標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/10/08(日)
登米市中田町の迫川・夏川合流点付近の堤防上にあるはずの四等三角点。
※この記事は“今道”の続きです。

次は「宮 13」の“夏川”だ。
地形図を見ると迫川・夏川合流点付近の堤防上にあるのだが、両河川の間にある堤防のため必ず橋を渡る必要がある。先ほどの“今道”の記事にも書いた通り三角点近くへ直接行けるような橋が無く、直線距離で2.5kmくらい離れた県道4の今道橋の所から堤防上を進むしか無さそう(点の記の要図に描かれている木橋は既に無くなっているようだ)。結構距離があるので、問題は車でどれだけ三角点へ近づけるかだ。
え?たかが2.5kmくらい歩けって?…やだよ。

natsukawa1.jpg
今道”の土管(ヒューム管)の近くから見た今道橋。【現在地
まずはこの橋を渡る。

natsukawa2.jpg
橋を渡った先から堤防上の道に入る。【現在地

natsukawa3.jpg
うわぁ何か遙か彼方って感じだな。こりゃ歩きたくないわ。【現在地

natsukawa4.jpg
橋から100mほどで未舗装に。【現在地

natsukawa5.jpg
結構進めるもんだなぁ。【現在地

natsukawa6.jpg
橋から2kmくらい進むと河川敷へ降りるスロープがある。【現在地
三角点はこの堤防を進んだ先にあるのだが、地形図などを見るとこの少し先で道が無くなっているようなので、ここから河川敷に降りて河川敷上の道を進んだ方が良さそうだ。でも何かこの下の道って怪しそうだなぁ…。K君の軽四駆車なら楽勝だろうけど、今日は自分の普通車だし…。ええい、面倒だ行っちゃえ!

地形図を見ると、ここから左の方の河川敷へも降りられるスロープがあって、その先に例の木橋があったようなのですが、今ではその痕跡すら分からない状態です。15年(※)でそんな変わるもんなのかな。
※点の記の調製が15年前(平成14年)のため。

natsukawa7.jpg
もうそろそろ車から降りて歩いた方が良さそうだ。【現在地
既に車の横側はキズだらけだし…(泣)。

natsukawa8.jpg
ここで車道(農道?)は終わる。【現在地
堤防の上は藪が酷そうなので、このまま畑の端を進む。

natsukawa9.jpg
この上辺りみたいだな…。【現在地
行きたくないなぁ…。でも行くしかないよなぁ…。

natsukawa10.jpg
もう少しかな?【現在地

natsukawa11.jpg
よし着いたぞ。すぐ近くに標石があるはずだ。


一時間後↓
natsukawa12.jpg
どこにも無ぇぜ!!
GPS上ではここら辺のはずなんですが、いくら探しても見つけられませんでした。トホホ。
恐らく、上面のみしか露出してない状態で15年の間に草木で埋もれてしまったのかと。一応スコップは持っていましたが目印になる物が無く、“”の時のようにはいきませんでした。

1つ疑問に思ったのが、標示杭が見つからなかったこと。点の記を見ると、この点は平成14年8月1日に改測しています。その際に必ず標示杭を設置しているはず。15年前といえば結構前のことなので、その間に紛失することもありえますが、滅多に人が来るような場所では無いため人為的になくなることはほぼありえません。通常であれば平気で10年以上もつ代物ですから、なくなっていること自体おかしい。
じゃ、なぜなくなったのか。点の記の要図をよく見ると「堤防工事中」と書かれています。ここからはあくまでも想像(希望)ですが、恐らく平成14年の改測の後、この堤防に何らかの手が加わったと思われます。その際に標示杭が抜かれ、標石が埋まり…最悪亡失して現在に至ると。先ほど木橋へ行くスロープが跡形も無く消えていたのは、この堤防工事のためではないかと思われます。

まぁ冬になって周りの草木が枯れると標石がひょっこり姿を現すかもしれませんけどね。地元民のゆうさんがきっと見つけてくれるでしょう?…というわけで後はよろしくお願いします?。

ところで傷だらけのローラになってしまったわが愛車ですが、後日コンパウンドで磨いて無事元通りになりました。めでたしめでたし。
[夏川(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト