標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2009/11/08(日)
東北自動車道大和ICの北方4.5km付近にある二等多角点。

次は大衡村にある多角点へ行くことにした。
ここも標高点なのだが、今日行った他の点と違い標高の値は整数値である。
どうなっているのだろう?

16480-1.jpg
大和町の仙台北部中核工業団地より村道を北へ進み、画像の所で左折する。

16480-2.jpg
車一台がやっと通れるような狭い農道を走り、東北道をくぐって反対側の側道に出た後、画像の所で右折。
すぐにゲートがあるため、ここからは徒歩で行くことになる。

16480-3.jpg
途中にNTTドコモの基地局がある以外はただの林道のような道を進む。
林道とはいえ一応車道なので歩くのはとても楽だ。

16480-4.jpg
ゲートより800mほど進んだ辺り。この斜面の上に多角点がありそうだ。
よく見ると、あれ?誰か歩いたような跡があるぞ??

16480-5.jpg
藪をかき分けながら雑木林の中を進む。
点の記には山頂にあると書いてあるが山頂がどこなのか分かりづらい。
GPSを見ながら進み、ここでも標示杭を発見。

16480-6.jpg
ここも先ほどと同じミニストーンサークル状態である。
菅生PAのそばで見たのと比べて、富谷周辺のは大変特徴的だ。
そしてここの標示杭も新しい。
しかも多角点周辺はつい最近刈払らわれたばかりのようで、切ったばかりのような笹がすぐそばに落ちていた。
先ほど見た足跡の主が刈払ったのだろうか?
国土地理院の調査官か、それとも同じ趣味の人か?
標示杭が新しいので恐らく前者だろう。
だとすると今日見た他の点も最近調査されていると思う。
近々点の記が新しくなるのかも?

16480.jpg
金属標です。
金属標でも標石と同じで上面の十字が東西南北を向いているようなのですが、ここのは45度位ずれてました。

それにしても、多角点探索って三角点とひと味違って楽しいなぁ。
タイトルを「つかピロの多角クエスト」に変えちゃおうかな?


MAP

DATA
基準点コード:TR95740576301
緯度:38°28′30.5621
経度:140°54′49.2488
標高:103.86 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/111-eae35c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック