標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/01/03(火)
岩手県一関市にある自鏡山の南400m付近にある二等三角点。

というわけで今回のテーマである「宮城・岩手県境上の二等」を探してみる。さっきの“藤渡戸”で「県境付近」って書いただろって突っ込みは無しで。あれは“藤渡戸”を含んでそういう表現にしただけである。

一ヵ所目は“前自鏡”だ。すぐそばにある自鏡山の前にある点だからこういう点名になったと思うのだが、その自鏡山のほうが“前自鏡”がある山よりも標高が高い(312m)のに三角点が設置されていない。自鏡山は信仰の山なので聖域を荒らすことは避け、敢えて設置しなかったのだろうか。

点の記によると“前自鏡”の所在地は岩手県一関市となっている。県境上にある三角点がどちらの県に属するのかをどう決めているのか分からないが、標石の中心(+印の交点)が数cmでもその県寄りであれば、そっちなのだろうか?…あれ?どっちかというと標石の位置で県境を決めているんじゃなかったっけ??境界杭とかもそうだしなぁ。まぁ点名の由来になってる自鏡山が岩手だしな。岩手にくれてやるよw

maejikyou1.jpg
一関よりR457に入り栗駒山方面へ向かう。12kmほど走ると自鏡山付近に到達する。画像の「芦ノ口公民館入口」の看板の所を左折する。

maejikyou2.jpg
地形図を見ながら進んで行く。地形図上では道なりのはずなのだが、実際は一ヵ所左折しなければならない。
約1km進むと画像の所に着く。ここを右折すると県境がある峠に行けるが、この坂でこの雪だと私の車では登れそうにないので車はここに駐めて徒歩で行くことにした。幸い広めの待避所のようなのがあるので好都合だ。

maejikyou3.jpg
県境の峠である。三角点へ行くにはこの先の東北電力の中継所へ通ずる道を進む必要がある。

maejikyou4.jpg
ちょっと気になる看板があったのだが、他に行きようがないため自己責任で進む。
三角点は画像の法面の少し奥のほうにあるはずなので赤矢印のように登る。

maejikyou5.jpg
標示杭発見。楽勝。

maejikyou.jpg
標石です。ICタグ付き。ここも保護石をかなり離して設置していました。保護というより目印のつもりかな?赤いのは震災後に改測した際に三脚を立てるために打った杭だと思います。
標石のそばには「金」と書かれた境界杭?がありました。恐らく旧金成町のものでしょう。だとすると三角点は県境の真上のはず?…どうでもいいか。

maejikyou6.jpg
これはひどい(笑)
「角」の字なんて上半分だけだし、しかも適当じゃんw


MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25841205001
緯度:38°52′51″.3079
経度:141°00′09″.0832
標高:267.65 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/325-49efea5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック