標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2014/11/24(月)
石巻市のJR石巻線前谷地駅の北西2km付近、龍ノ口山山頂にある三等三角点。

今日は和淵山の宮城縣標石と“小屋場”を見に来たのだが、このまま帰ってしまうのも勿体ないのでもう1ヵ所行ってみようと思う。

tatsunokutu1.jpg
向かった先は“龍口”。近くの田んぼにも簡単に見つかりそうな四等が数ヶ所あるが、ここは三等だし山頂まで階段が続いていると点の記に書いてあるので楽そうだ。しかも冠字が「景」の方の点なので、これだけでも行く価値はある。
先ほど来た県道29を旧河南町中心部方面へ戻り、画像の所でそのまま江合川堤防の上を直進する【現在地】。遠くには点の記に書かれている龍口神社のものと思われる鳥居が見える。

tatsunokutu2.jpg
堤防上の細い道を300mくらい進むと、先ほど県道から見えた鳥居の所まで来た。鳥居に龍口神社と書かれているので、ここで間違いないようだ。【現在地

tatsunokutu3.jpg
車ごと鳥居をくぐったけど、…あれれ?民家の敷地に入っちゃったかな??

tatsunokutu4.jpg
道は民家(?)の前をすり抜けて奥へと続く(※)。おぉ、ちゃんと神社の中へ入れた。【現在地

※もしかすると民家ではなく社務所かな。たぶん。

tatsunokutu5.jpg
車道はまだまだ続いているが、残念ながらここから先は徒歩でないとダメのようなので車を置いていく。【現在地
ここの少し右に、この神社についての説明の看板があったので読んでみたところ、龍口神社は旧村社、つまり村の鎮守だったらしい。ドンドンヒャララ~ですな(笑)。それにしては規模がでかいというか立派に見えるなぁ。余程氏子の信仰が厚かったんだろうな。

tatsunokutu6.jpg
坂を登ると、これまた立派な社殿。穴場スポットかな。

tatsunokutu7.jpg
社殿の敷地から、さらに上へ登って行ける階段を発見。【現在地

tatsunokutu8.jpg
おぉー!これはいい!山道レベルかと思ったらかなり立派な階段になってる。このまま山頂までラックラクだな。

tatsunokutu9.jpg
…と思ったら、ホラやっぱりね。そんなうまい話なんて無いんだよ。
確かにここから先は危ないかもしれないけど、かといって崖をよじ登るわけにもいかんし、結局自己責任ってことでこのまま進むのが一番安全なんだよな。よく見ると、つい最近誰か登ったような足跡が付いてるし。
そういえば、ゆうさんって昨日ここら辺に来てるんだったな。もしかしてこれ、ゆうさんの足跡?…ということは、昨日コメントに書いてた内務省の標石ってまさかここの上かな?こりゃ無理矢理にでも登らないと!

tatsunokutu10.jpg
はい自己責任ですよー。真似しちゃいけませんよー(棒)

tatsunokutu11.jpg
山頂付近は広場になっていた。何か社か祠の類があるのかと思ったが見あたらない。それよりも標石を見つけなきゃ。

tatsunokutu12.jpg
GPSを頼りに進み、標示杭を発見。

tatsunokutu13.jpg
標石の周囲には保護石の代わりなのか、少し離れたところに境界杭のようなものが四方を囲むように4つ設置されている。。国地院がこのようなのを設置するとは考えにくいので、ここの土地の所有者…宮司さんかな?設置したのは。

tatsunokutu.jpg
標石のアップです。
下の看板に書いてあった、大昔にお百姓さんが柴刈りに来てうたた寝してたのもここら辺なのかな?

ところで肝心の内務省標石ですが、このあと山頂の広場をちょっとだけ探してみたものの結局見つかりませんでした。
後日分かったことですけど、先ほどの階段の足跡の主はやはりゆう氏だったようです(笑)。そして内務省標石は、どうやら別の山にあったみたいでした。次回もパクリ探索かな?
あ、この記事は偶然重なっただけでパクリじゃないですからね。念のため(笑)
[龍口(三等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト