標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2012/12/23(日)
仙台市若林区の市立沖野東小学校の南西700m付近、飯田八幡神社境内にある二等水準点。

では、次の水準点へ行こう。
七北田川の堤防沿いに東へ進み、高砂橋の所から県道10を南下する。

023-066-005_1.jpg
高砂橋から7.5kmほど進み、画像の所を右折して県道54に入る。[現在地

023-066-005_2.jpg
道なりに5.5km進み、画像の所で左折。[現在地
もっと手前(セブンイレブンがある交差点)で左折しても良かったのだが、ここで曲がった方が分かりやすそうだ。

023-066-005_3.jpg
左折後すぐに斜め左方向へ進む。古い住宅地なので道が結構複雑だ。

023-066-005_4.jpg
道なりに500mくらい進むと神社の入口がある。

023-066-005_5.jpg
社務所の先に倒壊防止のためか補強された鳥居があり、その奥に神社の境内があった。さて、水準点は既に視野に入っているはずなのだが、どこだろうか?

023-066-005_6.jpg
点の記の記述によると水準点は鳥居をくぐり、すぐ左にあるポンプ倉庫の前にあるようだ。埋設法が地下となっていて鉄板蓋を使っているとのことだが、そのようなフタは見当たらない。
良く見ると、それっぽい位置の地面が不自然にくぼんでいる。…まさか?

023-066-005_7.jpg
くぼんでいる所の砂利混じりの土を足で軽く掘ってみるが、フタなど出てこない。
そこで車から小型のシャベルを持ってきて掘ってみたら、鉄板のような物が出てきた。点の記の通りだな。

023-066-005_8.jpg
さらに掘り広げていくと結構大きめな鉄板が出てきた。こんなに掘っちゃっていいのかな…。

023-066-005_9.jpg
鉄板のフタを開けてみると、泥にまみれた金属標が出てきた。どうやってキレイにすればいいんだよ…。

023-066-005.jpg
金属標です。
ティッシュで拭いてみたけどいまいちだな。こんな時のためにウェットティッシュでも用意しておくかな…。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:L0223-066-005
緯度:38°13′06″.8640
経度:140°54′55″.6750
標高:6.104 m

※水準点のため経緯度が不正確だと思われます。
 ハンディGPSでの値は以下の通りです。
緯度:38°13′07″.3
経度:140°54′56″.4
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/465-ee986824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック