標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2013/02/09(土)
松島町のJR仙石線松島海岸駅の南西1.2km付近にある四等三角点。

大沢平”のすぐ近くに四等があるので、ついでに行ってみることにした。
この三角点、点名が“姉取山”である。地形図を見ると一応、姉取山内にあるのだが山頂からは大分離れた尾根上にあり、さっきの“大沢平”よりも標高が低い。他に適当な名称が無かったからなのだろうが、本来なら“大沢平”の三角点に付けるべき点名だろう。それにしても何でこんな中途半端な所を選点したんだ?行けば分かるかな?

anetoriyama1.jpg
先程、獣道に入った所から町道松島パノラマ線をさらに200mくらい進む。
点の記を見ると画像のヘアピンカーブの所から入っていけば良いようだ。[現在地

anetoriyama2.jpg
ここから入っていけば良いみたいだな。お約束のリボンも付いてるし。でも雪が結構多いなぁ…。

anetoriyama3.jpg
廃道と化した元は林道であっただろう道を少し進むと、画像からでは何のこっちゃ分からないと思うが、右側から来た別の林道のような道との丁字路になる。まぁ点の記の通りだな。ここを左折する。

anetoriyama4.jpg
さらに道を進んで行くと前方に笹で覆われた小さな山(というか塚レベルだが)が見えてきた。GPSを見ると三角点が、あの山の中にあるような感じに表示されている。嫌だ、この中へは入りたくない。でも点の記を見ると三角点は山の向こう側にあるようなので、このまま道を進んでいくことにする。これまでの流れで行けば、きっと入っていく道があって入口にリボンが下がっているはずだ。

anetoriyama5.jpg
リボンキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
ホラやっぱり思った通りだぜ、測量会社の人ありがとう!

anetoriyama6.jpg
中に入っていくと、すぐ標示杭があった。楽勝。

anetoriyama7.jpg
標石周辺です。2つの大きな石は保護石でしょうか??いくら何でもデカすぎです。

anetoriyama.jpg
標石のアップです。ICタグ付き。
選点・設置が昭和39年なので、もしかしたら「地理調」の石かなと思ったのですが「国地院」でした。名称が変更されたのが昭和35年ですから当然といえば当然ですね。
ところで、ここを選点した理由の件、来れば分かると思ったのですがさっぱり分かりませんでした(笑)。見通しが良いわけでもありません。だったらこの塚みたいな山の上に設置すべきです。それでも大して変わらないと思いますが…。なぜ近くの鷲尾山にしなかったのか不思議です。
[姉取山(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト