FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/02/24(日)
石巻市の牧山道路・牧山東トンネル南東側坑口の北北西400m付近、牧山南西尾根上にある四等三角点。
※この記事は「H24-F-1」の続きです。

大門崎公園内の基準点を一通り確認したため、「おまけの」四等へ向かう。

ibaratsu1.jpg
公園のすぐ上には鉄塔が2本設置されている。
気になったので確認してみたところ、手前が仙台放送のお天気カメラで、奥がソフトバンクの携帯電話基地局のようだった。

ibaratsu2.jpg
山頂の零羊崎神社へ続く参道でもある尾根道は車道になっている。神社のほうに入口があり、大門崎公園で終わっている。公園や一つ上の画像の鉄塔の管理で使われるのだろう。
点の記によると、この道は通称「山桜の道」と呼ばれているそう(※)なので、桜の時期には結構人が来るんだろうな。但し入口はチェーンで封鎖されているため、一般車の乗り入れは出来ないみたい。
※検索しても出てこないので本当なのか疑問

ibaratsu3.jpg
公園より350mほど進んだ辺り。道端に謎の標石を発見!

…したと思ったらただの石でした。 orz
前の記事で書いた「四角い石が転がっていると何でも標石に見えてしまう」現象の実例です。完全に病気です(笑)。

ibaratsu4.jpg
三角点までの道は最も傾斜が急な所でもせいぜいこの程度なので、微妙に遠いけど大して疲れない。さすが車道。

ibaratsu5.jpg
公園から1kmくらい歩き、三角点の近くまで来た。
標石は右奥の一番高い所にありそうなので、この辺りから入ってみよう。

ibaratsu6.jpg
この先だな。

ibaratsu7.jpg
画像からは分かりづらいですが、標示杭発見。

ibaratsu.jpg
標石です。

ibaratsu8.jpg
等級面(南面)のアップ。

ibaratsu9.jpg
東面。

ibaratsu10.jpg
南面「宮 201」
「宮」キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
水路部とか宮石漁の標石がインパクトでかすぎて霞んでしまっていたけど、ここの四等はレアな「宮 標石」だったのである。

ibaratsu11.jpg
なので西面は、これまたレアな「地理調」ということになる。

ibaratsu12.jpg
上面です。
[伊原津(四等三角点)]の続きを読む
スポンサーサイト