標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/03/21(土)
女川町出島の出島港の南1.2km付近にある二等三角点。
※この記事は“北出島”の続きです。

izushima1.jpg
先ほどの所より、寺経由で出島港まで戻ってきた。港にある定期船の待合所で昼食を取り、2ヵ所目へと向かう。【現在地
どこかの空き地というか工事現場の中を通っているような感じに見えるが、これでも県道上を歩いているはずだ。

izushima2.jpg
港から少し南へ進むと道は本来の舗装路になる【現在地】。片側一車線で県道標識もちゃんとある、いかにもな県道だ。この画像を見ただけでは、ここが島であることが分からないほどの普通の道である。ここを左折すると県道217の旧道で、好きな人は好きなんだろうけど無難に新道を行くことにする。

izushima3.jpg
港から県道217を1kmほど進むと工事中のため強制的に左折させられる【現在地】。三角点のある所は旧道から行く方が楽なようなので、工事をしてなくても左折した方が良いんだけどね。
この先も県道217の新道で、出島の南端にある寺間の集落へ続く道になる予定だ。実はもう工事の大半は終わっているようで後は舗装をすれば良いだけに見えるのだが、何故か工事が止まっているような?ちなみにここの右側(西側)付近が、ちょうど本土との距離が最も短い辺りのはずなので、将来本土と橋を架けるのであればここを十字路として右の方へ道を造る(県道252)のではないかと勝手に想像している。その時はここに島唯一の信号機が設置されるのかもしれない。夢は膨らむばかりだ。

izushima4.jpg
左折した先も旧道までは島とは思えない立派な道が続いている。旧道との連絡道だからここも県道217に指定されてるのかな。【現在地
画像の交差点を右折する。左折すると2枚上の画像の所に出るはずだ。

izushima5.jpg
右折した先は島本来の狭い県道になっている。【現在地
正面に見えるのは小中学校だった建物のようだ。手前は給食室かな。結構新しめで立派な建物なのに震災以降は使われていないみたいだ。勿体ない。

izushima6.jpg
県道脇で見かけた「宮城縣標石?」【現在地】。…確かに「縣」だけど、どうみてもただの境界杭だよなぁ。ここ以外にもあちこちに設置されてたし。県道である証しってやつかな。

izushima7.jpg
三角点はここの右上辺りかな?【現在地
点の記を見ると、ここら辺からエイヤと右へ登っているように見えるんだけど何か無理っぽくないか?

izushima8.jpg
地形図を見ると三角点のほうに点線道(徒歩道)が続いているので、それを利用しない手はない。入口はどこだろう?【現在地

izushima9.jpg
おっ!何かそれっぽいのがあるぞ。目印みたいなのも付いてるし。【現在地

izushima10.jpg
ちょっと何だよこれ!獣道レベルじゃねーか!!さっきのほうがよっぽどマシな道だったぞ。【現在地

izushima11.jpg
何だかもう荒れ放題だなぁ。夏場とかどうなってんだろう?【現在地

izushima12.jpg
一段下の藪が少ない所を迂回して、何とか三角点付近に到達。点の記で法面を登ることになっていた理由が何となく分かった気がする。

izushima13.jpg
標示杭発見。

izushima.jpg
標石です。
これで離島にある二等は制覇したことになるみたいですよ。なので、今回で離島シリーズは最終回となります。いやー楽しかったなぁ。
[出島(二等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト