標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/12/16(日)
栗原市の栗駒ダムの南南西2km付近、大峰森山頂にある二等三角点。

気が付くとすっかり冬になってしまっていた。山沿いの三角点は来春までお預けかな。
でも幸いなことに日本海側に比べて、こっちのほうはまだそれほど雪が降っていないはずだ。場所によってはまだ行けるかもしれない。そこで夏に行こうとして資料を準備していた三角点にダメ元で行ってみようかと思った。
どうせ行くなら、やはり二等だろう。手元にある資料は加美町と大崎市、そして栗原市の二等のものだ。他にも行っていない二等はいろいろあるのだが、新たに資料をまとめるのが面倒なので今回はこのうちのどれかにしよう。

まず、特に理由は無いがとりあえず大崎の方へ向かってみた。
R47を新庄方面へ進み、川渡温泉近くにある“横山”へ行こうとしたが、大した積雪量じゃないにしても歩く距離が微妙に長かったので今回はパス。その後、特に意味も無く北へ向かってみる。

oominemori1.jpg
川渡より県道253→R457と進み、鶯沢の細倉マインパーク前から県道180を北へ進む。マインパークから3kmほど進んだ、画像の交差点を荒砥沢ダム方面へ左折する。[現在地
途中の“大堂森”や“烏兎ヶ森”をスルーしたのは、単に手元に資料が無かったからである。(仮にあったとしても、この状況ではスルーするかもしれないけど)

oominemori2.jpg
さらに5.6kmほど進み、画像の所で右折する[現在地]。外は雪が降ったり止んだりと不安定な天気だったせいか、偶然に虹が撮れていたようだ。

oominemori3.jpg
ここで耕英方面へ左折する[現在地]。馬のマスコットキャラが描いてある標識がなかなかユニークだ。

oominemori4.jpg
馬の標識から1.4km進み、画像の所を右折[現在地]。ここから先は冬期閉鎖になっているようだ。閉鎖されているのが、もっと手前の所でなくて良かった。

oominemori5.jpg
現地に到着。斜面が南向きのせいか、意外と雪が少なく好都合だ。地形図を見ると道路から山頂の方へ細い道(作業道)が続いているのだが、現状では道路とは切り離されて一段高い所から道が始まっていた。しかも荒れていて歩きにくそうだ。少し手前の車庫っぽい小屋付近からだと見通しも良く登りやすそうなので、ここから登って行くことにしよう。

oominemori6.jpg
作業道に入った。画像を見るとそれほどでもないが、道上に横たわる木の枝とかが邪魔して大変歩きづらい。

oominemori7.jpg
点の記の記述通り、作業道を少し登った後、尾根を登る。当然道など無く、笹だらけである。

oominemori8.jpg
山頂付近に来た。GPSを頼りに三角点がある方角へ向かう。笹に埋もれた標示杭を発見。

oominemori.jpg
標石です。
山頂で周りに遮る物がほとんど無いため、冷たい風がビュービュー吹き付けてくる。うぅ~クッソ寒い!とっとと帰ろう!!

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25840276201 (旧TR25840276301)
緯度:38°53′26″.2590
経度:140°54′34″.9569
標高:397.73 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/462-935fc3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック