標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/11/22(日)
栗原市一迫の細倉鉱業川口第一発電所の西200m付近にある図根点。

大土ヶ森を下山し車に戻る。意外とそれほど疲れていない。今日は“烏兎ヶ森”だけのつもりでいたが、まだもう一ヵ所行けそうな感じだ。同行のKも問題ないようなので、帰りにここから近い図根点の“打越”にも行ってみようと思った。
“打越”は2年前の夏、近くにもうひとつある図根点の“大川口”の後に行こうとしたが、点の記が古すぎてどこから登ったら良いのか分からなかったのと、駐車する場所が見当たらなく、クソ暑くて面倒になったのでやめて帰った所だ。今回はその時に見当を付けておいた所から登ればいいだろう。Kの車であれば駐められそうな所もあるし、何より暑くないのでたぶん行けそうな気がする。

uchikoshi6.jpg
前回とは逆の北側から現地へ近づく。ここの左奥に神社があるみたいなので、勝手に神社の境内に車を駐めさせてもらうことにした。それほど広くない入口だが軽自動車なら問題ないだろう。【現在地

uchikoshi7.jpg
前回、駐車場の都合で入って行くのを断念した「鍛治屋B遺跡」と書かれた柱の所に来た。【現在地
早速行ってみることにする。

uchikoshi8.jpg
特に道のようなものは無いが、奥の方へ進んでいけるので何とか取り付くことが出来るかな?【現在地

uchikoshi9.jpg
奥まで進み、辺りを見回すと山へ入って行けそうな道のようなのを発見。ここから登ってみよう。【現在地

uchikoshi10.jpg
GPSを頼りに尾根を登る。【現在地
南側の斜面であるが、木のおかげでそれほど荒れていないようだ。

uchikoshi11.jpg
山頂が近くなってきた。【現在地

uchikoshi12.jpg
この山の山頂付近は広いため図根点がどこにあるのか分かりづらい。普通なら目の前にある塚のようなものの上にあったりするのだが、GPSを見るとまだ25mくらい先のようである。【現在地

uchikoshi13.jpg
GPSが示す方へ進んでいくと、大きな白い杭のようなものが?【現在地
表示杭というよりは、先日石越の山の上で見たような看板みたいなものだろうか?

uchikoshi14.jpg
「亀山B遺跡」
ん?下にあった「鍛治屋B遺跡」とは別物かな?というか、この山は亀山っていうんだろうか?
後ろにあるのは、さっきと同じくらいの塚に見えるんだが?

uchikoshi15.jpg
いるじゃん!!

uchikoshi.jpg
標石です。

uchikoshi16.jpg
裏面(北面)には「宮 11」と彫られているように見えます。
点の記を見ると「標石 第 宮 23 号」と書かれているので、本来ならば「宮 23」と彫られているべきですが…?
そこで、近くの“大川口”の点の記を確認してみたところ、何と「標石 第 宮 11 号」と書いてあるではあーりませんか!!
ちなみに、ここと“大川口”の選点・造標・観測は全て同じ方です。造標日(標石を設置した日)は、ここが昭和28年11月12日。“大川口”が2日前の11月10日となっています。この時、何かの手違いで“打越”用の標石と“大川口”用の標石が入れ替わってしまったのかもしれません。
2年前に“大川口”へ行ったときの画像を確認してみたところ、裏面は「宮」の字しか写っていませんでした。当時はまだ「宮xx」の表記に関して気にしていなかったので、地面を掘ってまで撮影しなかったんです。何かの機会で、また確認できればと思います。

uchikoshi17.jpg
せっかくなので上面も。
大きさは12x12cmなので、四等標石と同じですね。
[打越(図根点) リベンジ編]の続きを読む
スポンサーサイト