FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/04/30(火)
秋田県大館市の秋田道(E7)釈迦内PAの東1.4km付近にある仙鉱三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。
※この記事は“高森”の続きです。

次はすぐそばにある仙鉱三角点。


takamori_sk1.jpg
手前が四等標石で、奥が仙鉱三角点です。


takamori_sk2.jpg
四等の北西80cm。
点の記の要図には1.0mと書かれていますが、ちょっと違うようですね。


takamori_sk.jpg
標石です。
昨日のとは違い、比較的最近の物のようです。
仮にこれが釈迦内鉱山の測量に使われたのだとすると、釈迦内鉱山は昭和37(1962)年に日本鉱業が鉱床を発見したらしいので、その頃に設置されたものではないかと思われます。四等標石が昭和39年8月設置で、その時既に仙鉱の標石があったはずですから、大体この頃で間違いないでしょう。


takamori_sk3.jpg
南面「仙 鉱 三角点」
左から「仙鉱」、「鉱」と「点」の字が現代の漢字になっているのが、昨日との違いですね。字体もなんか重みが無いというか安っぽくなっています。よく見かけるタイプです。


takamori_sk4.jpg
東面。
面倒なので泥を落としていません。(雨が強くなってきたのでそれどころじゃない)


takamori_sk5.jpg
北面。


takamori_sk6.jpg
西面。
南面以外には何も彫られていません。


takamori_sk7.jpg
この標石はずいぶん角が丸いような気がします。気仙沼辺りにある標石はこんなに丸くなかったはず。


takamori_sk8.jpg
上面です。
うーん、丸いですねぇ。

標石の大きさは 15x15x20.5cm。高さはこの状態での南面のものです。
十字マークの大きさは約4.7cmくらいでした。

この後来たルートを戻りましたが、雨+笹藪という最悪の組み合わせのため、雨具などを装備していないアホ2名はずぶ濡れになって車に戻りましたとさ。
[[秋田]高森仙鉱三角点]の続きを読む
スポンサーサイト