標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/04/28(土)
福島県会津美里町のJR只見線根岸駅の南東約1.3km付近にある二等三角点。

次の目的地の近くにも三角点がある。見つけやすそうな所で、しかも二等だ。
閲覧サービスによると、この“境野”の現況状態は「露出」だそうだ。久々に長い標石が拝めそうである。
しかし点の記を見ると昭和26年頃に調製された古い物だ。理由は分からないが二等でこんな古い点の記というのも珍しい。福島では普通のことなのだろうか?…いや、でもさっきのは図根点なのに最近調製されてたしなぁ。
露出した標石と古い点の記。何か嫌な予感がするが、まずは行ってみることにしよう。

sakaeno1.jpg
R49から福島県道22に入り、会津坂下の中心部を抜けた後、高田方面へ南下し、6kmほど走ると画像の交差点に到達する。
ここを右折するとJR根岸駅の先に普門山弘安寺(中田観音)がある。同乗者を中田観音で降ろし、軽く参拝した後、私だけここを直進する。
さっきの立木観音と中田観音の名前を聞いてピンと来た方もいるかもしれない。今回の本来の目的は「会津六詣で」である。詳しくはリンク先を見ていただきたい。

sakaeno2.jpg
福島県道22をさらに南下する。先ほどの交差点から500m位進むと長い直線の道になる。
三角点はこの道の左側、田んぼの中にあるはずなのだが…

sakaeno3.jpg
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
何という見つけやすさ!!車で走行しながらでも余裕で発見できる超低難易度三角点!しかも二等!こりゃ美味しすぎるわ!!

sakaeno4.jpg
畦道のど真ん中を占拠する三角点。確かに露出しまくっている。農家の方はさぞかし迷惑だろう。
保護石が4つ設置され上面舗装も施されているが標石が露出しているため本来の高さよりもかなり下にある。元々正規の位置にあったのが長い年月が経つうちに周りの地面と一緒に下がってしまったのだろうか?

sakaeno.jpg
正面から撮影。標示杭は木製です。まだ田植え前なので余裕で撮れましたが、もうちょっと遅く来てたら水を入れられて、このアングルでは撮れませんでした。ギリギリセーフって感じです。

この後、同乗者を中田観音へ迎えに行きましたが、その後、伊佐須美神社へ向かったため、結局またここの前を通ることになりました。神社へ行く途中に寄れば良かった。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25639169701 (旧TR25639168701)
緯度:37°29′33″.2727
経度:139°50′16″.8283
標高:199.60 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/396-fa89b9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック