FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2011/11/03(木)
東北自動車道大和IC料金所の北北東4km付近にある二等三角点。

実は今日は(「今日も」か?)友人Kと一緒である。
私が長町のザ・モールに用事があり付き合ってもらってたのだ。先程の“大年寺”は、そのついでみたいなものだった。
現在時刻はまだ11時前。昼飯にはまだ早いし、さてどうしようか?

Kと先日行けなかった“報恩寺”のことについて話していた。
「あれ、雪が降る前にもう一度行きたいよな」「なら今から行っちまおうか」→“大年寺”で調子づいていた勢いで再度行くことに決定。
問題は車である。今日は私の用事のため、車も私のものだ。だが現地へは途中までであるがKの所有するジムニーのほうが何かと都合が良い。

結局Kの家へ戻り、車を交換してKの車で再度大和町の陣ヶ森へ向かった。

今回は前回の失敗を教訓とし、点の記に書かれているルート(Aルート)を素直に徒歩で進むことにした。

houonji11.jpg
前回、車道の行き止まりだったAルート入口である。前回の記事の3枚目の画像を直進したところになる。
中を覗き込むと笹藪となっているが道は続いている。轍の跡が残っているので元はやはり車道だったようだ。
笹藪はそれほど濃くはないものの手でかき分けて進まなければならないレベルだ。
手元のGPSによれば三角点までの直線距離はここから約370m。微妙な距離だ。この笹藪がずっと続くのだろうか?
ここであることに気づく。バシバシ棒を私の車に忘れてきてたorz
仕方ないのでそこら辺に落ちている折れた木の枝を代用に持って行くことにした。

よし、準備は整った。今日こそ見つけてやっからな。

houonji12.jpg
笹藪道に入って120mくらい進んだところ前方に怪しい小屋が出現した。
見た感じでは人が住む家ではなく、どちらかというと倉庫のような感じ。以前はここまで車で何らかの資材を運んでいたのだろうか?
ここで行き止まりのように見えたが、辺りを見渡すと道はここで左に折れてさらに続いているようだ。良かった。

houonji13.jpg
さらに笹藪は続く。画像はただの藪にしか見えないかもしれないが、これでも道が前方へ真っ直ぐ続いているのである。

houonji14.jpg
道は緩やかに坂を登っていく。GPSを見ると既に三角点のすぐ近くまで来ているはずなのに三角点へ行く道のようなものが見当たらない。それでもいつもなら無理矢理強行突破して行ってしまうのだが、今回は点の記に従ってみることにした。
点の記によれば三角点のある位置より北西の方に三角点(陣ヶ森山頂)への道の入口があるようなのだ。もちろんこの道は地形図には記されていない。今日はずっとここまで笹薮をかき分けて進んできたので少しは楽をしたいと思ったのだ。

GPS上で三角点のちょうど西くらい、峠の少し手前くらいまで登ったところ、右手前の方へ続く尾根道が現れた。
きっとこれが三角点へ続く道に違いない。右折しよう。

houonji15.jpg
尾根道には藪がほとんど無く、背の低い笹や雑草が生えてるだけで今まで通ってきたのに比べれば明らかに“道”だった。GPSを見ると着実に三角点へ近づいている。どうやら「当たり」だったようだ。

houonji16.jpg
道が行き止まりになり、やや広めの場所に着く。いかにも三角点がありそうな場所だ。
辺りを見渡すが標示杭は無い。前方の地面をよく見てみたら標石があった。やった!ついにリベンジ達成だ!

houonji.jpg
標石です。等級が書いてある面から見て右手前の角付近が欠けています。

帰りに途中で見かけた小屋がどうしても気になって仕方なかったので、ちょっと中を覗いてみました。
中は空っぽで窓など無く、やはり何かの倉庫のような感じでした。壁に「残火薬あとに廻わさずその場で処置を」といった、(社)全国火薬類保安協会の標語が貼られていたので、もしかすると火薬倉庫だったのかも。
何だろう?近くを通ってる新幹線のトンネル(三ヶ内トンネル)を掘った時のものなのだろうか?


MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25740573601
緯度:38°26′48″.2163
経度:140°57′27″.2798
標高:90.44 m
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
行ってきました
藪が倍増し標石も探しましたが発見できず。
帰ってから閲覧サービスを確認!
検索を押すと出てくるのですが、肝心の地形図の三角点マークが消えて、標高点になっていました。
標石は回収したのかも!
2019/02/18(月) 19:03 | URL | ゆう #-[ 編集]
ゆうさん、こんにちは。
私も閲覧サービスを確認してみました。確かに陳ヶ森の三角点マークが消えてます!
地形図上にマークが無くなったし、標石は撤去されたようですし、柱石交換の理由も思いつかないので廃点になったと考えるのが普通だと思います。何か寂しいというか残念ですね。
でも検索をかけるとちゃんと二等って出るし、点の記もまだ見られます。今の所閲覧サービスには反映されてないので割と最近廃点したんでしょう。地形図には反映しているので一昨年頃だったのかな?
(閲覧サービスの「永久標識及び一時標識の設置、移転、撤去及び廃点の公開について」には載っていなかったので、もっと前なのかも)
現時点では何もされてないようですけど、近々何らかの開発をするのかもしれませんね。
2019/02/19(火) 12:29 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
こんばんは
今度行こうと思っていた石巻の宮の古い四等「瓦山」なのですが、この間まで成果不良だったのに廃点になっていました!
今度のは逆で観覧サービスの検索からは消えたのですが、地形図にはまだ三角点マークが残っていました!
昔は売っている地形図を参考に三角点を探していたので、こんなことがあると無くなった標石を探してたりしていました!
2019/02/21(木) 19:40 | URL | ゆう #-[ 編集]
こんばんは。
確かに逆のパターンもありますね。
地形図と閲覧サービスの担当者は違うでしょうから当然のことです。

「瓦山」は石巻にもあったんですか。同じ点名が仙台の台原にもありますよね。ゆうさんは既に探索済みなのでご存じでしょうけど、これも「宮」の四等です。偶然なのかな。
台原のやつはcas3氏も既に行っているのに私だけなぜか行ってないんですよね。結構前ですが交差点の角のサイゼリアで食事した際に、確かこの近くに四等があったはずと少し探したことがあったんですが、うろ覚えで正確な位置が分からなかったためそのまま帰ってしまったことがありました。調べているうちに旧位置も判明しましたので、そのうち行ってみたいと思います。
2019/02/22(金) 20:57 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
そおいえば仙台にも瓦山あったんですね、自分いったのに忘れてました。協5で宮273ね。
ちなみに協5の宮標石は他にも栗駒の「愛宕山」宮288。築館の図根点「上太田」宮41
石巻の瓦山は旧河南町「欠前」と「細田山」の西側1.3kmほどで泰3宮229でした。
2019/02/23(土) 22:14 | URL | ゆう #-[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/311-06d05329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック