標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/04/01(日)
丸森町役場の南東3.8km付近の鬼形山山頂にある二等三角点。

今回は丸森町の二等へ行ってみようと思う。“太郎山”へは以前行ったので、まずは“大沢山”へ行ってみる。

oosawayama1.jpg
地形図には山頂への徒歩道が描かれていないので、まずは点の記に従ってみることにしよう。
丸森の中心部よりR113を新地方面へ進む。金山小学校付近で直角に右折後1kmほど進むと右の方に橋が見えてくる。この橋を渡るのだが、R113からは直接橋へ曲がれないため画像の側道へ入る必要がある。橋を渡ると丁字路になっているので左折する。

oosawayama2.jpg
橋を渡り、左折して300m進むとシャッターが付いた小屋がある。これが点の記に書いてある消防機材置き場のようだ。
ここを右折する。

oosawayama3.jpg
途中より林道鬼形線となり道幅が狭くなるが路面は舗装されていて前へ進む分には問題ない。ナビを見ながら進み、点の記の自動車到達地点付近へ来たところ、広い待避所が現れた。恐らくここに車を駐めたのだろう。
ここへ来る途中、雪で折れたり曲がったりした竹が道路に飛び出していて進路を塞いでいた箇所がかなりあった。除けないで進めば車のボディが傷だらけになってしまうので折ったり曲げたりして何とか進んできたけど登る前から余計な体力を消耗させられた。
ここから徒歩である。

oosawayama4.jpg
さて登山道の入り口はどこだろう…。車から100mほど進むと右側にそれらしい道のようなものが。道標や看板の類は無いけど、まぁいいや行っちゃえ!

oosawayama5.jpg
点の記には巾0.5mの山道があると書いてあるが、確かにやや広めの山道っぽいのがあった。ところがちゃんと辿って進んでいるつもりなのに突然道が消えてしまうことが度々あった。GPSを見ながら無理矢理進むと、いつの間にか道に戻っていたりする。何だか良く分からない道だ。

oosawayama6.jpg
山頂付近には大きな岩がゴロゴロ転がっている。この山の名前(鬼形山)の由来になった岩のようだ。じゃあ大沢山の名前の由来って何なんだろう?途中に沢は無かったぞ。

oosawayama7.jpg
岩の向こう側へ出たところ、標示杭と標石を発見。

oosawayama.jpg
標石です。ICタグ付き。標示杭は木製です。
三角点周辺は綺麗に整地されてました。昨年改測した際のものでしょう。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25640666301 (旧TR25640665301)
緯度:37°53′10″.4188
経度:140°47′43″.1643
標高:262.52 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/389-96c27ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック