標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2010/06/20(日)
蔵王町立遠刈田小学校の東650m付近にあるはずの三等三角点。

ootayama1.jpg
遠刈田温泉を横断する県道12およびR457の500m位北側を並走している道を走っていると「蔵王さがわ」の看板があるので入っていく。
画像の所は西側の入口だが、東側からも入れる。
ちなみに「蔵王さがわ」とは、あの佐川急便の保養所である。トラックの教習所も併設されているので研修所としても使われているようだ。

ootayama2.jpg
蔵王さがわへは入らずに道なりに進むと画像のような橋がある。
これはお馴染み送電線鉄塔保守用の道だ。地形図を見ると三角点は送電線の真下にあるため入口を探していたところ見つけた。
先ほど東側からも入れると書いたが、東側からだとすぐ見つかるので東側(県道47のほう)から来ることをお勧めする。

ここからは山道なので路駐して歩きとなる。
念のため久しぶりにバシバシ棒を持参してみる。
「常磐幹線」と書かれた黄色い標識に従い進んでいく。

ootayama3.jpg
少し歩くと鉄塔の下に出る。
ところがここから先へ進む道が無い。どうしよう…。

ootayama4.jpg
鉄塔の広場周辺を見渡すと、南西の方に道らしきものがあるのを見つけた。標識は無かった。
ちょっと濃いめの薮だがバシバシ棒もあるし…行ってみようか。

ootayama5.jpg
久しぶりにバシバシしまくりながら進んでいったら急に前がひらけた。
どうやらうまい具合に三角点の近くへ辿り着けたようだ。

ootayama6.jpg
廃車のトラックがある畑のそばには廃材となった丸太が至る所に転がっていた。
GPSで三角点の位置を確かめてみると画像の赤丸の辺りなのだが、標石はもちろん保護石も見あたらない。
丸太の下敷きになっているのかもしれないが、積み重なっているのは動かせなかった。
点の記の略図を見ると三角点の位置が周辺よりも高い位置なのに対し、この場所は西側が一段高くなっているので地形が変わってしまった可能性がある。ということは、もしかすると標石も…?

…結局ここも見つからなかった。今回は不作すぎ。ダメだ帰るわ。


基準点成果等閲覧サービスを見たら「太田山」は現況が「亡失」に変更されていました。
最近(今年3月頃?)調査に来ていたようです。
※タイトルの「-不明?」を「-亡失」に変更しました。(2010/12/12追記)
[太田山(三等三角点)-亡失]の続きを読む
スポンサーサイト