標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2011/01/01(土)
東松島市のJR仙石線東名駅の西南西500m付近にある三等三角点。

今日は元旦。
去年の元旦は雪降る中、墓地へ行ったりしていた。我ながらアホだと思う。

今年は大晦日から元旦にかけて天気が大荒れになるということで家でゆっくりと過ごそうと思っていたのだが、天気予報を確認しているうちに明け方は曇りで、もしかしたら初日の出が拝めるかもしれない状況になってきた。
どうしようかギリギリまで迷っていたのだが友人と相談し、今年も初日の出を見に行くことになった。

その初日の出であるが今回は夜中の1時頃に家を出て野蒜海岸付近へ行き、仮眠した後拝むことにした。
早々と行って仮眠するのは、駐車場の確保と渋滞回避のためである。

そこでふと思いついた。
現地に着いてから結構時間に余裕があるはず。ならば夜中に三角点を探すというのはどうだろう?
…バカバカしい。が、面白いのではないか?たぶん誰もやったことが無さそうな企画ではある。
調べてみると、野蒜海岸付近に簡単に見つかりそうな三角点が2つあることが分かった。
野蒜」と「鷹打山」である。何か楽しみになってきた。まずは現地へ行ってみることにしよう。

ということで、
新春特別企画!?深夜に三角点を探すぜコノヤロー!!スペシャルの始まり始まり…。

nobiru1.jpg
まずは「野蒜」である。
…本当に来ちゃったよ。何やってんだ俺。
もちろん友人も同伴であるが、当然ながら車の中で呆れながら待機している。
さて「野蒜」は野蒜海岸近くの奥松島運動公園内にある。簡単に行けるはずなのだが入口は閉ざされていた orz
当然と言えば当然だ。
誰も居ないのをいいことに、こっそり侵入しようと試みたのだが意外に塀が高く、行けても戻って来れなさそうなのでパスすることにした。そのうちリベンジしてやるぞコンチクショー!
仕方がない、「鷹打山」へ行ってみるか。

takautsuyama1.jpg
「鷹打山」の近くまで来た。現在の時刻は午前2時半。風が冷たい。
突き当たりを左折した先に三角点があるはずだ。
ちなみにうっすらと見える突き当たりの看板の先は海である。

takautsuyama2.jpg
一つ上の画像の突き当たりを左折したところ。
うわー近くに民家も街灯も無いから何も見えないぞ!!本当に見つけられるんだろうか?
ちなみに道路の右側は海。

takautsuyama3.jpg
こんな時、役に立つのがGPS。どうやらここのそばにあるらしい。
看板には「鳴瀬ディサービスセンター」と書かれている。これが地形図に書いてある老人ホームの入口のようだ。

takautsuyama4.jpg
点の記の略図通り、一つ上の画像の左側のガードレールのすぐ横を懐中電灯で照らしたところ、あっさりと標示杭を発見。

takautsuyama.jpg
標石です。夜中でもちゃんと見つかった!!
点の記を見て気が付いたのですが、ここの冠字選点番号は「景 第4号」。つまりあの「劔岳 ~点の記~」の主人公でお馴染みの柴崎芳太郎氏の選点ということになる。
でも現況を見て分かるとおり、点の記には平成15年に再設と書かれている。この際に移転した可能性もあるので、場所も標石も柴崎氏が選点した当時とは異なっていると思われる。


MAP

DATA
基準点コード:TR35741414101
緯度:38°22′04.4949
経度:141°08′12.0486
標高:1.93 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/238-70a06a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック