標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2010/08/22(日)
東松島市役所鳴瀬庁舎(旧鳴瀬町役場)の東北東700m付近にある四等三角点。

そろそろブルーインパルス展示飛行の時間なので高いところから見ようと滝山公園へ行った。
滝山公園とは、あの二等三角点「寺山」がある所だ。
やはり同じ考えを持つ人はいるようで既に他の人も来ていたが、それほど混んではいなかった。
ついでに標石を確認したところ以前と変化があったので、寺山の記事に追記しておく。

鷹ノ巣山は、その滝山公園へ行く道をさらに進んだ先にあるらしい。
地形図上では無名の山だが、地名(住所)は牛網字鷹巣山となっているようだ。
牛網池の西300m付近の小ピークにあって道路沿いらしいので行ってみることにした。

takanosuyama1.jpg
舗装路の終点は広場になっていて、白線は無いものの事実上の駐車場になっていた。
一見行き止まりのように見えるが、その先に林道のような道が続いている。
私の車で大丈夫だろうかと一瞬思ったが、いつも結局行ってしまうので今回も突入してみる。

takanosuyama2.jpg
途中の分岐で矢印の方へ進む。何かパイロンが3つ並んでますけど…。
そういやさっきの入口にもパイロンがあったような…(横に除けられてましたが)

takanosuyama3.jpg
分岐の先の道は交通量が少ないせいか次第に怪しさを増してくる。
突然、目の前の道に水たまりが現れた。
私の車ではハマって抜け出せなくなる可能性がある。
ここは素直に車から降りて、徒歩で進むのが無難だろう。

takanosuyama4.jpg
車を停めたところから500m程進んだ。
三角点はたぶん目の前の法面の上あたりにあるはずだ。

takanosuyama5.jpg
あった。

takanosuyama6.jpg
法面の上への登り口は道路から見て三角点の右側にあった。
草木が行く手を阻んでくるが、こんなこともあろうかと持ってきたバシバシ棒3(Powered by DAISO)で一撃である。
ちなみにバシバシ棒3は熊谷でぶっ壊したNewバシバシ棒の後継で、今回初の使用となる。
以前のより径の太い物を採用し、強度UPを図っている。

takanosuyama7.jpg
標石発見…ん?右に別の標石が??

takanosuyama8.jpg
風化が進んでいるが、これは貝抜沢達居森でも見かけた宮城縣標石ではないか!!何でこんな所に!?
思わぬ発見に小躍り状態の私である。
ちなみにここのは「第十号」「明治廿六(二十六)年」と書かれていました。貝抜沢のと同じ年です。

takanosuyama.jpg
で、こっちが三角点標石。ICタグ付き。
四等では古めの物で「国地院」でなく、前身の「地理調」と書かれています。
右の赤いのは境界杭のようですが、何の境界かは不明。

この後、さらに別の三角点へ向かおうとしたのですが、山から下りてビックリ大渋滞。
どうやら松島基地から観客が一斉に出てきたようで、R45、三陸道とも流れていない様子。
しまった…渋滞を避けたつもりが、もろハマりではないか!!
なので諦めて帰宅することに。渋滞を避けて逃げ回った結果、大和町に出てしまいましたが無事帰れました。
[鷹ノ巣山(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト