標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2010/05/09(日)
東北自動車道、三本木PA(スマートIC)の東南東1.2km付近にある二等三角点。
東松島市の宮戸島にある大高森とは別。

宮城に住む人で「大高森」はどこか?と聞かれた場合、普通は奥松島の宮戸島にある山と答えるだろう。
というか、それ以外に大高森など無いと思うに違いない。

ところが、あるのだ。大崎市の三本木に。
しかも宮戸島のと同じ二等三角点だったりするので、非常に紛らわしい。
いかにも三本木の方が“ニセモノ”のような感じであるが、選点日を調べると三本木が宮戸島のよりも10年早い。(宮戸島のは、その後昭和47年に再設)
つまり三角点としては、こっちの方が先なのだ。

とにかくネタとしては大変オイシイ点なので、このブログでも早々に取り上げるつもりだった。
が、なぜか何度行っても辿り着けなかった。いや、正確にはルートが分からなかったのだ。

ここに初めて来たのは昨年の6月16日。
予め点の記や地形図を元にルートを考えていったつもりであったが、点の記を参考にしたルートだと笹藪に遮られ、裏の北側にまわってみたものの登り口を見つけられず後日ということで帰った。
その後、11月8日には北側にある溜め池付近から登ろうとしたのだが、急すぎて危ないため断念した。
この他にも、こっちの方へ来る度に一度か二度来ているはずだ。
その度南側の笹藪入口と北側をウロウロして帰って行った。
実に今回で4度目または5度目のチャレンジとなる。

この「大高森」周辺の地形図で去年の6月頃には無く、最近のにあるものがある。

送電線”だ。

確かに昨年ここら辺をうろついていた時に工事をしていたような気がする。

送電線があるということは、鉄塔のメンテナンス通路があるはずだ。
それを利用すれば比較的容易に山へ入っていくことが出来るし、もしかしたら三角点の所まで道が続いているかもしれない。
三角点の東側に変電所が新設されているので、入口が分からなくても変電所付近へ行けば何とかなるだろうと考えた。

とにかく行ってみよう。今度こそ、今度こそ辿り着けるかもしれない…!

ootakamori1.jpg
まずは、毎度お馴染みの南側の笹藪へ行ってみる。
山の西側に工事中の道路があるため、そこに車を停めて画像の所を左折する。

ootakamori2.jpg
農道を道なりに進むと小さな溜め池がある。
その溜め池の右端に画像のような入口があるのだ。
濃いめの笹藪だし、これがどこまで続いているのかは分からない。
いつもなら頭だけ突っ込んで断念していたのだが、今回は違った。
笹藪に対し変な耐性が出来ていた私は、ほとんど躊躇することなく中へ入っていったのだ。
つい先日行ったもう一つの大高森の近くの点、メカル崎のに比べれば大した事は無い。

ootakamori3.jpg
笹よりも途中の倒木に難儀しながらも進んだところ、立派な道に出た。やった!
しかし、どこから続いているんだろう?

この道が送電線のメンテ通路であることはすぐに分かった。途中に設けてある階段が東北電力の仕様だったからだ。
少々強引ではあるが、予定したルートに入ることが出来たようだ。

ootakamori4.jpg
案の定、道は鉄塔へ続いていた。GPSで確認すると三角点へはあと約150m位のようだ。

さらに道が続いているため進んでみる。
途中の丸太橋の状況などから、かなり以前からあった道を整備したような感じだ。
ところがなかなか三角点へ近づいていかない。
むしろどんどん離れていき、次の鉄塔の所まで行ってしまった。
やはり、あくまでも鉄塔の保守用の道であり、山頂へは続いていないようであった。

ootakamori5.jpg
今来た道を戻りながら、山頂へ続いていそうな道を探す。
何となく以前は道だったようなものも数ヶ所あったのだが、途中で消えてしまっていて進めない。
一つ上の画像の鉄塔がある広場の南西に笹を刈払った後があり怪しかったのだが、その先に道は無かった。
なので一つ目の鉄塔から少し進んだところの斜面(画像)を強引に登ることにした。

ootakamori6.jpg
尾根には杉と小規模の笹藪があったが、薮を回避するように少し下側を歩き進んでいったので、それほど大変ではなかった。
でもGPSが無ければどっちへ進んで良いか分からないような状況だった。
やがて笹藪の先に待望の標示杭を発見!

ootakamori.jpg
キタ、キタ、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
やっと、やっと辿り着いたぜ、苦労させやがってコンチクショー!!

あ、ちなみにICタグが付いてました。最近、国土地理院の人が来たんですね。
その際、さっきの鉄塔脇を刈払ったんでしょうか?
まず滅多に来る人はいないはずなので、タグ付きにしても意味無いのでは?
…でも二等だしICタグを読める人ぐらいしか来ないから良いのか、これで。

ootakamori7.jpg
帰りは鉄塔への道をそのまま戻り、どこへ出るのか確かめてみた。画像の所に出た。
ここから広い道路へ歩いていったところ、一番上の画像の矢印の一つ奥側の道路を左折した所だったようだ。


MAP

DATA
基準点コード:TR25740670501
緯度:38°30′33.5911
経度:140°56′32.1073
標高:94.25 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/155-31780049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック