標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2011/11/13(日)
仙台市若林区の閑上大橋の東600m付近にある四等三角点。
※以前行った時の記事は→コチラ

震災からしばらく経ったある日、Youtubeで震災関連の動画を見ていた時である。
どれも目を覆いたくなるような衝撃的な内容ばかりだったのだが、中でも圧巻だったのがNHKがヘリで空撮した津波の生中継だ。あの時私はたまたま仕事で行ってた野蒜から必死になって戻る途中だった。利府街道辺りで渋滞に巻き込まれていた頃だろう。当然テレビなど見ることが出来ずカーラジオだけが唯一の情報源だったが、こんな事が起きているなど想像も出来なかった。県内全域で停電だったこともあり、実際に生で見ることが出来た人はあまりいなかったのではないかと思う。

nakamichisita5.jpg
そのNHKの空撮ヘリは閑上大橋上空で津波の様子を撮影していた。初め名取川を逆流しているだけのように見えた津波は容赦なく周辺の閑上などに襲いかかった。動画を見ている時点で既に結果が分かっていたにしても、それはあまりにも残酷な映像であった。

その時、ふと思った。「ここ“中道下”だよな?」
“中道下”は画像の赤矢印付近のはずだ。映像を見る限り瓦礫や土砂に埋もれたか、または濁流に流されたのではないかと思った。
「ここ、前に見に行ったんだったな…若林区制覇とか何とか言ってさ。思い出が一つ消えたな…」

nakamichisita6.jpg
その映像の現場へ向かう。
画像は以前の記事の二枚目の画像とほぼ同じ所だ。
今でこそ住宅の土台ぐらいしか残っていないが、当時は泥と瓦礫の山だったのだろう。短期間でここまで片付けた関係者の方々は本当に凄いと思う。

nakamichisita7.jpg
これは以前の三枚目と同じ場所。
堤防だけ見ると以前と変わらないように見える。日本の土木工事の技術は大したもんだよ。さっきも言ったけど本当に凄いよ。

nakamichisita8.jpg
以前と同様に堤防の下を見てみる。
標示杭がちゃんとあった!

nakamichisita9.jpg
コンクリ枡は破損して津波が流れた方向へずれてしまっているが標石は無事だったようだ。
(以前はこうでした。コンクリ枡の後ろにある花はペットのお墓だったようです。お墓を作った飼い主が無事だったことを祈ります)


MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45740271601
緯度:38°10′56″.4610
経度:140°57′12″.7778
標高:0.66 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/314-896627b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック