FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/01/14(日)
登米市中田町の石ノ森章太郎ふるさと記念館の北東1.5km付近にある宮城縣標石(三角標)。
※この記事は「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。
※この記事は“小塚”の続きです。

次は近くにある宮城縣三角標。

kozuka_m1.jpg
点の記には三角点から5.8mの所に県三角標があると書かれていますが、近くなのに藪が酷くて分かりづらいです。画像は三角点からの距離を測るために笹竹を広げて「道」を作ったつもりの状態。赤矢印の先に三角標の標石があるはずなんですけど、画像からは良く分からないですね。

kozuka_m2.jpg
三角点の南西5.8m
点の記に書いてある通りです。

kozuka_m.jpg
標石です。
標石周辺は笹藪の端のため笹竹の密度が三角点周辺よりも低く、比較的撮影しやすかったです。

kozuka_m3.jpg
「宮城縣」
先ほど犬子松で見た物字体が同じみたいですね。
以降、反時計回りで。

kozuka_m4.jpg
「A 17」
犬子松のと同じ系列で連番だとすると、向こうのは「A 38」ですから、もしかすると間に20ヵ所、別の三角標があるのかも。
縣三角標が河川測量用だとした場合、この小塚にある標石は北上川と迫川のちょうど中間付近という、とても紛らわしい位置にあるので、どちらの川の測量用なのか分かりづらいです。犬子松のは位置が迫川寄りなので、迫川のなのかな…?確か三角標でAが付く物はこの2つ以外見つけてないはずなので、もう一つ見つかればハッキリするのでないかと思います。

kozuka_m5.jpg
「明治三十四年」
犬子松のと同時期です。

kozuka_m6.jpg
「三角標」

kozuka_m7.jpg
上面です。
手前(下)側が「宮城縣」の面です。これも犬子松のと同様に「宮城縣」の面が東を向いています。

標石の大きさは 15x15x40cm (5寸角)
高さは「宮城縣」の面で、本来の露出する部分のみの高さは38cmくらい。この辺り、ちょっと誤差がありますね。
十字マークは9cmでした。

この後、笹藪の南側に抜けて藪の西側に沿って進んだら楽に戻れました。
前の記事のここで、右(西)の方へ進めば楽に行けたということですね…。
[登米小塚宮城縣三角標]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。