標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/02/19(日)
仙台市青葉区の大倉ダム湖畔公園内(大倉小学校西側)にある四等三角点。

久々の四等である。初め近くの他の三角点へ行こうとしたが雪が多すぎて行くことが出来ないため、比較的簡単そうなここへ来た。
点名を聞いて真っ先に思い浮かべるのが川崎町のみちのく杜の湖畔公園なのだが、残念ながら(?)ここは釜房ダムでなく大倉ダム湖畔なのであった。というか大倉ダムにこういった施設があることを今まで知らなかった。もちろん行ったことも無い(川崎のにも行ったこと無い)。どういった所なのかまずは行ってみることにしよう。

kohankouen1.jpg
湖畔公園前に到着。左折する。

kohankouen2.jpg
うわぁ結構雪があるなぁ。道路はしっかり除雪されてるから気が付かなかったけど、考えてみればここら辺の標高って270m位あるからなぁ。100m位でも雪だらけなのに倍以上だしなぁ…。
そうなのだ、前述のようにここへ来た理由が「雪が多いから」なのに、ここだけ少ないわけない。
遠くに小さな山と長いすべり台のような物が見える。お約束通りなら三角点はあの山の上にあるはずなのだが。

kohankouen3.jpg
元々ここは時間に余裕があれば来るつもりの所で点の記をちゃんと見ていなかった。しかも経緯度をメモってくるのも忘れていたのである。てっきり山の上にあるものだと思って登ってみたがそれらしい物は見当たらない。埋まっているのかと慌てて点の記を確認する。…あれ?山の上じゃない?
どうやら山の北西側にある柵のそばのようである。となると、あそこら辺かなぁ…。

kohankouen4.jpg
三角点があると思われる辺りは誰も行ってないらしく足跡一つ付いてない状態だ。一歩ずつ進む度に足がズボッと雪にはまる。
さて、それっぽい所まで来てみたが標示杭などどこにも見当たらない。やはり埋まってしまってるのだろう。ここで諦めれば良かったのだが、しっかりいつものスコップを持ってきていた。よく見ると目の前に怪しそうな突起があるではないか。画像には左右に二つ突起が写っているが、まずは左側の赤矢印のほうを調べてみた。まぁたぶんハズレだろうな…

kohankouen5.jpg
サクッ…

ビンゴ!!

オイオイ一発で見つけちまったよ!!こりゃ掘るしかないでしょ!

kohankouen6.jpg
標示杭の手前側より反時計方向に掘り進んでいったが出てくるのは地面だけで標石が見当たらない。意外に積雪量が多く結構重労働だ。深さは持って行ったスコップの長さと同じくらいだったので60cm位だろう。私の自宅周辺ではまずあり得ない深さだ。…それにしても出てこないなぁ。
そして10時の方向を掘っていた時、

コツッ!

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
本日二度目の喜びであった。やはり標石が見つかんなきゃ意味無いしねぇ。
見つかったのは良いけど、ここの周辺を全部掘るんだよなぁ。…仕方ない、やるか。

うぉりゃ~!!ザクッ、ザクッ、ザクッ…

kohankouen.jpg

どうだ!掘ったったぜwww
やり遂げた達成感と何とも言えない空しさが入り交じる複雑な気持ちであった。

kohankouen7.jpg
もう一度山から見た状態。足跡と掘り散らかした形跡が見える。なんか“高畑”を彷彿させる光景である。
[湖畔公園(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト