FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2018/10/07(日)
山形県飯豊町・小国町境のR113新宇津トンネル小国町側坑口の南南西50m付近にある3級基準点(公共基準点)。
※この記事は「H29 2-1」の続きです。

今日は旧二等水準点標石は見つけられなかったけど以前から見たかった(旧)宇津トンネルを見ることが出来たし、まぁ良かったかな。
じゃ、帰るとするか。

H30-302_1.jpg
(旧)宇津橋を渡り、先ほど降りてきた坂道を登る。

H30-302_2.jpg
坂を登ったら右折。

H30-302_3.jpg
旧道からの分岐まで戻ってきた。

H30-302_4.jpg
あれっ?もしかして!?

H30-302_5.jpg
これは…金属標だ!来るとき気が付かなかったよ。

H30-302_6.jpg
さっきのとそっくりだけど、こっちのは3級みたいだな。これ閲覧サービスに出てこなかったぞ?
これも国土地理院の基準点じゃないけど、さっき公共基準点をネタにしたからこいつも記事にしてしまおう。最近ネタ少ないし…。

H30-302.jpg
点名は「H30-302」か。
H30年(平成30年)に設置した3級の2ヵ所目って意味だろうな、たぶん。今年設置したばかりだから閲覧サービスに出てこなかったのか。設置者は飯豊山系砂防事務所で、書いてある名称は違うけどさっきの2級と同じ国土交通省北陸地方整備局が設置したもののようだ。
金属標はそのままアスファルト舗装に埋め込んだものではなく、軽量標識に付けた物をわざわざ舗装をカットし穴を掘って埋め込み、さらにモルタルで上面舗装までしてある。アスファルトはコンクリートと違い、熱で変形するからだろうけど面倒だな。
[[山形]H30-302(3級基準点)]の続きを読む