FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2018/07/16(月)
秋田県にかほ市象潟町の道の駅象潟の南西800m付近、物見山山頂にある三等三角点。

今日は以前大東岳花渕山などに同行していただいた知人のY氏と一緒に山形・秋田に跨がる鳥海山付近へやってきた。純粋に観光目的で来たので本来なら標石探しなどしないはずだったが、せっかく遠くまで来て何も探さずに帰るのはさすがに勿体ないのでY氏に一カ所だけでいいからとお願いし、目的地の一つである象潟の近くの三等を探すことにした。…この流れ、鉄博以来かな?

sainokami1.jpg
山形県酒田市の玉簾の滝などを観光後、R7を北上し県境を越え、秋田県にかほ市に入る。県境から約12km進み、道の駅象潟手前の交差点を左折する。

sainokami2.jpg
ここを右折しても道の駅へ行くことが出来るが、それは後のお楽しみなのでとりあえず直進する。

sainokami3.jpg
R7交差点より650mほど進むと物見山の近くに到達する。
点の記の要図を見ると機材を持ち込む都合で物見山の北側から登っているようだが、我々は道路から「登山道」経由で行くことにした。地形図を見ると画像の民家の脇が「登山口」のはず。

sainokami4.jpg
同じ場所で右を向くと、既に山頂と東屋が見えている。

sainokami5.jpg
民家の角には物見山の看板があった。「登山口」はここで間違いないようだ。
少し先に階段がある。あっちからも行けそうな感じだ。Y氏が試しに行ってみるとのこと。

sainokami6.jpg
畑の中の登山道を進む。
Y氏とはこの先の突き当たりで無事合流した。

sainokami7.jpg
突き当たりの合流点を右折すると階段がある。ここでやっと山に取り付くようだ。

sainokami8.jpg
山の中腹には石で出来た鳥居と小さな祠がある。
先ほどから書いているとおり、この山の山名は物見山だ。才ノ神はR7から左折した交差点付近の地名であり、物見山の所在地名ではない(※)。ということは、この神社に奉られているのが「才ノ神」なのか?
近くの道の駅には、この神社の分社?と思われる「才の神神社」があるようだが、そのご神体は男性の象徴らしい。つまり才ノ神とは道祖神みたいなものなのかな?
※ちなみにこの山の所在地は「象潟町字一丁目塩越」で塩越一丁目ではないようだ。まぁ仙台にも「六丁の目」って地名があるし。

sainokami9.jpg
稜線上に赤白ポールが見える。もう一息だ。

sainokami10.jpg
山頂に到着。東屋の向こうに見えるのは日本海です。

sainokami.jpg
標石です。

sainokami11.jpg
等級面(南面)のアップ。
右上の欠けが気になります。

sainokami12.jpg
上面。保護石4つ。

sainokami13.jpg
上面のアップ。ICタグ付きです。
結構欠けまくってますね。
[[秋田]才の神(三等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト