標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/10/14(日)
多賀城市の宮城県多賀城高等学校の北150m付近にある四等三角点。

最近、気仙沼のほうに三度連続で行っているが、自宅から遠いため、それまでは一度も三角点を探索したことの無い地域だった。当ブログの「市町村別インデックスページ」を見ると、まだ行ったことの無い市町村にはリンクが貼られていない。この記事を書いている時点では「塩竈市」「多賀城市」「大河原町」が“未踏の地”ということになっている。ついこの間までは気仙沼市もその一つだった。
そこでふと思いついた。ならばこの“未踏の地”の穴埋めをしようと。簡単な所を適当にチョイスしてサッと行って見つけて、県内全市町村探索達成!おめでとう俺!!ってのもネタ的には良いよな。…と思った。

で、調べてみると、ある事が分かった。多賀城市には三角点が1ヵ所しかない。しかもその場所は民家の庭である。
おい、多賀城唯一にして最凶の三角点じゃねーか!!
どうしよう。でもここに行かなきゃ「おめでとう俺」が出来ないんだよね?

いろいろと作戦を考えてみた。点の記を見ると三角点がある家の南側は「天の山配水所」という水道施設である。何とかしてこの施設に入り込み、塀越しに撮影したらどうだろう?…と思ったが、一般的にこの手の施設は立入禁止のはずだ。しかも規模が大きいことから重要施設っぽいので、中に入ったことをブログに書いたら後々問題になる可能性がある。
ならば西側から攻めるのはどうか?GoogleYahooの地図サイトで航空写真を見ると、西側は木が生い茂ったちょっとした藪になっているような感じだ。但し周辺の地形やストリートビューを見ると法面になっているようである。こんな所をよじ登ってたら通報されかねない。

長い前置きになってしまったが、結局住人に撮影許可を求める「正攻法」で行くことに決めた。普通なら当然のことなのであるが、面倒なのと過去に嫌なことがあったため、あまりこういう事はしたくないのだ。今回の場合、住人の方は三角点の存在と意味について理解しているだろうという期待もある。まずは行ってみるぞ。

kasagami1.jpg
割と最近(でもないか)トンネルの開通により下馬と繋がった県道58の新道に貞山堀側から入り、画像の交差点を右折する。[現在地

kasagami2.jpg
で、すぐ左折。こっちが県道58の旧道かな?

kasagami3.jpg
200mぐらい進むと中華料理屋がある。昨日ストリートビューで見たまんまじゃん。
ここを左折する。

kasagami4.jpg
道路の突き当たりは、天の山配水所のゲートになっている。
あぁ、来ちゃったよ。ここから右へ入っていった奥の家だよな。呼び鈴を押すと住人の方が出てきてくれたので、事情を話す。さすがに三角点の存在についてはご存じのようだ。
昨年、突然のように測量の方が入れ替わり立ち替わりやってきたので「測量学校の実習にでも使っているのか?役所に記録が残ってるはずだろ」とご不満の様子。震災による地殻変動のため、今までのデータが使い物にならなくなったので再度測量し直していたんですよ。と、関係者でも無い私が説明したところ納得してくれたようだ。つうか測量時にちゃんと説明してやれよ測量会社の人。
…いろいろ話して、何とか許可を頂けたので撮影させてもらいますよ。ご迷惑をおかけします。

kasagami5.jpg
本当に庭に三角点(というか標示杭)があった。三角点大好き野郎にとって、ある意味羨ましく思える光景である。

kasagami.jpg
標石です。うちにも1つ欲しいな(笑)

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45741306201
緯度:38°18′15″.2439
経度:141°01′33″.5427
標高:36.95 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/450-648b9f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック