FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2018/08/05(日)
岩沼市のグリーンピア岩沼内、東京第一ホテル岩沼リゾートの北600m付近にある四等三角点。
※この記事は“土平”の続きです。

次は四等の“黒森”へ向かう。
「黒森」は山の名前として結構ありがちな名前だと思う。当ブログの記念すべき第1回目探索の2ヵ所目がそうだし、亘理と角田の境にある一等も黒森山である。どちらも初期の記事で私にとってかなり印象に残っている点であり、点名だ。なので「黒森」と名の付く点はちょっと気になるのである。

kuromori_i1.jpg
先ほどの所より画像の県道25と39の交点まで戻り、右折して、県道39をR4方面へ南下する。

kuromori_i2.jpg
一つ上の画像の交差点より南へ2.3kmくらい進み、画像の交差点を右折する。

kuromori_i3.jpg
右折すると「グリーンピア岩沼」のアーチがある。以前とデザインが変わったような気がするなぁ。
左の「i」を図案化したマークは岩沼市章かと思っていたら、どうやら違うらしく「岩沼市が目指す将来像」を表してるみたいですね。※具体的なことは、これ(pdf注意)を参照。

kuromori_i4.jpg
アーチの所より900mほど進むと、何やら料金所のようなものが。
以前は入場料を取っていたみたい(たぶん)ですが、今はスルーして良いみたいなのでそのまま通過。
ちなみに「黒森」という地名はこの付近のことらしく、三角点がある所は点の記に書かれている通り「三色吉」が正しいようです。

kuromori_i5.jpg
料金所跡より約600m、3つ目の溜め池のダム上の道が三角点への入口のようだ。
が、ここからだと少し遠いような気がするので、もう少し先の別の所から行こうと思う。

kuromori_i6.jpg
一つ上の画像のダムより、さらに350mほど進む。
地形図を見た感じでは、ここから入っていくのが一番近いような気がする。なお、ここから先は一般車両が入れないようになっているので、入口の角に車を駐めて徒歩で行くことになる。

kuromori_i7.jpg
入口より坂道を70m登ると、立派な公衆トイレがある。
ところがなんと、使用出来ないではないか!冬期ならまだ分かるが最も使用者がいると思われる夏期に閉鎖しているとはどういうことだ。小さいほうならまだしも、Bigなほうはそこら辺で野○をしろとでも言うのか。
…まぁトイレの件はひとまず置いといて、周りを見回すが舗装道路はここで終わりらしい。良く見ると近くに「ノルディックコース 上・中・初級者 もみの木の道へ」と左へ進むように書かれている道標があったので、素直にここを左へ行ってみる。

kuromori_i8.jpg
道標の通り、U字溝のフタの上を進み、突き当たりを右へ行って階段を登ると別の舗装道路に出た。これが例の「もみの木の道」のようだ。
三角点へは、ここを右へ行けば良いみたい。

kuromori_i9.jpg
それにしても今日は暑いなぁ…。

kuromori_i10.jpg
階段より230mくらい進むと地形図に描かれている通り、分岐があった。ここを右へ進めば良いはずだ。

kuromori_i11.jpg
分岐にあった「自然散策マップ」を良く見ると、これから行こうとしている三角点がちゃんと描いてあった。親切だなぁ。ところでこの「(大平)」って何ですかね…?もし点名のつもりだったら間違ってますよ~。

kuromori_i12.jpg
右へ曲がったとたん、今までいなかった蚊が急に出てくるようになった。茂みから出てきたのだろうか。腕を振ったりして蚊と格闘しながら進む。

kuromori_i13.jpg
おっ、どうやらこの上っぽいな。

kuromori_i14.jpg
標石と斜めになった標示杭を発見。

kuromori_i15.jpg
標示杭は根本付近で真っ二つになっていて、中に木の棒が入っていました。草刈り機でやっちゃったんでしょう。ありがちですね。

kuromori_i.jpg
標石です。

kuromori_i16.jpg
上面です。
[黒森(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト