標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2016/03/20(日)
大衡村の東北道大衡IC料金所の北北東2.8km付近、東北道そばの大崎市との境界上にある三等三角点。

せっかくなので、近くの三角点にも行ってみる。
まずはここから2kmほど南にある三等“坂下”へ行くことにした。宮城縣標石は三等の近くにある場合が多いみたいだから、もしかしたらあるかもしれないな。

sakashita1.jpg
先ほどの入口の所を南の方へ向かう。【現在地

sakashita2.jpg
道は比較的最近に出来たばかりのような廃棄物処理場の外周に沿って続いている。このまま東北道の側道へ抜けられると思ったら突然農道のような道に。うーん、たぶんこのまま行っても大丈夫なんだよな?【現在地

sakashita3.jpg
離合不可な狭い道を恐る恐る進み、何とか側道に出られたようだ。ここを右折する。【現在地

sakashita4.jpg
東北道に沿って1.2kmほど進み、画像の跨道橋を渡る。【現在地

sakashita5.jpg
橋を渡ってから道なりに800mほど進むと、画像の鉄塔がある。【現在地
点の記の要図を見ると三角点へは大衡側から斜面を登ることになっているのだが、入口が民家の敷地内を通っているような感じだったので、無難に旧三本木側から登ることにした。Googleストリートビューを見ると東北道のすぐ横に墓地と駐車場があるようなので、そこから行ってみようと思う。
地形図には載っていないが、その墓地へ行くためにはここを右折すれば良いみたいだ。

sakashita6.jpg
「大和16」のプレートが付いたBOXカルバート(笑)をくぐって向こうへ行けそうだぞ。【現在地

sakashita7.jpg
BOXカルバートを抜けると墓地があった。ここの駐車場に車を駐めていこう。ちょうど彼岸だし問題ないよね。【現在地

sakashita8.jpg
まずはこの道を進んでみよう。【現在地

sakashita9.jpg
三角点はちょうどここの左上辺りのはずなんだけど、藪が酷いなぁ…。【現在地
他に良い登り口ないかな?

sakashita10.jpg
さらに進んでみると、ため池の道路向かい辺りの斜面が藪が少なく登りやすそうだった。【現在地
よし、ここから行ってみよう。

sakashita11.jpg
ため池の所から稜線まで登ると、コンクリートブロックを重ねて造った謎の構造物が3つあるのを発見。天測台?…なわけないか。【現在地

sakashita12.jpg
あとは稜線に沿って三角点まで一直線だな。【現在地

sakashita13.jpg
標石発見。標示杭は無し。

sakashita.jpg
標石です。
等級の所だけ欠けてますね。人為的としか思えません。

sakashita14.jpg
辺りを見回しましたが縣標石はありませんでした。
標石の近くの木の枝には親切な人が目印を付けていてくれたようです(実は標石を見つけてからも、しばらく気がつかなかった)。よく見ると妙に新しい。最近誰か来たようです。…後日分かったことですが、これ、ゆう氏が付けたもののようです(笑)。ゆうさん、ここにも来てたのか~。

先ほどの“外手山”と、ここの“坂下”はどちらも鈴木孫太郎氏(冠字は「多」)の選点で、他にもここら辺の三等は彼の選点のようです。今日はこの他にも別の三等へ行くつもりでいて「孫太郎シリーズ(笑)」でもやろうかと思っていたんですが、“外手山”で藪を刈るのに時間をかけすぎて時間が足りなくなってしまったため、ここで打ち切ることにしました(実はここでも調子に乗って少し刈ってました)。機会があればそのうち孫太郎シリーズをやろうかな?
[坂下(三等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト