標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2010/01/01(金)
宮城教育大学の北西500m付近にある四等三角点。

次は「郷六」へ行こうと思った。
特に理由は無く、大崎八幡宮の近くだったからである。

地形図を見ると三角点へ通ずる道が書かれていない。
ところが点の記には三角点のそばに東屋が2つあることになっている。
東屋があるのなら、そこへ行く道があるはずだ。

点の記によれば宮教大の8号館駐車場に車を停めて、そこから散策路を歩いて行くことになっている。
宮教大になんて勝手に入れないだろ…無理だ。初めはそう思った。
でも標石の所在地は仙台市の所有になっている。つまり大学の敷地内では無いのだ。
おそらく一般に開放されている散策路なのだろう。

gouroku1.jpg
地形図ではなく、いつもGPSで使っている地図ソフトを見たら何と道が書いてあるではないか!
道は発電所がある三居沢まで繋がっているようだが結構距離がある。嫌だな。
でもよく見ると宮教大の南西にも入って行けそうな所があるようだ。ダメ元で行ってみるか。

gouroku2.jpg
一つ上の画像の上の矢印は入口が分からず、また車を停める場所が無かった(と思う)。
下の矢印の所へ行ったところ「青葉の森散策路中央入口」「青葉の森管理センター」と書かれた看板があり、車が入って行けそうな道があった。
ところが本日は年末年始の期間で休業のため、入口が閉鎖されてしまっていた。orz
とりあえず入口の前に車を停めて降りてみる。散策路のマップがあるようだ。

gouroku3.jpg
マップを見ると、現在地から東屋がある場所までのルートが書いてあった。
途中で右折するだけのようだ。
何か足りないような気がするが…。手書きなのでこんなもんなのだろう。

gouroku4.jpg
入口は閉鎖されていたが、管理センターに用はないので強引に中へ入った。
というか管理センターだけ閉鎖すればいいのに。人目に付かない場所で管理が面倒だからって青葉の森全体を閉鎖するのは間違っているのではないか?(恐らく三居沢側は閉鎖されてないだろう)
目の前にそのセンターが見えてきた。駐車場があるので普段はここまで車で来ることが出来るようだ。
結構新しめで立派な建物だった。仙台市民でこのセンターと“青葉の森”の存在を知っている人はどれだけいるんだろう?

gouroku5.jpg
センターを過ぎて、数百m進むとマップにも書いてあった分岐点へ到達する。
ここで三居沢方面へ右折する。

gouroku6.jpg
右折すると道は(散策路にしては)急な上り坂になる。
うっすらと雪が積もっているせいか登りづらい。
この寒い中、しかも新年早々何やってんだろ、俺…。

坂を登り切るとマップ通りに東屋が現れた。
でも様子が違う。東屋の建物が1つしかないのだ。
GPSで確認すると三角点がある位置はもっと北西ではないか。
一枚目の画像を見ると分かるように東西に延びる道から三角点の方へ行ける2本の道があるはずだ。
現在位置がその東側の入口のようなので東屋周辺を確認したところ道らしきものがあった。
行ってみよう。

gouroku7.jpg
道は崖っぷちに沿って続いている。地形図と点の記通りだ。
やがて目の前に2つの東屋が見えてきた。
三角点は画像奥側の東屋の左のほうにあった。

gouroku.jpg
やっと見つけた標石。あぁ寒い寒い、とっとと車へ戻ろう。
この後もう一方の道を降りていってみたら、1つだけの東屋の手前にあった「予告 150M先 地すべりの危険が…」の看板のところに出ました。ここから登ったほうが早そうです。


MAP

DATA
基準点コード:TR45740361601
緯度:38°15′46.9623
経度:140°49′39.3906
標高:159.61 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/122-a2b76a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック