“打越”用の標石と“大川口”用の標石が入れ替わってしまったのかもしれません。
2年前に“大川口”へ行ったときの画像を確認してみたところ、裏面は「宮」の字しか写っていませんでした。当時はまだ「宮xx」の表記に関して気にしていなかったので、地面を掘ってまで撮影しなかったんです。何かの機会で、また確認できればと思います。

uchikoshi17.jpg
せっかくなので上面も。
大きさは12x12cmなので、四等標石と同じですね。
[打越(図根点) リベンジ編]の続きを読む
2014/05/17(土)
栗原市の東北道築館IC料金所の東南東1km付近にある図根点。

次も同じく図根点の“永平”へ向かう。

eihei1.jpg
先ほどの所から来た道を戻ってR4との交差点をそのまま直進し、県道36に入る。県道29へショートカットするため、R4交差点より800m進んだ所にある、画像の交差点を右折する。【現在地

eihei2.jpg
玉沢小学校前を通過し、県道29へ右折する。【現在地

eihei3.jpg
200mくらい進んだら、すぐ右折。【現在地

eihei4.jpg
道なりに1.4kmくらい進み、画像の所でまた右折。【現在地
手抜きコメントが続く記事だなぁ。

eihei5.jpg
砂利道を450m進むと画像の所に到達する【現在地】。ここを右へ入っていったところから登るつもりだ。
点の記を見た人は分かるかと思うが、点の記に書かれたルートを思いっきり無視して逆側から行こうとしているのである。等高線を見ると、こちらから行った方が楽そうだからだ。

eihei6.jpg
右折した先の農道を進むと200mほどで行き止まりとなる。が、無視してそのまま進む。【現在地

eihei7.jpg
地形図を見ると、図根点付近から尾根に沿って南西方向へ徒歩道が続いているので、少し進めばその道へ合流できるはずだったが、地形と藪の関係で前進が困難となった。なので徒歩道は当てにせず、素直に図根点の方向へ登って行くことにした。

eihei8.jpg
少し戻ってからGPSを頼りに図根点の方へ進む。
さっきの“山の神”もそれなりに酷かったが、ここはもっと酷い。GPSが無ければ自分の位置が全く分からなくなりそうだ。やはり点の記に従うべきだったか?

eihei9.jpg
やっと標示杭を発見。結局、徒歩道らしき道は無かった。

eihei.jpg
標石です。
[永平(図根点)]の続きを読む