標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2011/08/28(日)
栗原市鶯沢総合支所の北北西2.2km付近にある四等三角点。

次も先程と同様に三角点があるはずなのに地形図には三角点マークと標高が表示されていない点だ。

takatama1.jpg
こんな感じである。
※でもやっぱり旧データの「2万5千分1地図情報を閲覧」をクリックすると表示される。
見た感じ、すぐそばに道が通ってはいるものの何か怪しそう。徒歩道(点線道)では無いけど林道っぽく見える。車で行けるのだろうか?

takatama2.jpg
岩ヶ崎高校の南600m付近より県道179を西へ進む。
4kmほど進んだ画像の所を右折する。
一つ上の画像の地形図だと、現在地は右下付近の例の怪しい道入口である。

takatama3.jpg
右折すると正面に民家があるのだが、そこを右へ迂回するように進む。
どう見ても突き当たりを左折した方が良い道なのだが、地形図には怪しげな右へ行く道しか描かれていない。

takatama4.jpg
民家手前の突き当たりを右折すると通る人がほとんどいないのか舗装路なのに荒れ放題になっている。予想通りの展開だ(笑)
更に進むと画像のような状態だ。これは比較的まともな所で、酷いところは道が雑草で埋まっているところもあった。
そういや今回は友人Kのジムニーで来ているんだった。この程度の道なんか屁みたいなもんだ。Kの車で来て大正解だった。
ただしKよ、大喜びで運転してるけど調子に乗って崖に車ごと落ちないでくれよ…。

takatama5.jpg
GPSを見ながら荒れ放題の林道を進み、三角点の近くまで来た。
三角点への道は無いみたいなので、ここら辺の法面を無理矢理登っていくことにする。

takatama6.jpg
法面を登り、小さな尾根を高い方へGPSを見ながら進んで行く。
さっきの岩ヶ崎ほどではないが、あちこちにクモの巣があるのでバシバシ棒を振り回しながら進む。

takatama7.jpg
そろそろかなと思ったとき、前方に標示杭のような物が。
…近づいてみると、あれ?違う。ただの境界杭のようなものだった。
GPSを見ると三角点はこの付近にあるようなのだが見当たらない。まさか埋まってるとかってのは勘弁してね。

takatama8.jpg
一つ上の画像の境界杭より少し先に、冬場に雪の重みで折れたような木の枝が地面を覆っていた。
よく見るとその中に標石がありました。しかし意地悪な枝だな。

takatama.jpg
枝は意外に大きくてなかなか退けてくれなかったんですが、力業で何とか撤去。
やっと標石を拝めました…。
って、やっぱりあるんじゃん。何で地形図に表示されてなかったんだろう?


MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45840179501
緯度:38°49′40″.8
経度:140°56′24″.9
標高:123.5 m
※経緯度はハンディGPSでの測定値です。
※標高は平成20年10月以前の値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/297-514c7746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック