標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/05/13(日)
石巻市の市立荻浜中学校の西800m付近にある四等三角点。

次は牡鹿半島へ向かう。いつものように渡波より県道2に入り、万石浦の南を抜けて半島西側の海岸線沿いに進む。

nishiyama1.jpg
月浦付近に来たとき、伊達政宗の命でこの地よりローマへ向けて出航した支倉常長の像がある広場に寄ることになった。画像の所を右折する。

nishiyama2.jpg
像がある広場周辺は仮設住宅の団地と化していた。ただでさえ高台の平地が少ない地域である。観光地だろうが使えるところは使おうということだろう。行政の苦労が垣間見られる。
像がある広場の反対側には階段があり、上には展望台があるはずだ。行ってみるか。

nishiyama3.jpg
階段を登っていくと見慣れた物が視界に飛び込んできた。

あれ!?

元々この三角点は探索の予定が無かった。というかここに三角点があるなんて知らなかった。当然、この時点では点名すら分からなかった。

nishiyama.jpg
標石です。上面舗装されたうえに大きめな保護石が設置されていて四等にしては立派に見えます。

家に帰ってから調べてみたら、これは“西山”という点名で昨年(平成23年)の夏にここへ移転してきたらしい。現時点では地形図に反映されていないため分からなかったのだ。
以前の点の記が無いので正確なことは分からないが、恐らくここから北北東へ約700mの山の上にあったのを持ってきたのではないかと思われる。近くの“崎山”も荻浜中の屋上へ移転したように、震災後、この付近の三角点は県道から比較的アクセスしやすいところへ移転させたようだ。
今回の震災後に改測する際、測量作業の効率化のため、わざわざ山へ登らなくても良いようにこうしたのだろうか?それとも“志津川”みたいに三角点周辺の状況が悪かったのかな?

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45741436401
緯度:38°22′54″.1194
経度:141°25′49″.0257
標高:52.81 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/405-26f310ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック