標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2013/06/30(日)
塩竈市の鹽竈神社東参道の常夜灯台石に彫られている几号水準点。

前回、表参道の几号を見てきたが、東参道にも几号があることを知らずに帰ってしまったため、今日はその東参道のを見てやろうと再度鹽竈神社にやってきた。今回の記事は、上西勝也氏「日本の測量史」の「鹽竈神社東参道」の記事を丸パクリ参考にさせていただく。詳しい事に関しては氏のページを参照されたい。

shiogamakigou_h1.jpg
鹽竈神社の東参道入口である【現在地】。真新しい常夜燈が設置されている。今回確認に行く几号が彫ってある常夜燈も、元はここら辺にあったのだそうだ。それにしても上西氏のページで見た参道と若干、いや、結構様子が変わっている。参道の両側にあった建物が姿を消し駐車場となっているのだ。以前、向かって右側にあった建物は塩竈市役所の宮町分庁舎だったようだ。震災の影響で取り壊したのだろう。

shiogamakigou_h2.jpg
一の鳥居をくぐり、階段を左の方へ登っていく。
余談だが昔、ここの右奥のほうに法蓮寺という鹽竈神社の別当寺があったのだそうだ。

shiogamakigou_h3.jpg
東参道は別名「裏坂」と呼ばれ、表参道が藩主向けなのに対し、庶民向けの参道として江戸時代後期に整備されたものらしい(神社探訪狛犬見聞録・注連縄の豆知識より→該当ページ)。表参道に比べて緩やかな坂のため登りやすいはずなのだが、既にこの時点で息が切れている。くそっ、長い坂だなぁ。ちなみに階段の段数は表参道と同じ202段だそうです。

shiogamakigou_h4.jpg
二の鳥居。ここをくぐった先の向かって左側6基目の灯篭が今回のターゲットだ。

shiogamakigou_h5.jpg
それらしい常夜燈発見。数えるまでもなく、形ですぐに分かった。

shiogamakigou_h.jpg
台石に几号が彫られた常夜燈。なるほど、確かに「不」マークが消えかかっていて見えづらい。


「不」マークのアップ。薄くて見づらいため、そばに落ちていた小枝の先でなぞり、少し見やすくしてみました。画像にカーソルを合わせるとマークをなぞった画像に切り替わります(当ブログ初の新機能w)。「不」というよりも、縦に「一小」って書いてあるみたいに見えますね。
この東参道の几号は、内務省地理局の文書に「宮城郡塩竈村杉坂町一ノ宮常夜燈臺石」として載っているものだそうです。表参道のについては記述が無く、詳細は不明のようです。(「日本の測量史」より)
[鹽竈神社東参道几号水準点]の続きを読む
スポンサーサイト