標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/05/13(日)
石巻市の十八成浜(くぐなりはま)にあるはずの三等三角点。

次は県道沿いにあるらしい“九具成山”へ向かう。
ここも先ほどの“西山”と同様に震災後移転された点である。経緯度から位置を求めると元々山の上にあったものを南東に約400m移動し、海沿いにあることになっている。浜にあるのに「山」って…。
牡鹿半島は約1m地盤沈下したと言われているが、この様なところに移転して水没したりしないのだろうか?
まずは行ってみよう。

kugunariyama1.jpg
鮎川から直線距離で手前2km位に来ると十八成浜に到達する。少し先に“光山”へ行ったときに左折した交差点が見える。
GPSを見ると三角点は画像の赤矢印の下付近、ガードレールの先の下にあるみたいだ。

kugunariyama2.jpg
この先だよな?降りれるかな?

kugunariyama3.jpg
ガードレールの先は小さな港のようになっていた。目を皿のようにして標石または金属標を探すが、それらしい物は見当たらない。

kugunariyama4.jpg
消波用に積まれたと思われる石を使って下に降りてみる。再度辺りを探してみるも、やはり無い。
となると、この画像の石の下…?もうここしかないよなぁ。なんか積んだ石が崩れたようにも見えるし。これを除けられればいいんだけど、さすがに素手では無理。大きめのバールでもあれば何とかずらせそうだけど海へドボーンてのも、ちょっとなぁ…。そのうちリベンジ…かな?今度来るときまで無くなっていてほしいなぁ。

ところで、この点名の“九具成山”ってのは当て字だと思います。十八成浜の名前の由来を調べると、この浜の砂がいわゆる鳴き砂で、歩くと「キュッキュッて音がなる」→「九九って鳴る」→(足して)「十八成る」という冗談のような話があります(どちらかというと八十一じゃないのかな)。なので「十八成」がオリジナルみたい。
獅段”やあの最凶ネーミングの“しどがもりのように、ここも地名を聞いた選点者が適当に字を当てたような気がするけど、どうなんでしょう?

2013/7/7 こっちへ来たついでに確認してみましたが、状況に変化はありませんでした。(2013/7/10追記)

2014/6/28 閲覧サービスの画像を見てみたら、あるじゃないですか…詳細はリベンジ編で!(2014/6/28追記)

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR35741337801
緯度:38°18′31″.4122
経度:141°29′21″.9559
標高:1.42 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/406-2a3f94f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック