FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2020/03/21(土)
福島県南相馬市原町区のJR常磐線磐城太田駅の西南西3.8km付近にある一等磁気点。
※この記事は「H29-基II-3」の続きです。

堤体上にある基準点の確認が終わったので、磁気点探しに戻ろう。


haranomachi01.jpg
前の記事の1枚目の画像に示した赤枠の範囲にはため池北側の堤体の大半も含まれているが、堤体上はもちろん、その内側にも標石のような物は見あたらない。


haranomachi02.jpg
ため池の北東角。
比較的平坦な場所だが、水位が上がると水没してしまうのでここに設置するとは思えない。


haranomachi03.jpg
やはり畑か。
畑の真ん中ってことはありえないから、端の方だろうな。


haranomachi04.jpg
うーん…。標石どころか、ナントカ観測装置らしきものも見当たらないぞ。やはりここには無いんだろうか?
となると、ため池の東にある小さな山の中なのかな。


haranomachi05.jpg
よく見ると、2つ上の画像の右側に山へ入って行けそうな踏み跡のようなのがあるではないか。早速入ってみよう。


haranomachi06.jpg
確かに山道っぽいのはあるけど…磁気点は三角点と違って必ずしも山頂に設置する必要は無いからなぁ。


haranomachi07.jpg
山頂はまだのはずだけど、山の北側に人工的な平場がある。まさか…。


haranomachi08.jpg
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
どう見ても標石だろ、これ!!


haranomachi09.jpg
上面に、まるでニッスイのマークのような二重丸。間違いなく磁気点だ!!


haranomachi.jpg
標石です。
久々に自力で発見したので、もの凄く嬉しい!!


haranomachi10.jpg
南面「磁氣点」
磁気点も三角点と同様に南向きのようです。道路側を向ける水準点だけが例外なのかな。
以降、反時計回りで。


haranomachi11.jpg
東面「基本」



北面「No. ??」
点番号のはずですが肝心の数字部分が良く見えません。削られたのか意図的に消されたような感じです。でも、よーーく見てみると、何となくですが「57」に見えるような見えないような?(人によって見え方が違うかも)
手元の資料(例の保存していたやつ)によると“原ノ町”の磁気点番号は「75」のようです。…ん?まさか75と57を間違えて設置しちゃったのか!?これが本当なら番号部分を削ってごまかした可能性が。
ちなみに点番号57は“姫路”みたいですね。向こうには何番の標石が設置されたんだろう。


haranomachi13.jpg
西面「地理調」
これだけでもレア度高いです。


haranomachi14.jpg
上面です。
標石の周囲には観測用の磁気儀を載せた三脚を設置するための杭が打たれています。杭は標石を中心として半径40cmくらいの位置に打たれているようです。


haranomachi15.jpg
上面のアップ。
だめだ、ニッスイのマークにしか見えなくなった(笑)

標石の大きさは 15.5x15.5x17.5cm (幅x奥行きx高さ) ※二等・三等三角点標石とほぼ同じ大きさです。
二重丸の外側の円の外径 約7cm
二重丸の外側の円の太さ 約1cm
二重丸の中心の円の直径 約1.5cm


haranomachi16.jpg
三脚を設置する杭には貫通していませんが穴が開いていました。機材の重みで開いたというよりは、三脚が固定されやすいようにわざと開けたような感じです。


haranomachi17.jpg
標石の西には倒れた石碑がありました。「黄金山」と彫られています。昔、この辺りで金が採れたのか、それとも涌谷の神社と関係があるのかな?


haranomachi18.jpg
標石から石碑(があった場所)までの距離を測ると、ぴったり5m。これは標石の位置を決める際にわざとこうしたのでしょう。


haranomachi19.jpg
ちなみに標石の北東にある木までの距離も、ぴったり5mでした。分かりやすい要図になりそう。

あれっ?すっかり忘れてたけど、そういえば「地球電磁気連続観測装置」ってどこにあるんだ!?
周辺にそれらしき物は無かったし、山頂まで行ってみたけどやっぱり無かった。何でだろう。
新しい配点図をよく見ると点名が「原ノ町」でなく「原町」と書いてあるし、点番号は3に変更されている。ここは廃点にして、別の場所に新たに設置したと考えれば良いのかな?

前の記事にも書きましたけど、今日は保険としてこの周辺にある基準点の資料も持ってきていて磁気点の有無にかかわらず数ヶ所寄るつもりでいましたが、これだけの成果が得られたので探索はこれで終了。もうおなかいっぱい大満足。
[[福島]原ノ町(一等磁気点)]の続きを読む
スポンサーサイト