標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/01/03(火)
栗原市のJR有壁駅の北西2.2km付近にある二等三角点。

“片馬合”(かたませ)も、宮城・岩手県境上にある三角点である。
所在地は点の記が無いうえに基準点成果等閲覧サービスの基準点詳細にも表示されないため不明だが、点名が旧金成町内の地名なので宮城の三角点ということで間違い無いだろう。

ここは点の記が無いだけでなく現況が「報告なし」になっている点だ。本当に標石が現存しているのかすら怪しいのだが、基準点成果情報は「正常」扱いになっている。…何か良く分からないというか国土地理院も適当だなぁ。まぁかえってミステリアスな感じがして探す楽しみが増すけどね。

katamase1.jpg
点の記が無いので地形図を見てみる。(大きい地図はコチラ
なんだ、道路沿いじゃないか。こんな超楽勝っぽい場所にあるくせに何で報告無しなんだ?

以前の失敗を教訓に念のためGoogleマップやYahoo!ロコの航空写真で確認してみた。すると、画像のA,Bルートは林道のようだった。AルートはR4から入れるのかすら怪しいし、BルートはAルートとの合流前に道が消えてしまっている。勾配もきつそうだ。しかもこの雪だ。仮にAルートに入れたとしても私の車では不安すぎる。
Cルートは三角点の近くまで道が繋がっていない。が、舗装路が「C」の字の上付近まで続いているようだ。すぐ近くに民家があるので除雪もされているだろう。その先も状況次第では車で行けそうである。途中から徒歩で300~400mほど進む必要があるが歩くには大した事無さそうな勾配だ。

以上の事より画像の「Cルート」を行くのが良さそうだと判断した。

katamase2.jpg
画像は一枚目の画像の「B」の字の下付近である。ここを右折する。

katamase3.jpg
東北道沿いに1.2kmほど北進し、画像の所を赤矢印の方へ進む。

katamase4.jpg
途中から農道になったが、雪がそれほど積もってなかったのでそのまま車で進む。後でUターン出来そうな所に車を駐めて、ここからは徒歩だ。
地形図とGPSを見比べ、画像の赤矢印の斜面を登っていくと良さそうだと判断した。

katamase5.jpg
緩やかな尾根に沿って進んで行く。季節柄、藪がほとんど無くて楽だ。判断は間違い無かった。

katamase6.jpg
GPSを見ながら進んで行ったところ標石を発見。標示杭は無かった。やはり国地院の人は最近来てないのか?

katamase.jpg
標石です。
ここも保護石が離れてるなぁ。この頃(明治40年頃?)の流行り?なのかなぁ。見た目はカッコいいけどね。


MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25841205801
緯度:38°52′50″.5961
経度:141°06′08″.9820
標高:161.10 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こちらも今日行って来ました
Aルートからです!少し手前までなら普通車でも行ける道ですが倒木がありました
かえってきてから、ここで確認してみました!
2016/05/15(日) 17:12 | URL | ゆう #-[ 編集]
初めコメントをメールで読んだとき「Aルート」がどうたらと書いてあったので、二等“報恩寺”の事かな?と思ったら“片馬合”のほうでしたか!あぁ確かに行きましたねぇ。
記事中にも書いてありますが、この時はまだ冬のため道路が積雪で簡単に行けない時でした。雪さえ無ければ東からのAコースを試してみたと思います。
でも倒木があったんですか?じゃ手入れされてない荒れた林道っぽいですね。
2016/05/16(月) 20:09 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/326-ede5cc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック