標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2011/08/28(日)
栗原市栗駒総合支所の北西1.9km付近にある二等三角点。

友人Kが鶯沢(栗原市)に用事があるという。
今度の日曜にそっちへ行くからついでに三角点を探さないかと連絡があった。もちろん即OKである。
周辺の三角点を数点選び、Kの車で現地へ向かった。

iwagasaki1.jpg
Kの用事はすぐ終わった。早速、三角点探索開始である。
最初はいきなり二等から行ってみる。地形図を見ると比較的近くまで車で行けそうだからだ。
しかも今回の車は林道の覇者ジムニーである。地形図に描いてある道なら大半は行けるはずだ。

岩ヶ崎の町からR457を西へ450mほど進んだところからUターンするように細い道へ入り、東へ80m進んだ画像の所を左折する。

iwagasaki2.jpg
寺と神社の横を通り、さらに道を登っていくと右カーブの途中に車が数台駐められそうな所がある。
地形図を見るとここら辺から登っていくのが、ちょうど良さそうだ。これ幸いと車を駐める。

iwagasaki3.jpg
車から降りると何か道のようなものがあった。木を積んで車両が進入できないようにしてあるが、その先は林道のようになっていた。が、さすがにここを乗り越えてまで車で行く気にはならない。つうかそこまでアホじゃない。
状況よりトレッキングシューズとバシバシ棒3代目)を装備し、ここからは徒歩で進む。

iwagasaki4.jpg
林道を進むと道は右へ折れて下り始める。その手前で左の方へ尾根沿いに登っていく。
点の記には「道無し」と書いてあるが、獣道のような道はある。
が、やっぱりというか途中から画像のような有様である。久々にバシバシ棒を振り回しながら強引に進む。

iwagasaki5.jpg
薮を抜けて割と普通の山道を進んで行くと送電線鉄塔の下に出た。
最近のウォッちずには送電線が描かれなくなったので、ここへ来るまで送電線の存在が分からなかった。
鉄塔の先は東北電力様のおかげなのか、歩きやすい登山道になっていた。
但しクモの巣だらけなので、相変わらずバシバシ棒は振り回しっぱなしである。

iwagasaki6.jpg
突然目の前に「日蓮大菩薩 妙正大明神」と彫られた大きな岩が現れる。
この少し上にも「真太陽神」と彫られた岩があった。名のない山であるが昔から地元民の信仰の山だったようだ。

iwagasaki7.jpg
山頂付近に到着。
四角い水溜のような石があったが、ありがちな祠は見当たらない。
それよりも肝心の標石が見当たらない。せっかくここまで来たのに…。
GPSを見ると三角点はこの先にあることになっている。
この先って、まさか前方の薮の中ってこと?だよな… orz

iwagasaki8.jpg
えぇ、いくら探しても見当たらないんで薮に飛び込みましたよ(泣)
しかもすぐ左は最近崩れたのか崖になっていた。落ちたら死ななくても間違いなくケガしそうなので慎重に進む。
これで見つからなかったらどうしよう…。

iwagasaki9.jpg
薮を10mほど進んだところ、足下に標示杭が!
お前、なんでこんな所に埋もれてんだよ!二等だろ!!

iwagasaki.jpg
何とか標石を発見。嬉しい。
最近簡単な所ばかり行ってたので久々に「探した」って気分になれた。
ちなみに標石のすぐそばにある銀色の四角い物は境界杭のようだった。


MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25840270801
緯度:38°50′29″.3
経度:140°58′41″.4
標高:168.0 m
※経緯度はハンディGPSでの測定値です。
※標高は震災以前の値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/293-c384935f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック