標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/07/16(月)
栗原市栗駒の新湯温泉(くりこま荘)の北西200m付近にある三等三角点。

今日は栗駒山のいわかがみ平方面へドライブの予定である。もちろん登山はしない。
当然、行く先々で三角点探索もさせていただくつもりだ。

まずは“姥菅”(うばすげ)へ向かう。この点は2012年7月現在、地形図に三角点マークが付いていない。恐らく岩手・宮城内陸地震または東日本大震災の影響で成果異常になっていたため一時的に消していたのを再度戻すのに時間がかかっているためだと思われる。

ubasuge1.jpg
東北道若柳金成ICより県道4→R457を経由し県道42に入る。岩手・宮城内陸地震の影響で通行止めだった道が復旧し通れるようになっていた。ちょっと感動。
R457から分岐後、約13km走ると駒の湯温泉への入口がある。画像の交差点を右折する。

ubasuge2.jpg
右折後300mほど進むと駒の湯温泉の看板がある。ここを左折すれば良いようだが、荒れているので車では無理のようだ。同乗者たちを車に残し徒歩で進むことにする。
ちなみに画像の右側には新湯温泉のくりこま荘がある。ランドマークとしては駒の湯の方が有名だと思うのだが、あえて新湯にしたのは、先述の地震による土石流で駒の湯が甚大な被害を受けてしまったからである。

ubasuge3.jpg
廃道と化した道を進むと、すぐに行き止まりとなった。いや良く見ると人が進めるだけの小径にはなっているようである。行ってみよう。

ubasuge4.jpg
そのまま進むとすぐ畑に出た。この様なところに畑があるとは意外である。

ubasuge5.jpg
GPSを見ながら進むと、先ほど行き止まりになった道の続きと思われる道が現れるので道なりに進む。
どうやら三角点は画像右側の林の中にあるようだ。

ubasuge6.jpg
どこかに入口はないかと探したところ、それっぽいのを発見。入ってみよう。

ubasuge7.jpg
中に入ってすぐ、右側に標石と標示杭を発見。

ubasuge.jpg
標石です。下部が少し露出しています。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR35840362601 (旧TR35840361701)
緯度:38°56′08″.4258
経度:140°50′11″.9029
標高:650.49 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/418-3e23eddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック