標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/07/15(日)
南三陸町の町立名足小学校の南1.4km付近にある二等三角点。

前回、山沿い(宮城県西部)のほうへ行って二等探索もシーズンオフかと思ったが、旧歌津町にある“泊浜”ならまだ行けそうな気がする。何と言っても点名に「浜」が付くほど海が近い。つまり山を登らなくていい。しかも点の記を見ると小径があり150mほどで着いてしまうという。これは楽勝ではないか。

一番の問題は本日の天気である。予報では曇りのち雨だ。曇りのうちに見つけてしまいたいところなのだが。

tomarihama1.jpg
R45を旧歌津方面へ向かう。歌津大橋が津波で落橋して復旧の目処が立ってないことから、旧歌津町中心部を通る町道を迂回する。R45へ戻った所から200mほど進んだ画像の所を右折。本来であれば、ここを曲がったところに魚竜館があったはずなのだが津波の被害を受け建物が取り壊されていた。一度見に行ってみたかったのに残念である。
少しではあるが雨がポツポツ降り始めている。早いとこ見つけてしまおう。

tomarihama2.jpg
右折した道は県道225(泊崎半島線)である。それなりに交通量があるはずなのだが、未だまともな復旧はされていない。大変危険な道だった。

tomarihama3.jpg
「険道」225を海沿いに3.5kmほど進み、画像の所を左折。左手前へ戻るような道だが県道もそちらへ続いているようだ。

tomarihama4.jpg
さらに600mくらい進み、ここを右折。

tomarihama5.jpg
点の記の地図を見ながら三角点へ続く小径の入口を探す。が、書き記された所に道らしい物が見当たらない。さっきまでポツポツだった雨がパラパラになってきた。ヤバイ、早くしなきゃ。
傘をさし、細い舗装道を歩いて行ったり来たりして本当の入口を探す。どうやら画像の所を左折した道が三角点へ続いている小径のようだ。行ってみるか。

tomarihama6.jpg
GPSを見ながら小径を進む。順調に三角点へ近づいているのでどうやら「当たり」のようだ。

tomarihama7.jpg
開けたところに出た。これが点の記に書いてある荒れ地だろう。略図にはこの荒れ地にも小径があるような描かれ方をしているが雑草に埋もれてどこに道があるのか分からない。割と最近出来た踏み跡のようなものがあるので、そこを進んでみる。

tomarihama8.jpg
GPSを見ると三角点のすぐ近くまで来ているのだが、雑草に埋もれているのか標示杭が見当たらない。
足下を見ると水草が浮かんでいる水たまりのようなのがあった。これが略図に描いてある「ため池」ではないだろうか?だとすると三角点はここから5mくらい西のほうにあるはずだ。
それにしても気づいて良かったよ、危うく落ちるとこだった…。

tomarihama9.jpg
えっと西の方…あるじゃん…。

tomarihama.jpg
標石です。ICタグ付き。標示杭は木製。
昨年改測が行われた点なので、標石の文字がマジックで強調されています。

雨は相変わらず降ったままで止む気配が無い。一応傘はさしてるけど既にずぶ濡れの状態である。我ながらアホだなぁ…。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25841045401
緯度:38°42′37″.9521
経度:141°33′41″.4197
標高:42.18 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/417-0f2f052b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック