標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2009/05/06(水)
ご存じの方も多いかと思うが、
この貝抜沢には四等三角点の他に謎の標石が2つ埋まっているという。

一つは御料局三角点という皇室用地がらみのもの、
もう一つは宮城県の古い標石だそうだ。

俺もぜひ見たい!ということで行ってみた。

kainukizawa1.jpg
先ほどの石宮の林道をさらに東進し絹掛牧場の真ん中当たり、
ミヤギノGGPセンター入口に来た。

ここを入っていく。

kainukizawa2.jpg
普通車には不向きな悪路が続く。
左手に地蔵堂が現れてから少し進むと画像のように道が二手に分かれる。
最高所を目指すので当然左に行く。

kainukizawa3.jpg
左に進むとすぐに山頂付近と思われる場所になる。
点の記では道路より北のほうに三角点があることになっているが、
山のピークは南側になっている。
元々は先ほどの分岐を右に行くルートしか無くて、
左の道は最近造られたのではないだろうか。

画像の辺りから中に入っていく。

kainukizawa4.jpg
うひょー!!標石がいっぱいある!

kainukizawa.jpg
まずは、貝抜沢の四等三角点。

kainukizawa5.jpg
御料局三角点。裏に「二等」と書いてあります。

kainukizawa6.jpg
謎の宮城県の標石。
他にも「第百八十六号」「明治二十六年」と書いてありました。
大高森にあった物とは別のようです。


MAP


DATA
基準点コード:TR45741508201
緯度:38°29′18.5697
経度:141°01′24.139
標高:142.54 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/37-af4571d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック