標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/09/22(火)
大崎市松山のJR東北本線松山町駅の南南西2km付近にある宮城縣標石。
※この記事は“八色”の続きです。
※この記事は、ゆう氏のブログ「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしました。

次は宮城縣標石を探す。

yairo_m1.jpg
いたーっ!

yairo_m2.jpg
こっちも頑張って刈りましたよ(笑)。
奥が宮城縣標石で、手前が先ほどの三角点標石です。

yairo_m3.jpg
三角点からの距離は1.97m。点の記には2.1mと書いてあるが?…まぁいいか。

yairo_m.jpg
既にゆう氏が掘っていてくれましたが、もう少し掘ってみました。
三角点標石と違ってダメージが少ないですね。

yairo_m4.jpg
「宮城縣」

yairo_m5.jpg
「明治二十六年」
先ほど“細田山”で見たのと同じ年です。ここのも月は彫られていないようです。“細田山”のは「宮城縣」の面に対し左面に設置年が彫られていましたが、ここのは右面です。気になったので今まで見た他の標石も確認したところ、左右どちらに彫るのかは特に決まってなかったようです。結構いい加減ですね。

yairo_m6.jpg
何も彫られていない面。

yairo_m7.jpg
「第百四十九号」
ここのは「A」が付いていません。近くの“貝抜沢”と“蜂谷森”のにも付いてなかったから地域によるのかな?
あれ?でもそれだと笹谷峠のが…。

yairo_m8.jpg
上面です。四角錐、穴無しタイプ。

標石の大きさは15.7x15.0x24.5cm (5寸角。高さは縣の面で露出している(させた)部分)です。
ゆうさん、情報ありがとうございました。
[八色宮城縣標石]の続きを読む
スポンサーサイト