標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2009/09/21(月)
秋田県大潟村の八郎潟干拓地南東にある御幸橋近くの三等三角点。

男鹿半島観光もいよいよ終盤。そろそろ帰らないといけない時間になってきた。
(初めから日帰りするつもりでした)
そこで秋田自動車道へ向かうため御幸橋を渡っていこうと思ったのだが
そういえばあそこには「大潟富士」という標高0mの山(人工)があって
すぐそばに三等三角点「みゆき橋」があるということを思い出した。

八郎潟の観光の目玉として地元で造ったと思われる大潟富士へ寄れば
もう1箇所標石が拝めると思った私は「この近くに面白い山があるっすよ~」
とか言って強引に母親達を連れて行った。カーチャンごめんな…。

miyukibashi1.jpg
というわけで、大潟富士に到着。本当に小さい山だな。
つうか「山」って呼んでいいのかよ、コレ。
意外にも無理矢理寄ったにしては母親達には好評だった。

miyukibashi2.jpg
「山」のすぐそばにある電話ボックスのようなコレは
“登頂記念”の記帳をするところである。
なかなかシャレがきいてて面白い。大潟村の観光担当の“本気”を感じる。

miyukibashi3.jpg
さて、肝心の三角点は大潟富士の“ふもと”にある。
標高は-3.83mなので、“山頂”が0mならば標高差は約3.8mとなる。
これは一般的に最も低い山(※)と言われている
大阪の天保山の4.53mよりも低いということになる。

※宮城県人の私としては日本一低いのは蒲生干潟にある
 日和山を推したいところなんですが。

miyukibashi.jpg
埋設法はお馴染みの上面舗装による地下なのだが、
必要ないはずの保護石がなぜか埋めてある。しかも3つ。
平成15年に高上改埋した際に3つ埋めたようだが、なぜ3つ?


MAP


DATA
基準点コード:TR35940708001
緯度:39°59′10.5094
経度:140°00′30.1343
標高:-3.83 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/102-c5920609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック