標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/01/29(日)
登米市立森小学校の東500m付近にある三等三角点。

まだ時間があるなぁ。もう一ヵ所行ってみるか。
“表前”は佐沼の町から見て南東の方にある。地形図とナビを頼りにR398から県道36に入り平柳バス停付近で右折して三角点の近くへ向かう。…後で気が付いたのだがR346から森小学校前経由の方が行きやすかったかも。

omotemae1.jpg
三角点の付近に到着。近くに路駐してここからは徒歩だ。点の記には柏木公園より入っていくようなことが書いてある。ここが入口のようだ。

omotemae2.jpg
柏木公園って書いてあるな。よし行くぞ。

omotemae3.jpg
階段を登ると小さなお堂と石碑があるだけだった。このお堂の中に草分観音が奉られているのだろうか(未確認)。公園と呼ぶには狭く子供の遊具があるわけでもない。調べてみたところ以前はこのお堂の左、石碑の前あたりにブランコがあったようである。あと境内にある木は桜で、ここら辺では有名な名所のようだ。春になると花見客が弁当を持って訪れるのだろう。
…話がそれた。点の記に従って石碑の所を左折しよう。

omotemae4.jpg
左折すると、その先は薮だった orz
点の記には杉林に小径みたいなことが書いてあるんだけどなぁ。小径ちゃうやん!(←何で関西弁やねん)
しゃあない入ったるわ!(だから何d(ry

omotemae5.jpg
杉林の中は小径の跡のようなものもあったが、途中から何が何だか分からなくなった。丈の低めな笹や雑木をかき分けてGPSを見ながら三角点へ近づいていく。

omotemae6.jpg
三角点の手前30m付近。突然目の前が開けたかと思ったら杉の伐採による倒木で進めなくなった。うわ…めちゃくちゃだな。ここまで来て戻るわけにもいかないので枝をバキバキ折って強引に突破する。

omotemae7.jpg
三角点は伐採で開けた場所の、さらに少し先にあるようである。また藪に潜り込むことになるのだが、さっきと違って切り倒した木が容赦なく行く手を阻む。クソッ邪魔だ!!で、これがどうやら点の記の略図に描かれている石碑のようだ。倒木が直撃して斜めになっている、ひでぇ。三角点はここから4mの位置にあるらしいのだが…。

omotemae8.jpg
辺りを見回すと遠くの方に標示杭が見えた。良かった!標示杭が無かったら見つからなかったかも。

omotemae9.jpg
もがきながら何とか標示杭の所まで来た。…で、標石は??やっぱり、ここも埋まっちゃってます?

omotemae.jpg
標石は標示杭の脇に倒れていた木の下にありました。木が細い幹で良かった。
[表前(三等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト