標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2011/01/22(土)
仙台市青葉区の東北道仙台宮城ICの西2.5km付近、西風蕃山(ならいばんざん)山頂にある三等三角点。

先日、JR陸前落合駅から南に延びる県道135を走っていたら「蕃山通り」という標識を見かけた。
蕃山?聞いたことがあるような無いような山だぞ??
調べてみると蕃山とは仙台市西部に広がる丘陵地で(略)…詳しくはリンク先参照。
まぁ単に私が無知だったわけで、特に旧宮城町町民にとっては権現森と同様に大変有名かつ親しみのある山だったのだろう。

蕃山周辺の地形図を見ると登山道も三角点もあり、標高は里山レベルでハイキングコースとしても定番のようだ。
これは行くしかあるまい。
で、詳細を調べようと基準点成果等閲覧サービスを開いたら…あれ?あれれ?リンク先が変わって、操作方法も変わってやがる!しかも使いづらいじゃんこれ!!国土地理院アホか!!
いろいろいじくって何とか点の記を見ることが出来るようになったものの肝心の「蕃山」のが無いじゃん orz
でも経緯度が分かったから、まぁいいか。

蕃山には地形図に書かれていない登山道がいろいろあるようだ。
定番なのは地形図にも書かれている大梅寺から登っていくコース。
でもこれでは目的地の西風蕃山へ行くのに蕃山丘陵を横断することになり最も長距離となってしまう。途中で四等の「半山」を拾っていけるのが唯一のメリットのようだ。
ブログ創設当初の自己紹介文にも書いたように、私は山歩きを楽しむのではなく、あくまでも標石を見に行くのが目的でその移動手段として仕方なく山中を歩いているだけなので、出来るだけ短距離で済ませたい。(←登山好きな方が読んだら怒られそう。でも謝らないぞ)
となるとR48愛子バイパスのダイハツとスバルがある交差点(「一本松」への道)付近から登る蕃山コースとなるのだろうが、いろいろ調べているうちに錦ヶ丘からも登れることが分かった。
比較的短距離だし錦ヶ丘自体標高が高いのであまり登らずに済みそう。さらに蕃山コースの等高線と比較すると錦ヶ丘から登ったほうが坂がゆるやかなようだ。
よし、決定。雪が心配だけど行ってみるか。

しかし最近前置きがどんどん長くなってるなぁ。読み飛ばして良いですよ。…あ、でもこのブログ見てる人なんていないから心配無用か(笑)

banzan1.jpg
錦ヶ丘からのコースは錦ヶ丘東端にある白滝不動尊から登るらしい。
それらしい所へ行ってみたところ、バリケードがあったものの中には入れるようだ。
バリケードの先には最近出来たばかりと思われる墓地と寺、そして画像の鳥居があった。
鳥居の先には白滝不動尊と書かれた石碑があったので、どうやらここで間違いないらしい。

banzan2.jpg
道を更に進むとゲートがあり、ここから先は車で進むことが出来ない。
手前に駐車してここからは歩きだ。

banzan3.jpg
わずかに残る踏み跡とGPSを頼りに進む。
沢沿いに登っていくのが無難なようだ。今の時期だからか、水が流れていないので歩きやすい。

banzan4.jpg
やがて沢は消える。ここから先は直接山の斜面を登らないといけない。
GPSで方角を確認。この、営林署の人が印を付けたと思われる木に沿って登っていけば良さそうだ。
画像は撮り方が悪いので平坦に見えるが、結構急な斜面だ。
等高線から想像していた状況とは全く違っている。踏み跡も無いし。思いっきりコースアウトしちゃった?

banzan5.jpg
何度もコケながら無理矢理登ったら蛇台蕃山の山頂に着いた。
さすがにここは踏み跡だらけだ。辺りは雪だらけなのに道がちゃんと分かる。
ここから東のほうを見ると西風蕃山上のものと思われる電波塔が見えた。たった250m程度の距離なのだが結構遠くに見える。
しかも地形図ではほとんど平坦な所を進めば西風蕃山へ着きそうに見えたのに実際は一旦下ってまた登らなければならない。蛇台に着いた時点でもう西風に着いたのも同然と思っていたのでガッカリだ。

banzan6.jpg
蛇台蕃山から一旦下り、鞍部で右折する。
直進すると小ピークを登らないといけないようだったのでトラバースのつもりだったのだが、気が付くと西風蕃山からどんどん離れていく。ヤバい。吹雪でGPS無しだったら遭難しそうだ。

banzan7.jpg
戻るのが面倒なのと、このまま進めば大梅寺からのコースと合流するだろうという考えが当たり、無事電波塔の下へ来た。近くに見えて遠かった。
ちなみにこの電波塔は地形図に書かれている無線中継所とは別で三角点の南西に位置している。

banzan8.jpg
やっと西風蕃山に着いたようだ。右前方に標石発見。
不動尊のゲートからここまで1時間半もかかってしまった。
素直にR48から登ってくれば良かった orz

banzan.jpg
標石です。
北東の角が少し欠けてました。

時間があれば萱ヶ崎山の「茂庭」にも行こうと思ったけど…やっぱり帰る。雪が融けたらまた来るわ。


MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR35740360201
緯度:38°15′23″.1780
経度:140°46′58″.2295
標高:372.75m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/243-c3e141fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック