標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2018/03/11(日)
丸森町の町立大内小学校の東2.5km付近、福島県境鈴宇峠近くにある四等三角点。
※この記事は“羽山”(新地町)の続きです。

次は“鈴宇峠”へ向かう。
点の記には新地町の上真弓地区より山道を西進するようなことが書かれているが、40年以上前に調製された古い物のため、現在は大分変わっているようだ。地形図を確認すると鈴宇峠付近まで車道を行き、そこから登山道を登るだけで比較的簡単に行けそうに見える。

suzuutouge1.jpg
先ほどの常磐道をまたぐ跨道橋の所から、さらに南西方向へ800mほど進み、画像の十字路を必ず止まってから右折する。
この辺りが点の記に書かれている上真弓地区のようだ。

suzuutouge2.jpg
550mほど進み、また右折。
昔はここから山道(点線道)だったのだろう。

suzuutouge3.jpg
立派な車道になった「山道」を約1km進むと左側に登山口と駐車場があった。

suzuutouge4.jpg
三角点がある尾根へはここを登っていけば簡単に行けそうだ。

suzuutouge5.jpg
この道は鹿狼山への登山コースだったのか。どうりで他にも登山客が車を駐めてるわけだ。
ちなみに私は鹿狼山のことを山頂の鹿狼神社付近にある木の生え方から「モヒカン山」と勝手に呼んでます。

suzuutouge6.jpg
登山道はきれいに整備されていて歩きやすいです。

suzuutouge7.jpg
どうやら尾根に到達。
画面中央付近に気になる白い杭が打たれてますが、基準点でも境界杭でもありませんでした。

suzuutouge8.jpg
細い尾根を進む。
この辺りが鈴宇峠なのかな?

suzuutouge9.jpg
画像の分岐で斜め右へ。
鹿狼山へはここを斜め左。恐らく間違うことは無いと思いますが、道標が無いのはちょっと不親切かも。

suzuutouge10.jpg
右(西)の尾根へ進むと小さな土塁っぽいものが尾根沿いに続いている。これが点の記に書かれている火防線なのだろう。
火防線といえば川渡温泉から入っていったところにあった二等“横山”を思い出すなぁ。

suzuutouge11.jpg
尾根沿いに進むと、普段人がこないせいか、だんだん道が荒れてくる。
目の前のピークに三角点があるのかな?

suzuutouge12.jpg
おっ、赤白ポールっぽいものがあるぞ。

suzuutouge.jpg
あったー!

suzuutouge13.jpg
標石のアップ。
入町”などと同じく字が達筆な、いわゆる「下手くそ四等標石(笑)」ですね。相変わらず「四」と「等」の字のバランスの悪さが酷すぎます(笑)。 これだと良く見えませんが「角」の字も昔の標石のように「肉」っぽい字にしようとして失敗している悲惨な標石です。どこにでもありそうで意外と見かけないので結構好きな石だったりします。

suzuutouge14.jpg
上面です。
点の記には保護石4個と書かれていますが、現状は2個になっています。

suzuutouge15.jpg
木々の間からモヒカン…でなく鹿狼山が見えます。ここから直線で1.6km程度のようですが、結構遠くに見えますね。
[鈴宇峠(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト